M男性が気になるアナル拡張に使用する道具の種類と使い方

M調教プレイ

[PR] 初心者Mにオススメの究極の痴女との出会いサイト
SMバナー

アナルプレイを極めてみたい、アナルを拡張してみたいと考えているM男性は少なくないと思います。アナルに興味を持ってアナルグッズをネットで調べてみた、という人も多いのではないでしょうか。

けれど実際に探してみると色々な種類があって、どんな物を選べばいいのか分からない、中には使い方すらいまいちピンとこないと感じるアイテムも珍しくないですよね。

そこで今回はアナルプレイ、拡張に使う道具の種類とその使い方についてまとめてみました。

アナルプレイや拡張に興味のあるM男性は参考にしてみてくださいね。

▼ PR ▼
女王様と僕

エネマシリンジ

腸内にウンコが残った状態でアナル拡張をはじめとしたプレイを行うとどうしても臭いや汚れが気になり、プレイに集中出来なくなる事があります。
そういうのが全く気にならない、むしろそれも興奮材料だ、というM男性であれば行う必要はないですが、特にアナル初心者の場合は腸内を綺麗にした状態で臨む方がプレイに没頭出来るというのが一般的。

そこでアナル拡張はじめとしたアナルプレイの前にまず行うべき事が腸内洗浄であり、その際に主に用いられるのがエネマシリンジです。

使い方はとてもシンプルで、チューブの片端をアナルに挿入、もう片方の端をぬるま湯を溜めた洗面器などに浸けて、中央のポンプを握るだけ。
これでぬるま湯が腸内に送られるので注入された湯を排便の要領で出して腸内を洗浄します。

上手に洗浄するコツは以下の通り。

・直腸に便があるのを感じる場合は先にトイレであらかた出しておく
・肛門の筋肉を緩めるイメージでぬるま湯を受け入れる
・排出されたお湯に濁りがなくなる程度(2~3回)繰り返す

この3点を意識するとスムーズな腸洗浄が可能です。

アナルパール

アナルパールはアナルビーズとも呼ばれる代表的なアナルグッズ。初心者から上級者まで幅広く使われており拡張にもピッタリです。

その特徴は複数の玉が数珠つなぎとなっているデザインで、先端から根元に向かって徐々に太くなっているものや大小の玉が交互に連なっているものが一般的。
この玉の大きさの違いがアナルで感じる刺激に変化を与え、効果的にアナル性感を引き出してくれるのです。

使い方はデザインを見て分かる通り先端からアナルへ挿入していくだけですが、実は挿入する時より引き抜く時の方が快感が強く、腸に詰まったものを勢いよく排出する爽快感や、玉が一粒一粒アナルを通過していく時の肛門の広がる感覚がクセになると言われています。
そのため、挿入したアナルパールを一気に引き抜く人も多いのですが、少し強引に入れたものを無理矢理抜くのはアナルを傷つけてしまうのであまりおすすめできません。行うのであれば無理なく挿入できる細めのアナルパールを使うといいでしょう。

また、アナルパールで拡張するにあたって最適なのは徐々に玉が大きくなっていくタイプ。挿入を進めるにつれて直径が広がるので自身のアナルの拡張具合に合わせて挿入する玉の数を調整しつつ、少しずつ入れられる個数を増やしていけるように挑戦してみましょう。

ちなみにアナルパールの素材にはプラスチックやシリコン、金属など様々な種類がありますが、安さを重視するならプラスチックです。ただ、硬くて弾力もないので異物を挿入している感が強いのが難点。それに比べてシリコン製は少し値が張るものの、適度に弾力があるので挿入時にアナルを傷つけにくく、フィット感が抜群です。
上級者になると重みと存在感を得られる金属製も人気なので、ある程度拡張を進めた頃に試してみるのもいいでしょう。

アナルバイブ

バイブと言えば、アダルトグッズの代表格とも呼べるオナニーアイテムであり、拡張オナニーには欠かせない存在です。
普通のバイブと違う点はアナルで感じやすい形状に設計されているところ。
アナルパールのように数珠つなぎになっているものや、ゆるやかな隆起が連なったようなデザインのものが多く、ピストンさせながら使う事で連続して肛門を押し広げる快感を味わえる上に、バイブ振動がさらに性感を高めます。

一昔前までは薄いゴム製の素材が出回っていましたが、今はシリコン製が主流。アナルに優しくフィットするので何時間でも使っていたくなる中毒性も秘めています。
拡張は長期的に行うものなので、飽きずに使えるというのも拡張に適した道具の条件と言えるでしょう。

ただアナルバイブは太さに限界があり、極太サイズでも5cm程度と本格的な拡張には向いていません。とはいえ、拡張プレイの経験がない男性のアナルはせいぜい2,3cm。5cmも拡げる事ができれば立派な拡張アナルです。
アナル好きなM男性でもこの程度の拡張に留めつつ、アナニーをはじめとしたアナルプレイに興じている人はたくさんいるので、アナルバイブで出来る程度の拡張というのも一つの選択肢でしょう。

ちなみにアナルバイブには前立腺刺激を目的として開発されたものもたくさんあります。このようなタイプのバイブを使って、拡張と平行して前立腺開発を行うのもアリですね。

ディルド

ディルドというとバイブと同じくアナルオナニーに用いられるアダルトグッズです。
大きな特徴はリアルなチンポの形をした生々しいディティール。そして何より電動で動くかどうかです。
中には電動ディルドとして売られているものもありますが、こちらは正式に言えばバイブの部類となります。

バイブとディルド、どちらもアナル好きのM男性なら一本は持っていると思いますが、本格的な拡張を進めているM男性の大多数はバイブよりもディルドを愛用している傾向に。その理由は大きさのバリエーションが豊富という点に尽きるでしょう。

前述した通りバイブは太さに限界があります。電動で動くという構造上、あまり太くすると効果的なバイブ振動が生まれないからです。
その点ディルドは需要さえあれば際限なく太くできるので、直径5cm超えのアイテムは当たり前。中には直径10cm以上のものも存在します。
アナルは7cm程度まで拡がれば拳を挿入する事も可能となってくるので、アナルフィストに憧れのあるM男性はディルドでアナルオナニーをしながら拡張していくといいでしょう。

ちなみにディルドの中でも最近特に需要が多いのが吸盤付きのものです。ディルドにしては小ぶりなサイズが多いですが、壁などに吸着させてフリーハンドでアナルオナニーが出来るので使い勝手がよく、オナニーに集中できるとしてここ数年で注目を集めるようになりました。

アナルプラグ

アナル拡張において必要不可欠なグッズがこのアナルプラグ。文字通りアナルに栓をしておくもので、長時間の拡張に最適なアイテムです。

先端が楕円形や卵型で根元が細くなり底辺にストッパーが付いているというデザインが一般的で、根元の細い部分まで挿入する事で長時間のアナル栓が可能になる、というわけです。
初歩的な拡張であればバイブやディルドのようなオナニーアイテムでも可能ですが、本腰を入れた拡張をするのであればプラグは必須と考えていいでしょう。

完全なアナル初心者の場合、3cm程度の太さのプラグでの拡張から始めるのが望ましく、腸洗浄を行いローションで滑りを良くした上で先端からゆっくり挿入していくのが基本の使い方。優しくピストンを繰り返しつつ腸内へ押し進めていきましょう。
四つん這いやベッドに横たわるなど自身が最も楽に感じる姿勢で行うとスムーズに入りやすいはずです。

根元の細い部分まで挿入したらその状態でしばらく放置してください。プラグがアナルや腸内を押し広げている感覚を楽しみましょう。同時に、長く栓をする事で穴が拡がり拡張へと繋がります。
最初は1時間程度の挿入が無理なく出来る範囲だと思いますが、上級者になるにつれて挿入しておく時間も長くなります。中には一日中プラグ生活をしている人や、挿入状態で外出する人も。

このようにプラグで拡張をしているとやがてそのサイズが物足りなくなってくる時がくると思いますが、それがサイズアップのタイミング。楽々入るようになってきたな、と思ったら少し大きめのサイズを用意して同じ要領で拡張を続けていきましょう。これを繰り返す事で、やがてフィストも可能なアナルに成長していくはずです。

アナルバルーン

アナルバルーンはアナルプラグの一種で、プラグ自体を風船のように膨らませる事でアナルへ栓をして拡張を促す道具です。
プラグの根元に空気を送り込むポンプが付いているというのが基本的なデザインで、ポンプとチューブは取り外し可能なものもあります。拡張目的で使うには長時間挿入したままにしておく方が効果的なので、取り外し可能なものを選んだ方がいいと言えるでしょう。

使い方はアナルプラグ同様、腸洗浄をしてローションを使って潤滑を良くした状態でプラグを挿入します。プラグが入ったら空気を送り込むポンプをプッシュして、任意の大きさにまで膨らませましょう。多少キツく感じるくらいが拡張にはちょうどいいでしょう。
あとはしばらく腸内のバルーンプラグの存在感を楽しみましょう。慣れてきたら挿入した状態で長時間過ごしたりお出かけしてみるのもアリです。
外す時は中の空気を抜いてから引き抜きましょう。

このように空気を入れたり抜いたりする以外、使い方はほとんどアナルプラグと変わりませんが、バルーンのメリットはプラグそのものの体積を変えられるので、これ一つで完結するという点です。
アナルプラグは拡張が進むたびに新しいものを買い換えなくてはならないだけに、コスト面でのメリットは非常に大きいでしょう。

ただ、プラグを空気で膨らませているだけに質量がなく、プラグの存在感を得にくいところに物足りなさを感じる人がいるのも確かです。また、挿入し続ける内に空気が少しずつ抜けてくる感も否めないので、長時間挿入する場合はその都度空気を追加する必要があるのもアナルプラグに劣る点と言えるかもしれません。

気になるアナルグッズで拡張に挑戦してみよう!

アナル拡張するのに人気の道具を使い方と共に紹介させていただきました。気になるアイテムはあったでしょうか。

アナルに興味のあるM男性なら多かれ少なかれ拡張プレイも気になる存在だと思います。
今回紹介した中で使ってみたいと思ったグッズがあれば是非試してみてはいかがでしょうか。

拡張を行う事で未知なるアナル性感と出会えるかもしれません!

S女性と出会いにオススメコミュ

★オススメ★最新痴女との出会いサイト

SMバナー
痴女に金玉すっからかんになるまでザーメン搾りとられてみませんか?
SMの経験は一切必要無し!とにかくアナタの体一つで痴女との素敵な時間が過ごせます!
M調教プレイ
be-my-slaveをフォローする
女王様とお呼び!

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました