スカトロマニアがスカトロに目覚めたきっかけを調べてみた結果

M調教プレイ

いわゆるスカトロという言葉はスカトロジーの略称であり、これ自体は糞便学と呼ばれる学問の分類に過ぎません。

そのためBDSMなどのアダルト業界でスカトロと呼称する場合、それは一般的に糞尿愛好症と呼ばれる性的倒錯の一種を表します。

この糞尿愛好を理解できる人の人口は日本国内だとそれほど多くないだろうと考える人が多いようですが、実際はその逆でとても多いとされていたりします。

実際、スカトロ系のプレイを専門に扱うマニアックなAVや雑誌などは、日本国内のみならず世界中で売れに売れているようです。

そんな彼らスカトロマニアたちに対して、糞尿などの汚物に一体なんの魅力があるのかと疑問に思う人が多いのもまた事実でしょう。

そこで今回はそんな理解が広まり難いスカトロの醍醐味というものを、スカトロマニアがスカトロに目覚めたきっかけを調べてみることで詳細に分析、考察してみようと思います。

成長の過程で歪んだ結果とされる説

実際にスカトロが好きな男女にそれを好きになったきっかけを聞いてみると、そのきっかけを具体的に説明できる人がとても少ないということがまず分かると思います。

これは単にそのきっかけについて話すことが恥ずかしいという理由もあるかもしれませんが、ほとんどの人は実際に自分がスカトロマニアである理由やそうなったきっかけに対して無自覚な場合が多いようです。

その理由にはさまざまな説が挙げられると思いますが、中でも特に説得力がある説として知られているのが、その人が幼少期に成長の過程で受けた何らかのトラウマが起因しているという説です。

特に心理学のパイオニアとして名高いフロイトが提唱した肛門期などの概念は、スカトロマニアの多くがこれにあたる時期に何らかの出来事に関わって大きく性的嗜好を変化させたという可能性を示唆してくれます。

実際とても厳しい性格の両親に厳しく何度もトイレトレーニングを受けた結果、排せつに対して嫌悪や不安を持ちすぎた結果、逆にそれに性的興奮を覚えるようになったという人が多いようです。

スカトロプレイを楽しむ大人の男女が、いわゆる逆トイレトレーニングと呼ばれる行為を実践することも多いということを考えると、なおさらその肛門期におけるトラウマなどの影響は大きなものであるかのように考えられます。

非常に大きなトラウマ体験によるもの説

前述したような幼少期の成長過程におけるトラウマなどは、親の教育方針が少し逸れただけで起きてしまうほどに、それほど少ないケースではないと考えられます。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました