期待とは真逆だった!?女王様と出会って感じた天国と地獄!

M男調教体験談・告白

素敵な女王様と出会って個人的に調教されたい、専属奴隷になりたい、というのはM男性なら誰もが抱く願望ではないでしょうか。それだけに、女王様との官能的な調教生活に思い焦がれ期待に胸を膨らませている人も少なくないはずです。

しかし、実際に個人的な調教をしてもらった、専属奴隷になったというM男性に話を聞いてみると実際はそんなに甘くないという声も聞こえてきます。

という事で今回は、女王様の個人奴隷になるのは天国なのか地獄なのか、実際に女王様から個人的な調教を受けた事のあるM男性のエピソードを紹介したいと思います!

女王様に連れられ訪れたSMイベントで衆人環視の公開調教

僕が女王様と出会ったのはSM系のコミュニティサイトでの事でした。
僕はあまり経験もないしただほんの少しSMの世界に触れられたらと思って利用してみたのですが、予想外にも一人のS女性と意気投合して実際会ってみるまでになりました。
彼女が僕を気に入ってくれたのは住まいが近かった事と初心者っぽくて良かったとの事。会ってみてやっぱり思ってたのと違うなと感じたらそれきりにしようと考えていたそうなのですが、ありがたい事に僕を気に入ってくれたようでした。
この日以降、僕は定期的に彼女と会うようになり、あまり経験した事のなかったSMプレイも体験させてもらえるようになり、SM初心者から中級者くらいには経験値を積めたかと思います。

そんなある日の事。彼女に付き合って欲しい所があると誘われました。それがSMイベントだったのです。
彼女とのSMプレイでようやく中級者レベルになれた僕にとってはもちろんSMイベントなんて初めてです。
雰囲気的にはライブハウスやクラブのような薄暗い空間で、フロア全面を赤や紫を基調とした照明で照らされています。
SMイベントという事だったので、僕はSMショーを見たり、同じ嗜好の人達との交流をするような感じかなと予想していました。そして確かに僕の予想通りのような事が行なわれていたのですが、一つ想定外だったのは、SMショーに僕が出演する事になっていた、という事です。

「これからショーに出るから準備して」
という彼女の一言で僕は裸にされ、ステージに上げられました。
ステージの下からは全観客といっていい程の視線が僕に集中します。その視線すら恥ずかしいのに、彼女は気にする事もなく手際の良い手つきで僕を縛り上げていきます。あっという間に僕は股間を強調するような羞恥緊縛姿を観客の前で晒す事となりました。その上、ステージに設置されている吊り具に吊された僕はこの場で初めての吊り責めを味わう事に。
突き出した体勢の尻にはパールをねじ込まれ、無防備な背中に蝋責めを受けます。既に彼女にM開発されている僕は尻責め、蝋責めで不自由な体をくねらせよがり乱れてしまいました。
こうなるともう観客の視線すらも羞恥を通り越して快感に…
最後は張り詰めた股間を盛大に暴発させて僕の初めてのSMショーは幕を閉じました。

彼女と出会う前はまさか自分がSMショーに出るような経験をするなんて考えてもいなかっただけに、彼女との出会いは僕のM人生に大きな変化をもたらしました。

念願だった専属女王様に貢ぎ物を贈る日々

「そろそろ私の専属奴隷になる?」
女王様にこのように言ってもらえた瞬間、私は歓喜しました。けれどそれが私にとって複雑な感情に苛まれる事になるとはこの時は思いもしませんでした。

そもそもの女王様と私の関係はM専科のS嬢と客の関係です。私は月に2,3度、店を訪れて女王様を指名し調教してもらうのが楽しみでした。それまでにも何度か同じようなお店を利用し調教してもらった事もあったのですが、ここまで夢中になれた女王様は初めてでした。そうして店に通い詰め、一年ほど経った頃。女王様から専属奴隷にならないか、というお誘いがあったのです。

私は客。もちろんそう理解していましたが、心のどこかではお金と時間で割り切られる関係に虚しさのようなものを感じていただけにこのお誘いは夢のようでした。
私は二つ返事で了承しました。

これをきっかけに私は店に通う事はなくなりました。そして、週一ペースで女王様と会うようになったのですが、決まってちょっといいレストランや和食店で食事をしてホテルで一時間ほどプレイを、という流れでした。
私としてはせっかく専属にしていただけたのだからもっと調教していただきたい、という気持ちがあったものの、それを伝えて嫌われたら…と思うと言えずにいました。

「このボンデージ衣装素敵じゃない?今度会う時までに用意しておいてくれる?」
やがて、女王様からこんなお願いをされるようになりました。それでも調教で使っていただくものだから…という思いで言いつけ通り準備しました。それ以降、鞭や玩具、下着など女王様が欲しがる物を毎回のようにプレゼントするようになりました。そして最終的にはバッグや服などを貢ぎ物として贈るようになって…

こうなるともう奴隷というより昔流行ったミツグ君のようなものだと感じるようになりました。でも私は奴隷なのだから、それすらも受け入れるべきなのかとも悩みました。けれど今の私は、お金と時間で割り切られた客だった頃と何ら変わりがないような気がして、思い切って女王様に伝えました。

「そう。じゃあ残念だけど、貴方には専属は荷が重かったみたいね」
女王様はそう言って私の元から去っていきました。専属奴隷なのだから、女王様の命令は絶対だとどんな事でも受け入れるべきだったのか。今でも時々悩みますが、また理想の女王様と出会えたらとお店通いをする日々です。

完全飼育調教で屈辱の雄チンポ奉仕

女王様と出会い、完全飼育調教をされる事になってから、僕の体は毎日のように男のザーメンで汚されました。

なぜこんな事になったかというと、きっかけはSNSでした。僕は自分でも変態M男だという自覚があり、自分の変態願望をSNSで発信していたのです。
匿名でありながら僕が底なしのMだという事を不特定多数に知られる事自体に被虐的な歓びを感じていた部分はありました。でもそれはあくまで願望という名の妄想です。
まさかそんな僕の願望を叶えてやるという女王様からの申し出をいただけるなんて思ってもいませんでした。

女王様からダイレクトメールを貰った数日後に会い、その一ヶ月後には完全飼育奴隷として飼育調教される事になりました。
最初の一週間は飼育生活に慣れるため、食事や排泄、睡眠の作法的な事を教えていただきました。食事は一日一度だけ、排泄は決められたペットシートの上で、睡眠はうつ伏せで丸まった状態で、と正直辛くはありましたが、僕は底なしの変態M男なので辛さよりも願望が叶いつつある歓びの方が大きかったです。
このまま僕は女王様の完全飼育奴隷として長く可愛がっていただけるのか…と思うと、調教は辛くても頑張ろうという気持ちになりました。

しかし一週間を過ぎた頃、僕にとって想定外の事が起きたのです。
女王様は朝仕事に出かけて夜帰ってくるのですが、いつも一人なのに、その日は男性を連れて帰ってこられました。

「今日から新しい命令と役目を与えるわ」
と言うと、女王様は僕にその男性のチンポを奉仕するように命令されたのです。
もちろん僕に拒否権などありません。僕は男性のチンポをしゃぶって奉仕しました。
その後も女王様は代わる代わる違う男性を連れてきます。時には二人以上連れてこられる事もあり、そんな時はアナルも性処理便器穴です。

僕の妄想では女王様のオマンコを毎日奉仕させていただくはずだったのに…
まさか男性のチンポ奉仕をする事になるとは思いませんでした。
その後、数ヶ月で僕は放逐されましたが、屈辱のチンポ奉仕をさせられたにもかかわらず、また完全飼育調教をされてみたいと思う僕がいます。

女王様にケツマン開発されて以来アナルでしか満たされない体に

初めての女王様と出会った事で自分の性癖は一変しました。
それまでは女性にリードされながらエッチな事がしたい、恥ずかしい言葉でイジメられたいといった、少しMっ気のある願望をもった程度でしたが、とあるSM系サイトを通じて女王様に出会い、アナルを開発される事に。
慣れると気持ちイイと聞いていただけに、少し不安はあったものの最初からそれ程抵抗はなく女王様に身を任せました。
女王様がゆっくり時間をかけてほぐしてくれるので、痛みはありません。
そうやって女王様に女王様にアナルを開発されてから一ヶ月経った頃、自分は初めてのドライオーガズムを覚えました。
それからです、自分の体に異変がおきたのは。

普通に生活を送っていてもアナルの中が疼くような感覚が治りません。その疼きを意識すると自然とチンコが勃起してきてヌキたくて堪らなくなります。なので一度射精してみてもアナルの奥から湧いてくる疼きは止まらなくて…結局アナルも弄ってしまうようになりました。
この衝動は本当にいつでも起きてしまいます。家で普通にテレビを見ていても、食事をしていても、仕事中であっても…

女王様にさえ出会わなければ、こんな体にならずに済んだのに…と思う反面、アナルの快感を知る事ができたのは女王様のおかげだとも思います。

女王様に個人的に調教を受けた事のあるM男性のエピソードを紹介しました。

共通して言えるのは女王様と出会った事で今までに経験した事のない体験を味わえる、という点ではないでしょうか。
人によって天国に感じるか、地獄に感じるかは様々。

貴方も人生が変わるような経験をしてみたいと思ったら、是非女王様を探してみてくださいね!

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました