そもそもSMってなんだろう?どんなことをするの?一から知るSMの魅力

M調教プレイ

SMと一口に言っても実際にSMってなんだろう?

頭ではSの人がMの人を調教するっていうのはわかっているんだけど、いまいちピンとこない!という方。

ここではSMパートナーを作るということを主体に、一から知るSMの魅力をお届けしようと思います。

SMという意味

純粋にSMという言葉はどんな意味なんだろうか。

Sとはサディズム。Mとはマゾヒズム。ここら辺は皆さんご存知ですね。

サディズムは加虐性愛(かぎゃくせいあい)。相手をいたぶったり、肉体的、精神的に苦痛を与えしいたげる人のこと。

マゾヒズムは被虐性愛(ひぎゃくせいあい)。肉体的、精神的に苦痛を与えられたり、羞恥心や屈辱なことをされて性的快楽を感じる人のこと。

これだけを聞くとなんだか残忍な感じがするし、やっぱり変態的な思考だな~と感じますね。しかしここで求めるSMは性的表現の一部であり、プレイであり、過激ではありますが一方的に苦痛を与え、マゾに暴力を振るい楽しむというものではありません。

ここだけは絶対にはき違えないようにしましょう。

SMと暴力は全くの別物

Mの人は苦痛を与えられて興奮するんだ。じゃあ好きなようにやりたいようにめちゃくちゃにしてやろう!なんてことはしてはいけません。

M男であってもM女であっても自分の意志に反して肉体的・精神的に暴力を振るわれたいわけではないし、誰でもいいわけでもありません。また自分の意志であっても何をされてもOKだという人はそうそうにいません。NGラインはひとそれぞれあり、それを越えて無理強いさせるのはただの暴力であり、場合によっては罪に問われることもあります。

SMの危険性は紙一重ですがSMプレイと暴力は全くの別物です。

知識のない人が高度なプレイをしてはいけない理由

自分は出来る、大丈夫と勘違いしやすいのはAVや動画を見てそれを実際のものと捉えてしまうこと。簡単に見えるから見よう見真似でやってしまい失敗してしまうことです。

世に放たれている物は作品でありプロのお仕事です。映像・書籍・風俗・SMに関するイベント、見せ物などプロが行っていて安全確認をしっかりしています。万全の安全対策をしていても事故が起きるときは起きる。

それを自分も同じように出来ると疑似的に感じ取った人は調教相手に同じようなことをする。もちろん全部失敗したり事故に繋がるものではないですが、危険です。

緊縛や鞭使いはもちろん、アナル拡張や前立腺開発、尿道責め、針責めなどのハードなものや体内を使うプレイ。やり慣れていない人がいきなり高度なプレイはできません。アナル拡張も無理をすれば大量出血をしたり、尿道や前立腺では体内を傷付けてしまうこともあります。

世の中には情報が溢れていて少し調べただけで大丈夫な気になったり、映像を見て簡単そうに見えてすぐ実践してしまったりと、しっかり理解しないままプレイが早くやりたくて我慢できず実行してしまう人の多さ。

SMの風俗店でもちゃんと講習を受けたり、ベテラン女王様も練習してできるようになっていきます。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました