初心者M男にオススメなソフト系緊縛プレイ

M調教プレイ

初心者M男にオススメなソフト系緊縛プレイ

ソフトな縛りの紹介と、縛ってからの発生プレイの紹介記事をお願いします

普通のノーマルなプレイにちょっと退屈していませんか?
退屈はしていないけどもう少し刺激が欲しいと思ったことはありませんか?

たかが性行為されど性行為。
セックスで興奮しなくなってしまうと二人の関係にも悪影響を及ぼしかねません。

ということで何が言いたいのかというと緊縛プレイとかやってみませんか?ということです!
変態っぽいけどそこまで変態じゃないんですよ。変態ですけど。
でもセックスは中途半端にやるより変態になったほうが確実に盛り上がります。

そんな感じで初心者M男でも簡単にできるソフトな緊縛プレイのやり方を紹介してみます!

▼ PR ▼
女王様と僕

まずは第一歩。何で縛ればいい?

緊縛プレイにはまず縛る物が必要になります。
AVとかでは太い荒縄を使っていたり天井から女性を吊るしていたりしていますが素人はそこまでやる必要はありません(笑)
というか荒縄で縛るには縛りの技術と知識が必要だし、吊るすのに至っては普通の部屋でやると天井が抜けたり女性がケガしたりとかなりハードルが高いです。
そのためまずは簡単なところから始めてみましょう。

縛るために使える物

身近な物でも緊縛に使えるアイテムは色々あります。

・タオル
・ロープ
・ネクタイ
・ベルト

この辺りが緊縛には使いやすいかと思います。
注意点としてはビニールの紐など細すぎる物は身体に食い込んでしまって痛みを強く感じることになるのでおすすめできません。
もし手ごろな物が身近にない場合は緊縛プレイ専用のロープなどもAmazonなどで手に入るのでそちらを使ってみるというのもありだと思います。

色々な縛り方紹介

さて緊縛に使う物さえ手に入れば次は縛り方です。
ガチな方法だとAVでよく見るような手を後ろに回して曲げた状態でガチガチに縛る「後手縛り」や、それの後ろで手を伸ばしたバージョンの「下手後手縛り」など種類も様々。
もはやアートの領域と言えるような縛り方も各種存在しますがそれはやっぱり無理です(笑)
ということで最初は簡単で基本的な物からトライしていきましょう。

手首を前で縛る

いちばん基本の縛り方です。
見た目的には逮捕された人が手錠をされているような感じですね。
縛り方は手首にぐるっと何回か巻いてそれから縄の内側を通して縦にクロスさせるような感じで縛れば解けにくく、圧迫感も軽減されます。
手首の拘束だけだとちょっとしょぼいような気もするかもしれませんが実際に初めてやられてみるとこれだけでも想像以上のドキドキ感が味わえます。

手首を後ろで縛る

前での手首拘束の応用で後ろで手首を縛ります。
緊縛プレイのイメージにいちばん近いのがこの縛り方ではないでしょうか。
見た目は前よりハードですが体勢的には実際はこちらの縛り方の方が手を前に出すより楽です。
前で縛る方法と違ってこちらは身体の全面が完全に無防備になるので、興奮度や身体の感度がかなり変わります。
乳首やチ●ポを守ることも隠すこともできません。
応用パターンとして椅子などの家具に縛り付ける方法もあります。

足首を縛る

足首を縛るのも緊縛プレイの基本です。
縛り方的には手首と同じような縛り方でOK。
最初から手首も足首も縛ってしまうと恐怖心の方が優先してしまうケースもあるので、まずは手首だけから始めて慣れてきたら足首も同時に縛るようにしていきましょう。
足首だけ縛るというパターンはあまりないと思われます。
足首は手首よりタフな部分なので痛みは感じにくいです。

手首と足首を同時に縛る

手首を足首の位置に持っていき両方まとめて縛るという縛り方もあります。
縛り方も同じでただまとめて縛ればOKです。
チ●ポが無防備になるので羞恥心はかなり高め。
あまりしない縛り方かもしれませんが一応こんなのもありますよということで。

M字に縛る

太ももとふくらはぎを片方ずつまとめて縛ることでM字開脚のような状態で縛ることができます。
足が満足に閉じることができないようになってこれもチ●ポが完全に無防備になる縛り方なので恥ずかしさはかなりのもの。
縛る部分が大きいため手首や足首の縛りよりは難易度が少し高め。
また、体勢的には少し体に負担がかかる体勢なのであまり長時間はやめておきましょう。

ベッドに縛る

ベッドの端っこの4点に手首と足首を固定する緊縛方法もあります。
手は上げて広げて、足は開いた状態で磔にされた状態を寝かせたような形になります。
完全にベッドに固定されて動けなくなるので拘束感は相当なもの。
放置プレイなどと組み合わせるとさらに効果的です。

緊縛した後の楽しみ方

緊縛した後は色々なプレイが楽しめます。
特に目隠しは緊縛と組み合わせると興奮度が飛躍的に高まります。
色々組み合わせてみて自分がいちばん興奮するプレイを探してみましょう。

拘束+目隠し

拘束したまま目隠しをするとかなりSM感がアップ。
自由に動けず何も見えないという状態の興奮度はかなりのものです。
拘束+目隠しのいちばん素晴らしいところは身体が緊張した状態になるので全身の感度が何段階もアップするということ。
ちょっと触られただけでも身体がビクッて反応するのでそのドキドキ感は半端ありません。
アイマスクがあればベストですが基本的に目を隠すことができれば何でもいいのでタオルやネクタイなどの少し長めの物でも大丈夫です。

拘束+言葉責め

言葉責めによる罵倒は単品でも興奮しますが拘束された状態ではさらに興奮度がアップ。
特に両手足を拘束された状態では何を言われても芋虫のようにモゾモゾ動くことしかできない惨めさがたまりません。
その惨めさを見た女王様がさらにその醜さをついた言葉責め。
自由に動くのはチ●ポだけ。
拘束された側は浴びせられる冷酷な言葉にただ勃起することしかできません。
自由に動けないM男を蔑む視線もたまりません。

拘束+放置

拘束されたままの状態で放置されるのが放置プレイ。
まるで見捨てられたかのような惨めさと不安感が気持ちを高揚させ興奮します。
拘束だけの状態でも効果はありますがさらに目隠しを組み合わせると興奮度大幅増。
見えないので相手の状態や距離感がわからず、いつ何をされるのかわからない不安感や恐怖=興奮が何倍にもなります。

注意点としては不安感が性的興奮状態に繋がるのなら全然大丈夫ですが、パニックに近いような興奮状態になる場合は無理せずそのことを伝えプレイを中止しましょう。

拘束+乳首責め

拘束されることによって完全に無防備になる乳首。
ただでさえ敏感な乳首を拘束されて全身性感帯になった状態で刺激されてはたまったものではありません。
乳首が全然感じないという人以外はこの状態で声を殺すことはほぼ不可能です。
愛撫されたりつねられたり舐められたりやられたい放題。
押し寄せる快感にヨガリ続けることしかできません。

拘束+射精管理

これは初心者よりは少し上の中級者向きぐらいのプレイかもしれません。
射精のタイミングを女性側がコントロールしてM男の思うようなタイミングで射精させないようにします。
拘束されビンビンに勃ったチ●ポへの手コキ、想像しただけでも勃起してしまいますね。
しかしそんな簡単にイカせてもらえると思うようではまだまだ。
何度も何度も寸止めされて悶え苦しむ快感を味わえるのが射精管理。

寸止めの他にも高速手コキによるM男の意思など無視した強制射精というのも射精管理です。
射精のタイミングすら自分で決められないというプライドを根こそぎ剥ぎ取られる快感を是非味わってみてください。

緊縛プレイの注意点

虐げられることが快楽なM男でも一応注意点は押さえておきましょう。
緊縛プレイ最大の注意点は「強く縛り過ぎないこと」というこの一点に尽きます。
なんだか当たり前な感じですが最初は解けないように解けないように、ときつく縛ってしまいがち。
少し遊びがあるぐらいにしておくことがとにかく大事です。
きつく縛りすぎるとひどくうっ血してしまったり、血流が止まって手や足が変色したりなど色々な危険があります。
時間も縛っている部分の状態に気を付けて、感覚の分からない最初から長時間行うのはやめておきましょう。

まとめ

いかがだったでしょうか。
わざわざ拘束+何かと書いてみましたがまあほとんどのことはできますね(笑)
それでも普通の状態でそのプレイをするのと拘束された状態でするのでは興奮度が全然違ってきます。
パートナーが既にいるという人は最初ちょっと勇気がいるかもしれませんがお願いしてみてはどうでしょうか?

自分がM男だということを相手が知らない場合は頼むのが難しいかもしれませんが「こういうプレイの気分ちょっと味わってみたいんだけど…笑」みたいなお試し感を漂わせて聞いてみるといいかもしれません。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました