エリートサラリーマンだった僕が無職となり女王様の犬となったリアル体験談

M男調教体験談・告白

会社名を出せば「エリートじゃないですか!」と称賛される事もしばしばあった僕。
悠々自適な生活を捨て、真の幸せ…或る女王様の犬となる事を選んだ僕の体験談です。
何故エリートの立場を捨てたのか、実際飼われるのはどんな感じなのか。
そこも含めてお伝えしたいと思います。

改めてこんにちは。僕はタケシと申します。
現在、僕はある女王様専属のマゾ犬として飼われています。
女王様の犬になって来月で5年を迎えます。
女王様が「節目として振り返りがてら体験談でも投稿してみたら?」と仰るので、投稿してみる事にしました。
普段四つん這いで生活してるのに加えPCに触れるのも人間だった頃ぶりで、とても新鮮な心持です。

①誰もが認めるホワイト企業勤め。絵に書いたような華やかな生活―しかし、常に空虚でした。

僕は自分で言うのも何ですが昔から人より要領が良く、同期と比べ出世も早かったです。
難関大卒業後、誰もが知る超大企業へ就職。
誰もが羨む環境を手に入れ、悠々自適に過ごして来ました。
病院に行った時なんて、受付の女性からこっそり「保険証見ましたよ、〇〇にお勤めなんですか?凄いですね…私、憧れちゃいます」なんて言われた事も。
職場での評判も決して悪くは無く、正直良い方だったと思います。
けれど心は空虚なまま、どこか満たされない毎日…。
というのも実は僕、ドMだったんです。しかも寂しがり。
職業柄、内面の脆さとドM性を周りに悟られないよう必死で仮面を被っていました。
女性は寄って来るものの明らかに肩書目当てだったり男らしさを求められたりで、到底僕の性癖を理解してくれそうにはない。
物質面では満たされても精神面では本当に満たされなかったんですよね。
「この世界に、本当の僕を理解してくれる人なんて居ないんだ…」と、一人で居るには広過ぎる部屋で寂しくアナニーしながら乳首を切り刻む毎日。
そして、段々病んでいくのを感じました。

②金とステータスがあっても幸せにはなれない―そこで僕は勇気を振り絞る事にしました。

いけない、このままでは本格的に病んでしまう。
そう思った僕はSM風俗に行く事にしました…が、結論から言うとこれは大失敗でした。
僕の切り刻まれた乳首を見て引いているのが顔に表れていたり、調教がヌルかったり…
どうにも本気で躾けてくれている感じがしない!時間と金が無駄になってしまいました。
そこでネットのSMコミュニティに入ってみる事にしたんです。
ここで商業色の無い真性Sな女性を探して虐めて貰おう、そう思ったんです。
しかもネットなら全国の女性から探せますからね。
仮に理想のS女性が遠方に住んでいたとしても飛んでいくつもりでしたよ。
そう、容赦無く徹底的に僕を虐めてくれるような理想の女性!
そんな女性を求めてサイトを吟味し、ある一つのサイトに登録してみる事にしたんです。

③サイトで理想の女王様を発見―しかし思いもよらぬ展開に!

コミュニティ内の女性を絞り込み、何人かの女性とメールをしてみることに。
どなたもSっ気が本当に強くてウットリしましたが、最終的に一人の女性に絞る事にしました。
その女性が僕の現女王様です。
何故女王様に決めたかと言うと、他の方々とは違うS性…奥深さを感じたからです。
メールの一つ一つに深いS性を感じて、「ああ、このお方は本物のS女…女王様なのだ」と実感させてくれました。
そうして僕は、メールを重ねて行く度に女王様にのめり込み。
女王様に命令されるがままに恥ずかしい写真や動画を送り続けていたのです。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました