さよなら亀甲縛り…。令和に楽しみたい人気のトレンド緊縛を一挙ご紹介!

M調教プレイ

緊縛といえば亀甲縛りで、あの美しい縛り方はもはや芸術品だ…。

などと話す人が多いですが、そんな一見緊縛に詳しそうな人も実は亀甲縛りと菱縄縛りの区別がついていなかったりすることも多々あります。

それくらい緊縛の中でも特に人気なのが亀甲縛りであり、誤解や過大評価も多いのが亀甲縛りなのです。

ですから今どきは緊縛をこれから楽しみたいと考えている人は、安易に亀甲縛りから学ぼうとするのではなく、それよりも今人気のトレンド寄りな緊縛を楽しんだ方が良いと言えるでしょう。

では実際今人気のある緊縛の種類ってどんなもの?と疑問に思っている人たちのために、今回ここでは今人気の緊縛たちを複数種類ご紹介していこうと思います。

飾り縄が大きなトレンド?

緊縛というのは古来から日本で伝えられてきた長い伝統のある文化ですが、これは本来罪人、咎人を拘束するための技術として発達してきました。

そのため、緊縛というのは原則として身体の拘束を目的とするものであり、その目的に即した縛りが、自然と美しさを持つことが最大の魅力となっているわけです。

しかし近頃は緊縛を拘束方法の一つとして解釈するのではなく、あくまで身体の美しさを強調して表現するための方法として解釈する向きが強まっているようです。

そして緊縛において拘束という実ではなく美を重視して行う緊縛方法を、大まかに飾り縄と呼びます。

飾り縄には様々な種類がありますが、実は先に取り上げた亀甲縛りや菱縄縛りも一種の飾り縄に分類されるとする見方も強いのです。

緊縛によって相手を拘束してあれこれすることよりも、工夫して縛ることによって身体の美しさを際立てようとするだけの方が、今の時代は実は人気があるのだと言ってもいいのかもしれません。

こういった本来の技法論から離れて見た目だけを重視している世間の動きに対しては、不快感を感じている緊縛師も多く居るようです。

しかし同時に飾り縄に憧れることで緊縛業界に入ってくる人たちも多いことや、下手な拘束緊縛を行って怪我の危険を増やすよりは、最初から比較的安全な飾り縄で済ませておいてほしいと願う人も多いことは覚えておかなければならないところでしょう。

汎用性が高くて良いアクセントになる梯子縛り

飾り縄の一つとして紹介されることも多く、それでいながら実用性も汎用性も高い縛り方として最近人気があるのが梯子縛りと呼ばれる縛り方です。

これは横縄に対して縦に二重にして縄を繋げる方法であり、両腕や両脚だけでなく、胴体に対する縛りでも使える技法であり、緊縛のアクセントに使いやすい縛り方となっています。

特に両腕や両脚を縛る方法だと、特徴的な梯子状の縛りが見えやすく、拘束力よりも美しさを重視する緊縛師には最適な縛り方の一つと言えるでしょう。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました