睾丸責めを受けるとどうなる?

M調教プレイ

「今からアンタの金玉、どうなっちゃうと思う?」
「あっ…あぁ…」
「怖いの?その割にはチンポはしっかり勃起してるじゃない」
「さぁ、いくよ!」
「うぎゃぁぁぁあああぁぁあぁ!!!!!!!」

少なからず睾丸責めに憧れのあるM男性ならこんなシチュエーションに思わず勃起してしまうのではないでしょうか。
怖いけれどされてみたい、されてみたいけれどやっぱり怖い。そんなSMプレイの代表とも言えるのが睾丸責めだと思いますし、実際、興味はあるけれどなかなか行動に移せないという男性も少なくないはず。

という事で今回は睾丸責めについて、その魅力や方法、経験談などを紹介したいと思います。
これを読んでいただければ貴方に合った睾丸責めが見つかるかもしれません!

▼ PR ▼
女王様と僕

痛み?恐怖?睾丸責めの魅力

股間にボールが当たった、ズボンのジッパーで挟んでしまったなど、男性なら程度の差はあれど一度は金玉を負傷するアクシデントに見舞われた事があるのではないでしょうか。
そしてその時学習するはずです。金玉はデリケートに扱うべきものだと。

それだけに普通の男性なら睾丸責めと聞いただけで股間がすくみ上がり拒絶反応を示すでしょう。けれどそこで興奮してしまうのがM男の性。

では何故、強烈な痛みを伴うはずの睾丸責めに惹かれてしまうM男性が存在するのか。ここでは睾丸責めの魅力に迫りたいと思います。

苦痛や恐怖が快感

まず最初に挙げられるのが単純に睾丸責めの苦痛や恐怖が快感というもの。
M男性は痛みが興奮や快感に直結する人も多く、強烈な苦痛を伴う睾丸責めはそういったタイプにとっては絶好の責め苦となるのです。

人間は苦痛を感じると脳内からドーパミンやエンドルフィンという神経伝達物質が分泌されます。これらの物質は幸福感や高揚感を得られ、脳内麻薬と呼ばれる事も。
苦痛が快感となっている人はこの脳内物質が大きく影響しているのかもしれませんね。

また、男性は凄まじい恐怖を覚えると死が頭を過ぎり、本能的に子孫を残そうと勃起すると言われています。
睾丸責めは死の恐怖とまでは言わないものの、自分の子孫が危険にさらされる行為に他なりません。その結果、本能的に勃起しそれが性的興奮へと繋がる可能性も考えられそうです。

屈辱や無力感で悦びを得られる

M男性の中には屈辱や無力感という精神的被虐で悦びを覚えるタイプも多く存在します。

股間は男性の象徴です。その箇所を女性のなすがままに弄ばれるというのは屈辱以外の何物でもありません。
また、股間は男性にとって一番の弱点。そこへの暴力を抵抗もなく受け入れる事で自分は無力なのだと実感できます。

このように、男性の象徴や弱点である股間、ひいては金玉を責められる事はM男性にとって精神的な被虐による快感を得られるものとなるのです。

女性化願望を満たせる

M男性の中には女性に対する憧れが強いあまり、自分も女性化したいというタイプは珍しくないもの。
そこで気になるのが股間からぶら下がるイチモツの存在。チンコは大きなペニクリとして可愛がってもらえる場合もありますが、女性化するのに金玉は邪魔な存在でしかありません。

そんな男性にとって睾丸責めを受ける事は、金玉をもつ罪深き体を罰して贖罪果たす行為となりますし、その方法によっては文字通り女性化願望を満たす事にも繋がるのです。

鬼畜の所行!睾丸責めの方法・4選

睾丸責めの魅力を再確認したところで、その方法にはどんなものがあるのかも気になるところですよね。
実は睾丸責めの手段は多岐にわたり、それだけでも人気の高いプレイである事がうかがい知れます。

ここでは数ある睾丸責めの方法の中でも特に代表的なものをまとめてみました。

睾丸マッサージ

睾丸への重点的なマッサージ。これも一種の睾丸責めです。

睾丸マッサージのメリットは気軽に出来るというところ。大抵の睾丸責めは女王様やS女性など他の人の手を借りるのが一般的ですし、何かしらの身体的負傷が伴うため軽いノリで行うというのは少し無理があります。
ですが、睾丸マッサージはセルフでも可能ですし、自分で力の加減ができるので身体的な負担も少ないので、思いついた時に自分の好きなタイミングで気軽に行えるのです。

それだけに、いきなり女王様やS女性に睾丸責めをお願いするのはちょっと怖い、勇気がない、というM男性はまずセルフでの睾丸マッサージを実践して、睾丸責めに慣れていくところから始めてみるのもありですね。

しかしながら、苦痛を伴わない睾丸マッサージなんて睾丸責めとは言わない、という考えの人も多いはず。そこでおすすめなのが電マを使った睾丸マッサージです。
電マのヘッドを睾丸に押し当てる事で強烈な振動が金玉を襲います。無理矢理金玉を揉みくちゃにされるような苦しみを味わう事になるでしょう。

金蹴り

睾丸責めで最もポピュラーなものといえば金蹴りです。
女王様の美しいおみ足で金玉をいたぶられたい…というM男性にとっては堪らないプレイ。他にも強いお姉さんにボコボコにされたい、という男性にも比較的人気が高めです。

この金蹴りは特に何も道具などを必要としない点がメリット。ただ足で蹴ったり踏みつけたりするだけでいいので、女性からも人気のあるプレイです。
それだけにSMに興味のない女性相手にもお願いしやすいプレイとも言えます。その場合当然気持ち悪がられるとは思いますが、M男性ならそれも嬉しい要素ですよね。

威力高めに蹴られたいなら靴を履いた状態で、蹴られつつ女性の足の感触を楽しみたい場合は生足やストッキング、靴下のまま金蹴りしてもらえるようにお願いしましょう。

玉拘束

拘束といえばSMの世界では王道のプレイですよね。拘束には自由を奪い、征服し、服従させるという効果があります。
女王様に金玉を拘束されるという事は“貴方から金玉の権限を全て奪い、気の向くまま嬲ってあげる”という意味だと考えてもいいでしょう。
まさに睾丸責めにより屈辱や無力感を味わいたいM男性にとっては理想的なプレイだと言えそうですね。

この玉拘束のメリットは金玉をピンポイントで蹂躙してもらえるという点。
どうしても金玉は玉袋の中で動いてしまうので、扱いづらいという難点があります。金玉に狙いが定まりにくく思うような睾丸責めがしづらいのです。
けれど玉拘束を行う事で金玉が固定されるので、的確な睾丸責めが可能。女王様とM男性、双方にとってストレスのない睾丸責めが楽しめます。

玉拘束の方法は縄や紐を使ったり専用の拘束具を活用したりと様々。一通り試してみて自分に合ったものを見つけられるといいですね。

睾丸切除

いわゆる玉抜きとも呼ばれるもので、文字通り金玉を取ってしまうプレイです。睾丸責めの究極の形とも言えるでしょう。

男性の象徴でもある睾丸を切除されてしまう事で男としての尊厳を奪われたい、男性未満の生き物として扱われたいというM男性に好まれており、睾丸切除を得意とする女王様の元には玉抜き志願のM男性の志願が絶えないのだとか。
また、女体化願望のあるM男性にも人気でホルモン剤と併用して本物の女性に近づく人もいるようです。

その方法は玉袋を切開して中から金玉を取り出すというシンプルなもの。文字にするととても簡単に聞こえますが、衛生面など考慮しなければならない点も多く、やはり専門的な知識をもった女王様にお願いするのが適切と言えるでしょう。
金玉は二つしかないので必然的に一生で二回しか楽しめないレアなプレイ。玉抜き願望のあるM男性は何かの記念日などのタイミングで行うといいかもしれませんね。

経験者は語る!睾丸責めを受けるとこうなる

代表的な睾丸責めを紹介させていただきましたが、まだ一度も実践した事のないM男性にとっては睾丸責めを受けたその後の事も気になる点ではありますよね。

続いては、上記で紹介した睾丸責めを実際に経験したM男性にその時の様子やその後どうなったかについて体験談を語っていただきました。

金玉を強制電マ責めされ無様に潮吹き射精

『四肢拘束の上、開脚状態に固定されて電マで強制的に玉責め。これが私の初めての睾丸責めに体験になりました。未経験だったので痛すぎるのは怖いけれど電マなら普通にマッサージにも使うものだし自分でも耐えられるのではと、初心者でも歓迎してくれたS女性にお願いしたところ待っていたのがこのような形での玉責めでした。拘束されるとは思っていなかったのでちょっと怖くなりましたが、そんな恐怖すらすぐに吹き飛ぶ程の強烈な刺激が股間に。鈍い痛みとくすぐったいような感覚に思わず体をばたつかせ、声を上げずにはいられませんでした。もちろん手足は拘束されているので、電マの刺激から逃げる事はできません。最初はかなりの衝撃でしたが、しばらくすると段々と慣れてくるものです。鈍い痛みの奥に疼くような感覚が芽生えました。そしてそれは徐々に快感に変わってきたのです。その気持ちよさに気付くと、もっとその快感を引き寄せたくて、いやらしく腰が動いてしまいます。もっと…もっと気持ち良くなりたい…!最初の叫び声はいつの間にか喘ぎ声に変わってしまいました。この頃には痛みすら気持ちよくなっていた程です。そして次にこみ上げてきたのは尿意でした。あぁっ…なんかオシッコが出そう…そんな感覚でした。でもベッドの上だったので漏らすわけにはいきません。我慢しようとすると、今度は快感が遠のいてしまいます。オシッコは我慢しないといけない、でも気持ち良くなりたい、この狭間で揺れ動く私。けれど結局快楽には勝てず、私は漏らす方を選んだのです。その時でした。同時に射精の感覚にも襲われたのです。後から知りましたが、オシッコのような感覚は潮吹きというものだったようです。私は電マでの初めての玉責めで潮吹き射精をしてしまったのです。それからというもの私はこの時の快感が忘れられず、自分でも電マで玉責めするまでになってしまいました。でも自分ではなかなか潮吹き射精にまでは至らないので、やっぱり四肢拘束されての玉責めが恋しいです』

電マを使った睾丸責めで潮吹き射精をしてしまうなんて聞いたら今まで以上に好奇心が強くなるM男性も多いのではないでしょうか。最初から気持ちいいというわけではなく、痛みや違和感は伴うようですが、それを乗り越えた先に潮吹き射精が待っていると思うと頑張り甲斐がありますよね。

一度体験してしまうとクセになってそれ以外の性感は物足りなくなるかもしれないという危険性はありますが、睾丸責めに興味はあっても今一歩踏み出せないというM男性が最初に挑戦する睾丸責めにはちょうど良さそうです。

春の金蹴り祭に参加したら睾丸が砲丸に…

『“春の金蹴り祭をやるよ”という女王様の言葉がきっかけでした。唐突な提案に何の事だか分からなかったのですが、僕がお仕えしている女王様の知り合いの女王様に金玉責めの好きな山崎さんという方がいるとの事でした。そしてその方が女王様仲間とその奴隷達を集めて金蹴りパーティーをしたいという話になったそうです。季節はちょうど春を迎える頃でした。そして名付けられたのが“春の金蹴り祭”というわけでした。もちろん自分に選択権などなく強制参加です。僕はそれまで金蹴りをされた事はありませんでした。僕の仕える女王様は取り立てて金蹴りが好きというわけではなかったというのが一番の理由です。女王様との調教では緊縛やアナル、羞恥責めなどが中心でしたから。でも別に嫌いで避けているというわけでもなかったので、この金蹴り祭に参加する事にされたのだと思っています。春の金蹴り祭の参加者は僕達も含め5組でした。主催者である山崎氏がホテルのパーティールームを手配し、料理やドリンクを持ち寄って楽しむ。一見普通のパーティーですが、メインイベントは金蹴りです。僕は怖い、という気持ちはありましたが女王様の意志には服従しなければなりません。普段の調教でも罰として鞭打ちを受けたりする事もあるので痛みに対してはそれなりに耐性もあります。怖いというだけでなく少し楽しみな部分もありました。でもこれが間違いだったのです。しばらく飲食を楽しんだ後、いよいよ金蹴り大会の始まりです。その内容は女王様が奴隷の金玉を蹴り続けるというもの。途中で奴隷がギブアップした時点で脱落、最後まで耐え抜いた者が優勝というルールです。一人を除く僕達奴隷の足には開脚用の拘束具を装着されました。そして壁へ手をつくように命じられます。拘束具を着けていない奴隷だけは立った状態で足を開いています。どういう事かというと、拘束具なしで立っている男は山崎氏の奴隷。普段から金蹴りには慣れており、他の奴隷に対するハンデという事で最も金蹴りに耐え辛い体勢で行う事になったのです。彼は足を大きく動かしても失格となります。そんな状態で始まった金蹴りは壮絶なものでした。女王様のハイヒールが金玉にヒットした瞬間の金玉が体内にめり込むような感覚と襲われる激痛。反射的に足を閉じようとしても拘束具のせいでそれは叶いません。そんな僕の苦しみなどつゆ知らず、女王様は防御不能な金玉を何度も何度も蹴り上げます。そのたびに僕は悲痛な声を上げ、自然と溢れてくる涙を頬に感じながら壁に爪を立てて耐えるしかなかったのです。部屋中に響く奴隷達の悲鳴やうめき声、そしてそんな奴隷達を見て喜ぶ女王様達の笑い声や罵倒の声。阿鼻叫喚とはまさにこの事だと思いました。結局僕は持ち前の我慢強さを発揮して20発程度金蹴りを食らいました。他の奴隷は数発でギブアップした人もいたようなので頑張った方だと思うのですが、結果は2位でした。1位はダントツで山崎氏の奴隷。拘束具も着けず、立ったまま強烈な金蹴りを歯を食いしばりながら受けているのですから、完敗としか言いようがありません。しかもその間ずっと勃起させており、80発を超えたところで射精してようやく終了という感じでした。こうして春の金蹴り祭が終わったのですが、金玉に変化が表れたのはその直後です。金玉が腫れてきて2倍3倍の大きさに…こうなるともう、睾丸というより砲丸です。もちろん当時はこんな冗談すら言える余裕などなくただただ恐怖でした。金蹴りの痛みと腫れは数日続きましたが、徐々に治まりしばらくすると本通りになったので一安心。今は第2回春の金蹴り祭が開催されない事を祈る日々です』

春の金蹴り祭とは、面白い企画を出す女王様もいらっしゃるようですね。80発もの金蹴りに耐えるだけでなく射精までしてしまうM男性というのはスゴイ!の一言に尽きますが、何度も金蹴りを受けると砲丸サイズに肥大化するというのも驚きです。

それすらも睾丸責めの醍醐味だと受け止められる方は挑戦してみる価値ありですね。

ハンブラーで屈辱玉拘束の末、鬼畜の拷問責め

『睾丸責めが好きで倶楽部の女王様やネットで知り合ったS女性、さらには自分でも玉虐めをして楽しんでいました。そんなある日です。知り合ったS女性にいいモノがある、と見せられたのがハンブラーでした。存在は知っていましたが使った事はなかったので僕は興味津々。S女性は僕に四つん這いになるように言うと、手際よく金玉にハンブラーを装着します。あっという間に玉は二枚の板に挟まれ、さらにはハンブラーの両端を両太ももに噛まされました。僕の金玉は後ろ側に引っ張られ拘束固定された状態です。多少の痛みはありますが、普段から睾丸責めに慣れている僕にとっては大した痛みではありません。四つん這いで金玉を拘束されている、その羞恥的で屈辱的な状況が快感でもありました。でもここからが鬼畜名拷問責めの始まりでした。S女性は拘束された僕の金玉をデコピンするみたいに指で弾きます。普通ならその程度であれば無理なく耐えられるのですが、金玉が完全に固定されているせいか刺激が玉へダイレクトに伝わり、悶絶する程の痛みが走ります。悶える僕の反応が面白かったのか、何度も指で弾くS女性。そのたびに僕は呻きながら耐えます。でもそれもやがて飽きたのか、今度は足でグリグリと押し潰されます。こんな睾丸責めだってそれまで何度も経験しましたが、拘束されているだけで苦痛は桁違いです。しかも、このハンブラーは何が辛いというと、太ももに噛まされているため、立ち上がろうとしても金玉が引っ張られ建て増せん。逃げたくても逃げられず、ずっと四つん這いの状態を強いられるのです。それをいい事にS女性の睾丸責めはさらに鬼畜さを増していきます。手でひねり潰され、鞭で叩かれ、さらには針やスタンガンまで持ち出されて…僕はもう、ただただ泣き言を漏らしながら、時には悲鳴を上げ、耐えるしかありませんでした。ようやく解放された時には僕の金玉はどす黒く、見るも無惨な姿に…もう、こんな思いは二度としたくないと思った瞬間でした。でも今でもこのS女性に定期的に睾丸責めを受けている僕がいます。睾丸責めが終わった瞬間はいつだって、もう嫌だ…と思うのに、また求めてしまう自分がいるのです』

金玉を拘束されるだけでも辛いのに、四つん這いで動けない状態にされるというのは苦痛と同時に屈辱でもあります。でもM男性にとってはこれ以上ない責め苦の快感を味わえそうですね。

拘束される事で金玉の感度も高くなるようで伝わる痛みも倍増。それだけに上級者向けと言えそうですが、睾丸責めを加減してもらう事で経験の少ないM男性でも楽しめるのではないでしょうか。

僕は今、玉が一つしかありません

『自分は男として何の価値もない存在です。唯一女性様に嬲られる事に存在価値を見出せる生き物です。そんな分際が男である価値もないと金玉を取ってもらったのが5年前。それから自分はずっと片玉人生を歩んでいます。玉が一つしかない事を自覚するたびに自分はやっぱり出来損ないの男なのだと実感します。けれど同時にこれは甘えでしかないと考える自分もいます。まだもう一つ金玉があるからです。実は、片玉になった事における肉体の変化というのはあまりありません。性欲だってあるし射精だってできます。玉が一つなくなったというだけで、特に何も変わりない生活を送っているのです。なのでそろそろもう一つの金玉も取ってもらおうかと考えているところです。それともいっその事チンコを切ってもらい、性欲はあるのにそれを発散するチンコがないというもどかしさを味わうか…と悩んでいる自分もいます。もしこれから金玉を取られたいと考えている男性に知っておいてもらいたい事は、金玉が一つなくなった程度では何も変わらないという事です。金玉責めの一環で取られたいなら一つだけにしておいた方がいいと思います。二つ取られるとその責め自体を楽しめなくなってしまいますから。もし、自分みたいに男というアイデンティティを奪われる事に価値を見出したいのなら一つ残しても意味はないと思います。二つとも取ってもらうか、もしくは玉を残してチンコを切ってもらうかした方が、男としての尊厳を完全に断ち切ってもらえます。まあ自分も今その分岐点にいるわけですが…。女性になりたい方は迷わず二つとも取って貰いましょう。一つ取ったからといってちょっと女性になるという事はありません。実際、自分に女性らしい部分は全く感じられませんので、最初から二つ取って貰った方が効率的だと思います。ちなみに玉を取ってもらった時の感想は気絶するほど痛い、です。玉袋にメスを入れた上にその中から玉を抜き取るのですから当然といえば当然ですが…。なので相当の覚悟が必要となるでしょう』

睾丸切除を受けたM男性の貴重な体験も聞く事が出来ました。睾丸責めが好きというだけであれば、切除する睾丸は一つだけにしておいた方が良さそうです。

それでももし切除されるスリルや苦痛を何度も味わいたいという人は、陰嚢を切開した上で睾丸を取り出し、直に嬲ってもらうというところで留めておけば切除に近い気分を何度でも味わえそうです。

自分に合った睾丸責めで究極の被虐を味わおう!

睾丸責めについて詳しくお伝えさせていただきました。気になるプレイはあったでしょうか?

睾丸責めはたとえ初心者向けのものであっても多少の痛みはつきもの。それだけにやはり勇気や思い切りがいるものです。
けれどそれを乗り越えたところに究極の被虐という快感があると思えば一歩足を踏み出しやすいのではないでしょうか。

是非自分に合った睾丸責めを見つけて新たな被虐の快楽と出会ってみてくださいね。

S女性と出会いにオススメコミュ

★オススメ★最新痴女との出会いサイト

SMバナー
痴女に金玉すっからかんになるまでザーメン搾りとられてみませんか?
SMの経験は一切必要無し!とにかくアナタの体一つで痴女との素敵な時間が過ごせます!
M調教プレイ
be-my-slaveをフォローする
女王様とお呼び!

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました