泣くほど痛いSMプレイランキング

M調教プレイ

SM調教の中でも特にハードSMに分類されるSMプレイは、泣くほど痛い種類のものがあるものです。
たとえばピアッシングプレイなどは、舌や乳首、性器などの敏感な部分に異物を取り付けるものなので痛みは相当なものです。

ゆえにこれを施したあとでは大きな自信や誇りが身に付いたり、同時にハードSMだけでしか楽しめない強烈な快楽を身体で学ぶことができるのです。
そこで今回は誰もが恐れ、同時に敬いの念を持つ、泣くほど痛い高度なSMプレイについてランキングでご紹介していこうと思います。

実は痛いし怖い吊り緊縛調教

緊縛プレイの中でも特に危険なものといえばやはり吊り緊縛と呼ばれるような、人体を丸ごと天井などから吊ってしまう緊縛です。
このてのプレイ、調教はかなり長い期間さまざまな相手に緊縛調教を施してきた経験と、健康に関する知識、そして細心の安全確認についての知識を持った人でないと絶対に実践してはいけないものです。

そのためこれを人生で一度経験できる人自体が少ないのですが、実際これを受けてみた人いわく、やはりその恐怖と痛みはすさまじいものなのだそうです。
通常緊縛は人の神経や筋肉を強く痛めたりしないようにして行うものなので、吊り緊縛も怖さはあっても痛みは感じない場合が多いものです。

しかし初めて受ける吊り緊縛で緊張がMAXになっていると、通常は少し痛いと感じる程度の痛みも数倍に感じたり、軽いパニック状態に陥って痛みが強く感じられることがあるようです。
このように吊り緊縛と言うのは極めて危険かつ恐怖度もMAXなものなので、くれぐれも実践はしないようにしてください。

そしてただ人間を吊っているだけの緊縛は、その見た目と裏腹に実は選ばれしものしか楽しめない貴重な緊縛体験なのだということを知っておきましょう。

実は痛みがマシな性器ピアス

性器にピアスを取り付けるなんて想像するだけで恐怖で震え上がる、という人はとても多いことでしょう。
その反応はまったくもって自然な反応で、実際に性器ピアスはかなり強烈な痛みを感じるため、ほとんどの人はその痛みを恐れて実際には行いません。

しかし恐ろしいことにそれを実践した経験者は意外と国内にも多く居るもので、実践者いわく、やはりその性器ピアッシングを経験することで得た自信は大きなものであるそうです。
どこでどのような事態に陥って大きな痛みを感じようとも、あの時の性器ピアッシングに比べれば大したことがないなどと考えられるようになるそうですからなんとも奇妙な話です。

そして実際性器ピアスはそれを入れることの敷居の高さから多くの人に尊敬されており、その実践価値はさまざまな面で不動の地位を獲得していると言えるでしょう。

実は一番痛いとされる舌ピアス

意外と思われるかもしれませんが、私の調べによるとこの世で最も痛いSMプレイは実は舌ピアッシングとよばれるものです。
これは単に舌の先などにピアスを取り付けるだけのものですが、これが素人が想像している以上にかなり痛いとされています。

それも乳首や性器に針を通してピアスを取り付けることよりも数倍痛いもので、なにもしらずに施術を受けた人はトラウマになってしまう場合があるそうです。
それもそのはずで人間の舌は世紀以上に長年、生まれてからずっと敏感なものとして機能しているものであり、これを普段から使うことで食事を日々楽しんでいるわけです。

ですからそんな使用率が高くて常に敏感で当たり前の場所に穴を空けるわけですから、それはもう痛くて痛くて当たり前というわけです。
以上のようなSMプレイの痛みランキングを知ると多くの人にとっては衝撃的な気持ちになるのではないかと思います。

見た目やイメージに反して実は舌を使ったSM調教が強烈な痛みを感じるものなのだということは、トリビアの一つとして覚えておくと良いかもしれません。
そしてくれぐれもマゾ男の男性は、生半可な気持ちで女王様に舌ピアスの装着をお願いしないように気を付けましょう。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました