M男の開発の仕方教えます!

M調教プレイ

S女性や女王様には何があろうとも絶対服従してしまう、カワイイ存在―それがM男(M男性)です。
しかし悲しいかな、世の中にはM男性としての自覚を持たずに、ノーマルなセックスやオナニーだけを嗜み一生を終える男性たちも居るのです。
せっかくM男性としての適性を持っているにもかかわらず…です。
または、Mだと気付いても、何をしたらいいのか分からなかったり、中途半端な自己流の開発を試みて上手く行かずに「やっぱりいいや」と投げ出してしまって、結局元の木阿弥に戻ってしまったり。
そんな切ない事態に陥ることもしばしばあるのですよね。

もしも、彼らが「自分はM男性かもしれない」と気付き、”適切な行動”を起こせていたならば。
萎んだチンポを前に「何か違うな…」と賢者タイムに陥らなくても済んだでしょうし、冴えない顔で日々を過ごすことも無かったかもしれません。

では、その”適切な行動”とは何なのでしょうか?
それはズバリ、S女性の調教により適切な責めを行って貰い、M男性としての感覚を伸ばしていく(肉体的にも、精神的にも)という事なのです。
言うまでもなく男性自身だけでも、やり方さえ間違わなければある程度までは伸ばせます(正直、体質や運要素も絡んできますが)。
しかしながら、あくまでも「ある程度」までなのです。
一定ライン以上M性を伸ばすのであれば、他者からの調教は必要不可欠であると断言しても良いです。
折角Mに目覚めるのであれば中途半端なところで終わるのではなく、とことんM性を伸ばして、快楽にまみれたいですよね?

じゃあ実際のところ、どういう部分をどんな風に責めたら、男性に「自分はM男なんだ」と自覚させ、M性を開花させることが出来るのか?
そしてどんなプレイをして、M男性を調教してM性を育てていけば良いのか?
一つずつ見て行きましょう。

▼ PR ▼
女王様と僕

①乳首

まずは、ノーマル男性が感じない、もしくは非常に感じにくいであろう場所のひとつである乳首についてです。
「男性が乳首で感じるなんて…」と半信半疑かもしれませんが、徹底的に開発すれば、女性と同じように乳首だけでイッてしまえるんです。
何と、ドライオーガズムとか、メスイキと呼ばれる、射精なしでイッてしまえるレベルにまで達することも。(これはアナル開発も同じですが)
それに、案外乳首開発に興味津々な男性って多くて、中には「チャンスさえあれば乳首を開発したいなぁ」と考えている男性も案外いるんですよ。
皆普段、そんなことには興味ない~みたいな顔して過ごしてますけど、何故乳首開発のアダルトグッズが廃れず売れ続けているのかで察して頂ければと。笑

その問題の乳首ですが、どうやって開発して行ったらよいのか。
まずは、大前提として知っておいてほしいこととして「乳首の神経は少ない」のです。
そのため、乳首の細胞組織の破壊と、再生を繰り返す必要があるんです。
S女性の監視の下、毎日、出来れば最低20分は乳首開発の時間に充てさせます。
爪先で摘まんでみたり、ブラシで軽く先端をこすってみたり…
軽く乳首を弾く等。
そして普段の生活ではスポールバンを貼らせ、日常的に乳首に刺激を与え続けるようにします。
スポールバンを替える周期ですが、大体2,3日に一回程度で良いでしょう。そして、合間に休息日を1日程設けると良いです。
そうしておくことによって感度を上げることが出来ます。
休息日を挟んだ後に乳首にスポールバンを貼ると、最初に貼った時よりも感度が上がっていることに男性は気付くはずです。
ちょっとピリッ、とした甘痒い感覚が走り抜けるはず。
そうなればしめたもの、上手く開発出来ていることの証明です。
この感覚をモチベに、継続して乳首開発を行って行きましょう。

そんな生活を続け、乳首がある程度ぷっくりして来たら(ここまでで大体一か月ほど)、吸引器を使って、毎日コンスタントに乳首を吸い上げて行きます。
様々な種類がありますが、先端に毛のついている手動のポンプ式のもの(空気を抜くことで、乳首を凄い勢いで吸引する)や、ダイヤル式のニップルポンプ等、どれも開発途中の乳首を情け容赦なくグググッ、と引っ張ってくれるものばかり。

他にも、日常生活で目にするクリップ、ヘアピン、化粧筆等を使ってみて、乳首で遊んでみると良いでしょう。
どれも100均で揃います。
言うまでもない事ですが、M男性諸氏は、使う度に写真や動画でS女性に報告をすることをお忘れなく。
開発全般に言える事ですが、ちょっと弄ったら即感じるようになった~!なんてことはまずないと思って貰って良いでしょう。
あるとしたら、余程適性があった場合のみです。
乳首の場合、乳首でメス声を上げれるようになるまでは、大体早くても三か月程はかかると言われています。
そんなにかかるの?と思うかもしれませんが、筋肉が長期間の筋トレなくして簡単に手に入るわけがないのと同じように、性感帯の開発だってそこそこのスパンを見てしっかりと開発していく必要があるんです。
その代わりに得られるものは、一生快楽を得られる性感帯。
そう考えると、ローコストハイリターンだとは思いませんか?

とはいえ長い道のりになる可能性はあります。ので、モチベーションを維持する為にもS女性に叱咤激励して頂く事は必要不可欠なのです。
また、「そのやり方より、こういうやり方のが良いわよ」とコーチングして貰えるのもS女性の存在があってこそ。
また、要所要所で、「ずいぶんやらしい乳首になったじゃない…本当は女の子なんじゃないの?」とか、「こんなやらしい乳首になっちゃって、今にも「いじめてください!」って言いたそうな乳首してる。」「会社の人たちが、あなたがこんな乳首になってるなんて知ったらどんな目で見られると思う?」
なんて罵っておくのも、男性のM性を引き伸ばすとても良いやり方になります。
やがて、罵られることが楽しみで楽しみでしょうがなくなってくるんですよね。

吸引器でも感じるようになったら、次はS女性に直に乳首で遊んでもらいましょう。
どこまで伸びるかな~?と、ぐい~っと乳首を引っ張って貰うも良し、乳首に重りをつけるも良し、上級者なら針で先端をツンツンッ、と突っついてみるも良し。
乳首の先に氷を当てながら、チンポを責めてもらうもよし。
「気持ち良いの?乳首でこんなにビンビンになっちゃうなんて。今までのオナニーとこうして虐めてもらうの、どっちの方が良い?ほら、答えてみなさい?」なんて、答える余裕もない位激しい責めを繰り出してみたりして。
そうこうしていく内に男性は、乳首弄りなしでは生きていけない立派なM男性に育っていくというわけです。

②アナル、前立腺

アナルの開発こそ、乳首以上に気を遣わなければいけなかったりします。
自己流で開発を行って切れ痔になる男性のなんと多い事…。
ですので、最初からS女性にレクチャーして貰いながら行うことを強く推奨します。
とはいえ男性側が完全に未経験ならば、最低限男性自身で馴らしておく必要があります。

馴らすやり方ですが、まずは開発の前段階としてお風呂場やトイレで浣腸をする必要があります。
浣腸にも様々なやり方があるんです。シャワー用いて行う、浣腸液(薬局で売ってます)を使用するもの等。
この辺りはお好みですが、初心者の内は浣腸液を使うことをオススメします。説明書も付いてますしね。
人によっては体質的に合わない浣腸液もあるため、浣腸液選びにはご注意下さい。
また、浣腸の前にアナルマッサージを行っておくとよりベターです。
ベビーオイルやローションでアナル周辺をよーくもみほぐして、人肌にしてから浣腸を行います。
浣腸を終えたら、その後は指サックをはめて、ローションを十分アナルに塗り込んだ上で、人差し指を一本ゆっくりと挿入して行きましょう。
この時痛みが走るようであれば、無理をせず挿入出来る範囲迄に留めておきましょう。
間違っても、無理矢理挿入を続けようとしないようにして下さいね。
毎日行い、慣れてきたら指を増やします。
一本でもスムーズに入るようになれば上出来ですが、二本入るようになれば尚良いです。

そして、挿入することに慣れてきたら次は、挿入した指で前立腺を探して行きましょう。
あまり奥の方ではなく、手前のお腹側を意識して、指の腹で優しく圧をかけながら撫でて行けば良いです。
探していくうちに、何か他とは感じの違う箇所が見つかると思うのですがそこが前立腺です。
ゆっくり圧をかけたりして、刺激を与え続けましょう。

この後は、S女性(女王様)に直接協力して貰いながら開発をして行くと開発スピードが段違いになります。
自分で指を入れるのと、S女性に指を入れて貰うのとではやはり感覚が全然違いますし、経験豊富なS女性程焦らすのが上手かったりするので、未知の快感を味わうことが出来るでしょう。
開発具合によっては、アナルパールやバイブを使ってくれたりします。
中にはペニバンを持参するS女性も…。
M男性の様子を見ながら責めてくれるので、もうやみつきになってしまいます。
そうしてアナルの気持ち良さを沢山知って、もうアナルの気持ち良さを知らなかった頃には戻れない程アナルの事しか考えられなくなっていくM男性が多数いるんですよ。
女性でいうところの、オマンコでのセックスの気持ち良さを知ってしまった、と同義ですから仕方のないことではありますね。

そして、更に極めるとアナルだけでメスイキが出来るようになります。射精をせずに、延々と気持ち良さの波だけが断続的に押し寄せるのです。
これを知ってしまうと、もうチンポなんていらない、アナルだけあればいい!と、アナニーやアナル調教にドハマリしてしまうんですよね。
アナル恐ろしや、です(笑)

③首筋、脇腹

お次は首筋と脇腹です。
どちらも、最初に紹介したアナルや乳首に比べるとインパクトがあまりないかもしれないのですが、どうか侮る事なかれ。
これらも、極めれば立派な性感帯となるのです。
責め方としては、男性はS女性にじっくり他の部位を責めて貰い、男性が興奮しきったところで、女性側に男性の首筋やわき腹をネットリと舐め上げてもらいます。
首筋を舐め上げる時は、耳の中までグチュグチュと音を立てるようにして舐めて貰うとより良いですね。

また、S女性にチンポを刺激して貰いながら、あるいは男性自身がシコシコとチンポを刺激したり、乳首をこねくりまわしたり、アナルに指やおもちゃをジュポジュポと出し入れしている最中に、首筋や脇腹を舐めると、男性がビクンッと体をそらしたりします。
もしくはチンポがビクンッ、と反応したり。
S女性側は、男性のそういう感じているシグナルを見逃すことなく責めの手を緩めたり、逆に強めたりと緩急をつけて、合いの手を入れるように、首筋や脇腹を責めれば良いのです。

そういうプレイを繰り返し、首筋や脇腹が立派な性感帯の一部となったら占めたもの。
今度は、羽ぼうき等を使ってさわさわと刺激を与えていきます。
舐めあげる時の刺激とは違う、何ともいえないフェザータッチ(本当に羽使ってますしね)の感触に、ビクンビクンと魚のように跳ね上がってしまう事間違いなしでしょう。

ここまでは可愛いものなのですが、調教が進み、M男性にもっと刺激を…と考えるS女性も出て来るかもしれませんね。
そういう場合は、首筋や脇腹を撫でてビクンッと男性が跳ね上がるたびに、お仕置きとして、軽くマッチの火を乳首に近づけてみたり、洗濯ばさみを鼻やアナル周辺の皮膚につけてみたり、クリップをまぶたに挟んだりして虐めてみるのも、新鮮さを与える事が出来てオススメです。
また、行うロケーションもホテルや部屋だけでなく、屋外でも良いでしょう。
衆人環視の中、脇腹をさわっ…としてみたり、ふっ、と首筋に息を吹きかけてみたり。
その最中、アナルにローターを入れっぱなしにしておくのも男性側を焦らすことが出来てとても楽しめます。

ちょっとでも「あひぃ!」とか声をあげようものなら、お仕置きとして駅のトイレで強制オナニーさせるのもオススメ。
出来るだけ汚い、便臭のするトイレが良いですよ。
オナニーしてる最中に、S女性が外からスマホでメッセージを送ってあげましょう。
「こんなくっさいトイレで我慢出来ずにシコシコしちゃって、本当に手のほどこしようもないドMだよね。」
「くっさいトイレでくっさいチンポシコシコしてるの、お似合いだよ♪」なんて罵ってあげたりして。
こうして羞恥心をどんどん植え付けていく事によって、M性は強化されて行くんです。

④指先

え、指先?と、頭の中で?マークが大量発生した人も少なくないはず。
想像出来ないですよね、だって指って普段、性感帯を刺激するためのツールとしてしか使ってない方が大半だと思いますし…。
しかしご安心あれ、指先も立派な性感帯として開発出来ますし、何より指先は、男性をMとして開花させるための脇役的ポジションの性感帯なのです。
あくまで主役ではなく、脇役です。
そのせいもあり、他の性感帯がインパクトあるものですから、ついつい隠れてしまいがちな存在ではあるんですけどね…(笑)

それで、何故指先が性感帯になり得るのかというと。
指先には沢山の神経が通っていて、ほんの少しの接触や責めに敏感に反応することが出来るポテンシャルを秘めているからなのです。
開発だって、乳首等に比べると、比べる必要もない程の神経が集まってますから、とても気楽に開発をすることが出来ちゃいます。
時間も手間も、ごくわずかです。

やり方は至ってシンプル、S女性に指を舐めてもらうだけ。
くっさいチンポは舐めたくないわよ(ご褒美以外では)というS女性は居ても、指ならまぁいいわよ、と言うS女性は多いんですよ。
S女性が、男性の指をねっとり、嬲るように音を立ててぴちゃぴちゃと上目遣いで舐めながら、乳首やアナルを責め立ててくる。
勿論、指からは女性の体温や舌の感覚が伝わり…さらに、指をチンポに見立てる事により、チンポを舐められているかのような錯覚に陥り、男性は興奮してしまうのです。
さらに、「こんなに気位の高い女性が、自分の指を舐めてくれている」というシチュエーション自体に興奮してしまって、勃起が止まらなくなる男性も。
そのまま腰をフリフリしようものなら、「ちょっと、舐めにくいから静かにしてよね」とピシャリと言われてしまったり。
まぁ、そこも男性にとっては”強気な事を言われてても、自分の指をなめている”というギャップが余計たまらなくチンポに刺さってくるわけですが笑

さて、これは手の指を前提としてお話でしたが、実は足の指でも同様の効果が得られます。
とはいっても、足の指の場合だと逆に、S女性が男性に足の指を舐めさせるというのがメジャーですね。
わざとブーツ等の脚が蒸れそうな靴をチョイスしておいて、そのまま夜遅くまで過ごし、男性と会うなり「舐めてよ。」と強要する。
まだまだ開発途中の男性なら、抵抗を示すかもしれませんが…S女性の有無を言わさぬ眼差しに根負けして、そっと舌先を出して、舐めようとするでしょう。
そこをS女性は、グイッとM男性の頭を引っ掴んで…そう、食中植物に掛かったハエを仕留める時のような機敏さで、男性の口内に自分の指を奥深く挿入するんです。
指フェラですね。むしろ無理矢理なのでイマラチオでしょうか。

最初の内は涙目で咽そうになる男性も、女性の機嫌を損ねまいと一生懸命、慣れない舌遣いで指フェラすることでしょう。
そんな事を繰り返していく内に、やがてS女性の蒸れた足指の香りがクセになって、自分から「足のお掃除をさせて下さい!」と懇願し始めたりするのです。
そこでS女性が「え~、どうしようかな~w」なんて渋って、「何か面白い事してみてよ、そしたら考えてあげなくもないけど?」なんて命令してみたり。
そこでまた男性のチンポはムクムクと元気になっちゃうわけです。
こんな具合に、足の指は足の指で、精神の根っこからMへと開発出来るのでオススメです。

⑤貞操帯での射精管理

お次は、貞操帯を使っての射精管理です。
S女性の許可が降りるまで、延々とオナニーの禁止が課せられます。
ある種、女性からのこの命令に耐えられるがどうかでM男性としての適性があるかどうかが判断出来るでしょう。
生ぬるいプレイではないので、ノーマルな男性ならば、途中で耐えられなくなってしまう事はまず間違いないですから。

さてやり方ですが、まず用意するのは貞操帯。
その構造はしっかりしていて、男性が自分でチンポをしごけない、でも排尿はきちんと出来るような仕組みになっています。
通気性が良いもの、逆にそうでないものもありますが、慣れない内は通気性の良いものを使った方が良いですね。
蒸れて痒くなるのを快感と思う男性も居ますが、それは大分M適性があるか、開発された後感じる感覚ですので…。
それで、貞操帯を男性のチンポにつけて、ロックをかけたら完成。
あらかじめチン毛を短めにしておくと、スムーズに着用することが出来ます。

この貞操帯の面白いところは、もしチンポが勃起したら締め付ける程の痛みが走るところです。
ですから、男性側は出来るだけ勃起しないよう努めなければなりません。
とは言っても、意地悪なS女性が何もしないわけはなくて、S女性側から煽るようなエロ写が毎日送られてくることもしばしば。
「チンポ立てんじゃないわよ?」という一言付きで。笑
男性は無論勃起しますので、痛い痛い言いながらもS女性からの贈り物を笑顔で眺める、というわけです。
この貞操帯ですが、普段は目立たないように厚手のズボンを着用しておくと良いです。
また、日々の我慢の様子は、逐一男性から女性に報告をさせるようにしておくべきです。
S女性からのコメントがまた気持ちを煽り、よりお互い射精管理を楽しむことができます。

そうして数週間我慢させられた末に、いよいよ射精解禁日を迎えます。
普通に一人で射精させられるわけではなく、S女性の目の前で、です。
一回目はすぐイッてしまうでしょうけど、S女性がその程度で満足するはずはありません。
強制的にフェラや手コキ、アナル責めや乳首責めなど、ありとあらゆる方法で強制的にチンポを勃起させられ、もう無理…となるまで搾取されます。
やがてそのまま、女の子のような悲鳴をあげながら潮吹きしてしまい失神してしまう男性も…。

失神したなら失神したで、気付けとして聖水を顔面にプシャァと放出するS女性も居ます。
そう、S女性側だって、男性を嬲るのを楽しみにしてずっと我慢していたんです。
そのため、ちょっとやそっとの責めでは女性も満足しません。
「うわ、こんなドロドロの精液出しちゃってやらしいなー」とか
「何で一回出したのに、ちょっと弄っただけですぐ勃ってるの?根っからのスケベなんだね」とか。
そんな言葉責めで、余計勃起が止まらなくて種馬よろしくドピュドピュ出し切ってしまう事になるでしょう。

中には、S女性に一切触れさせてもらえず、女性の目の前でのオナニーのみで連続イキを強制させられる場合もあるそうですが、それはそれで「何て自分は惨めな存在なんだ…でも気持ち良い」と、快感に目覚め、M男性として花開くのです。

⑥おわりに

一見ノーマルに見える男性でも、このような手段で開発や調教を繰り返していけば自然とM男性へと変貌を遂げるんです。
逆に、本当にM性のない全くノーマルな男性となると、余程熟練したS女性でないと開発は厳しくなりますが…。
しかしながら、そこまで全くM性のないノーマルな男性というのは大変珍しく、そういう男性ってS男性だったりします。
S男性は見た目にも分かりやすいので、間違って引っ掴んでしまう事はまずないと言って良いでしょう。

M男性の持つ要素として、心を許すと、とことん従順でカワイくなる、というものがあります。
この点こそ、S女性がM男性の事を求めてやまない理由なのではないでしょうか。
自分の事を決して裏切らず、自分にだけ忠誠を誓い、どこまでも付いて来ようとする…普段、表では絶対に見せない顔を自分にだけ見せて、情けない姿をさらけ出す。
そんなM男性の事を、S女性はとても愛しく思い、末永く可愛がります。
そう、S=サービス精神のS、というように、S女性の根っこは母性愛に溢れていますし、賢い女性が多いのです。
そのせいか、社会的に地位の高い女性も多いです。もしくは良家で育ち教養に溢れているとか、傍から見たらハイスペックな彼氏が居てもおかしくないような女性がS女性としてM男性を血眼で探していたりします。
そしてそんな女性達は、M男性側のスペックはさほど気にしなかったりします。
なぜなら自分自身がハイスペックなので、M男性側のスペックの足りない部分は自分が補えば良いと思っていますし、
一番大事なのは「自分に従順であるかどうか」「自分に付いてこれるか」だと思っているからです。

一つ気を付けなければならないのは、S女性のそういった優しさをチラッと垣間見たM男性が、「もしかして、こんな事しても許してくれるんじゃ…」と、S女性の命令から逸れた行動をさりげなくとり始める事。
稀にいるんですよね、そういう頭の悪いM男性が。
深く考えずにこういう事をして、その後最悪の結末を迎えた場合どうなるのか…そんなことも想像できない、気の毒な男性とも言えます。
そして当然のごとく、こういう男性はM男性としてS女性が可愛がるに値しません。
こういう男性を傍に置く時間の余裕があるなら、とっとと新しい従順なM男性を探しに行った方が早いのです。
そして、こういうS女性の信頼を裏切るような事を男性側がしたら、勿論S女性はバッサリM男性を切り捨てますし、切り捨てこそしなくても元のようには可愛がってくれなくなります。確実に。
愛情深い反面、裏切りには容赦ない、それがS女性なのです。

ですので、男性をMとして開発する場合、威厳を保ちながらしっかりと調教していくのがキモと言えるでしょう。
S女性としての素質があり、相手への思いやりを忘れない女性であればさほど難しくないです。
お互い相手を思いやることを忘れずに、良い関係を構築し、楽しいSMライフを送っていける事を祈っております♪

S女性と出会いにオススメコミュ

★オススメ★最新痴女との出会いサイト

SMバナー
痴女に金玉すっからかんになるまでザーメン搾りとられてみませんか?
SMの経験は一切必要無し!とにかくアナタの体一つで痴女との素敵な時間が過ごせます!
M調教プレイ
be-my-slaveをフォローする
女王様とお呼び!

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました