女装させられてアナルを犯されたサラリーマンの体験談

M男調教体験談・告白

「んっ…ぁはぁ…んんっ…イイ…」

四つん這いでアナルを犯され、自然といやらしい声が漏れてしまう。

半ば無理矢理女装させられた上にアナルを犯され感じてしまう体になってしまうなんて…
恥ずかしくてみっともないけれど、そんな事よりも今は快感に溺れてしまいたいという淫欲の方が勝つようになった。

これまで僕はただの平凡なサラリーマンとして生きてきたのに。なぜこんな事になったのかというと、ある女性と出会ったのがきっかけでした。

25歳独身、女性経験は大学生時代に付き合った一人だけ。それも3ヶ月で別れてしまった、というあまり褒められたスペックではない僕。
周りの同僚や友人の大半は彼女がいるし、何なら結婚する奴もちらほら出てくるという状況に僕は少し焦りを覚えていました。
結婚はともかく彼女の一人くらい欲しい。けれど出会いはないし、合コンや街コンに誘われた事もあるけれど、女性との会話に慣れていない僕は撃沈です。
それでもどうにか女性と繋がれる場があればと思い利用したのがマッチングアプリでした。テレビでも取り上げられるくらい話題になっていたし、最初は文字でのやりとりなら普通の会話より上手くコミュニケーションが図れるのではと思ったからです。

けれど僕の考えは甘かったと早々に思い知らされました。
まず女性と話が続きません。例えば“休みの日は何してるの?”と聞くと“別に、家でゴロゴロ”と返ってきます。これでは次の会話に繋げる事も出来ませんでした。
中にはある程度話が出来た女性もいたけれど、顔写真を送ったらぱったり返事が来なくなった事もありました。

この当時にはこういった女性の反応や対応に苛立ちや腹立たしさを感じましたが、女性は男性の何十倍もメッセージが届くので一人一人相手にしてられないというのを後から知りました。きっと他にもっと魅力的な男性がいて、僕のような女性経験の少ない非モテ男は弾かれてしまっていたのでしょう。

なかなか思うような結果が出ず、止めようかと思いつつももしかしたら次は…という淡い期待を抱きながらしばらく続けていたある日、転機はやってきました。
一人の女性とようやく現実的な話が出来たのです。現実的な話というのは具体的なアポの話です。しかも女性には一番最初のやりとりで顔写真を送っているのでその上で会う話が出来たのはかなり期待値が上がりました。

それから数日後、その期待は裏切られる事なく初対面の日がやってきました。
待ち合わせ場所にやってきたのはスタイルのいい綺麗な女性、名前はメグミさんです。
アプリのプロフィールでは30歳との事でしたが年齢よりも若く見えました。もっと言えば事前に貰っていた写真よりも美人だとも思いました。
こんな綺麗な女性が僕のような非モテ男と会ってくれるなんて、と緊張とちょっとした不安もありましたがようやく女性と会えたという喜びの方が大きかったです。

簡単に挨拶を済ませて約束していたお店で食事をします。僕はあまり上手く話せなかったけれど、メグミさんは聞き上手で話し上手だったので、会話が途切れる事はありませんでした。

この日は週末の仕事終わり。お店を出たのは9時前で“この後どうしよう”などと言いながら当てもなく歩いていた時です。

「ねぇ、ホテル行かない?」

メグミさんからこう切り出されました。歩いて5分10分の所にはホテル街があります。僕だってほんの少しだけ期待はしていたけれど、初対面だし僕から誘う勇気もなかったし、良くてバーのような場所で少し飲んで解散かなと考えていただけに、まさか女性の方から誘って貰えるとは思いもよりませんでした。
もちろん僕に拒否する理由などなく、素直にメグミさんの誘いに乗りました。

ホテルに着くまでは平静を装っていたけれど心臓はバクバクです。何しろラブホに行くなんて大学生の頃に短期間いた彼女と行った以来。もう5年はそういう事もしていないので、エッチが出来る期待と上手く出来るだろうかという不安とあらゆる妄想が心の中で入り交じっています。

ラブホ選びも部屋選びも全てメグミさん任せでしたが、部屋に入った時には既にチンコが頭をもたげていました。

シャワーを浴びて、ベッドっでイチャイチャしてその後はエッチの流れかな…
こんなシミュレーションをしていたのですが、メグミさんからは予想外の言葉が飛び出しました。

「じゃあ早速だけど…コレに着替えてくれる?」
「えっ…?」

メグミさんがバッグの中から取り出したものは女性物のワンピース。しかもフリルが付いています。
僕は意味が分からず戸惑いました。

「最初に顔写真見て、女装が似合いそうだなと思ったから会ってみたんだけど」

どうして僕みたいな非モテ男と会ってもらえたのか、この一言で合点がいったような気がしました。
彼女は僕の顔写真を見て男として気に入ってくれたのではなく、女装が似合うと判断して会ってくれたわけです。もっとも、こんな風に言われるまで僕は女装が似合うなんて思った事も言われた事もなかったのですが。

あまりに唐突な話で戸惑い、答えられずにいるとメグミさんは残念そうな表情を浮かべて続けました。

「こういうのは嫌…?嫌ならこのまま帰るけど」
「あ、いや…大丈夫です」

先に言っておくと僕は女装には全く興味はなく、した事もなければやってみたいと思った事もありません。けれどここで拒否をすれば彼女は帰ってしまう、折角ラブホまで来たのにこのチャンスは逃したくないという思いで僕は彼女の要望に応じました。
これは女装に興味はないもののチャンスを逃してまで拒否するほど女装に対する抵抗もなかったとも言えるかもしれません。

僕はメグミさんに言われるがままワンピースに着替えました。
その後はただ、なすがままにメイクを施されていきます。最後にウィッグを被らされ、作業は終わったようでした。

「やっぱり!思った通り似合うわ!ほら、鏡で見てみて」

メグミさんは僕の姿を見て嬉しそうに声を上げました。そして鏡のある洗面所に促されます。

そこに映っていたのは…吉岡里帆でした。

ファンの人には怒られるかもしれないけれど、本当に一番最初の感想がそれだったのです。冴えない非モテの男だとは思えない変わりっぷりに自分でも驚きです。

「どう?可愛く変身したでしょう?」
「はい…」

驚きと同時に変な感覚でもありました。自分なのに自分じゃない、自分は一体誰なんだ、そんな感じです。

「じゃあ始めようか」

と言うと、メグミさんは次にベッドへ向かいます。いよいよだ、と思いました。メイクをされている時はもしかしたらこのまま女装だけさせられて終わるのでは?と思いましたが、再び期待が膨らみます。同時に下半身の方も膨らみました。

ベッドに腰掛けるとメグミさんもその隣に座ります。そしてワンピースの上から股間を撫で始めました。

「女の子なのにこんなに大きなオチンチンが付いてるなんてすごくいやらしいね…?」

メグミさんはイタズラっぽく笑いからかうように僕を見つめました。そう言われると僕は今女装しているのだと改めて思い知らされ、一気に羞恥心がこみ上げてきます。

「恥ずかしいです…」
「恥ずかしいのにこんなに大きくしちゃうの?なんで?」
「それは…」

恥ずかしくて勃起したわけじゃなくて、この先のエロい事を期待して勃起したわけですが、こんな心情を言葉にする余裕はありませんでした。

「ワンピースの下はどうなってるのかなぁ?」

メグミさんはワンピースの裾を捲ります。

「男の下着は必要ないよね」

パンツを剥ぎ取られ、チンコは露わに。着ている服は女性物なのに下半身にはチンコというミスマッチさにまた恥ずかしさを覚えました。

「やっぱり下着脱いだ方がエロいね」

メグミさんはそう言って僕のチンコを扱き始めました。突然与えられる性感に思わず掠れた声が漏れます。

「気持ちイイの?」
「はい…」
「どこが?」
「…チンコです」
「チンコじゃなくてペニクリって言うんだよ?」

初めて聞く言葉に“ペニクリって何だろう?”と疑問に思いましたが、深く考えるよりも快感の方が強すぎてそんな事はすぐにどうでもよくなりました。

「こうするともっと気持ちよくなるかなぁ…?」

メグミさんは僕のチンコ、もといペニクリに唾を垂らすとさらに激しく擦り上げます。

「あっああぁ…」

これまでとは比べものにならないダイレクトな快感に喘いでしまった僕。
メグミさんはそんな僕を面白がるように“そんなにイイんだ?”と言いながらピストンを繰り返します。

「その顔、すごく可愛い」
「もっといやらしい声出して」
「イキそうになったら教えてね」

僕の顔を見ながら緩急付けて扱き続けるメグミさん。オナニーとは違う女性の手の感触に早々にイキそうになる僕。

「あ…もう…イキそう…」
「イキそう?“ペニクリでイッちゃう”って言いながらイッみて?」
「…はぁ…あぁ…ペニクリでイッちゃう…!!!」

振り返ると恥ずかしいセリフですがこの時はそんな事を考える余裕もなく、条件反射で発しながらイッてしまいました。

結局この日は僕がメグミさんの手で射精をしたところでお開きに。理想はエッチ出来る事だったけれど、もう何年も女性とそういう事をしていない僕にとっては手コキだけでも充分満足でした。

メグミさんとはこの後、1,2週間に1度のペースで会って女装プレイをする間柄となりました。
僕自身は女装に興味なんてなかったけれど、非モテ男が女装で吉岡里帆のような美人に変身できる事に驚きと感動を覚えたのは事実です。何より、初回と同じく女装する事でエッチな事をしてもらえるなら拒否する理由はありませんでした。

女装プレイは回数を重ねる毎に本格的になっていきました。服だけでなく女性物の下着を着けたり、女性らしい口調で話をしたり。
大きな鏡の前で自身の女装姿を見ながら、乳首とペニクリを弄られるようにもなりました。意識は僕なのに鏡に映るのは女性で、しかもその女性が痴態を晒しているという状況は何とも妙な感覚で、でも官能的で、僕は自分自身の姿に興奮を覚えてしまう程にもなりました。

こういった関係が2ヶ月ほど続いた頃です。

「今日は良いモノを持ってきたの」

ラブホで女装が完成した僕にメグミさんは楽しそうに言いました。
そしてバッグから取り出したのは、小さな玉がいくつか連なった棒状のもの。一目見て大人の玩具だと分かりました。実際に使った事はないけれどエロ動画では見た事はあったからです。

「ほら、四つん這いになって」

メグミさんに促され、僕はベッドでその体勢を取ります。緊張はしましたし多少の不安はありましたが、これまでメグミさんから与えられるのは快感と興奮だったので、信用もしていました。

「まずはローションを塗るわね」

という言葉と共に冷たくぬるっとしたものが尻に塗られました。

「ゆっくり息を吐いて」

僕は言われるがまま息を吐き出します。それと同時に硬いものが尻の中に入ってきました。
穴が押し広げられたかと思うとすぐに閉じ、また押し広げられるというのが何度か続き、それに伴い直腸に何かが詰まっている感覚が生まれます。痛くはないけれど圧迫感があり変な感触でした。

「痛くない?」
「はい…」
「じゃあ今度は抜くわね」

すると今度は中に入っていたものが一気に引き抜かれます。綺麗な表現ではないけれど、まさに細長いウンコを出したような感覚を覚えました。

「次は何度か続けるから力を抜いてリラックスしてね」

そう言うとメグミさんは玩具を抜き差しし始めました。
圧迫感と便意の繰り返しは違和感でしかなく、リラックスと言われてもどうしていいのか分かりません。

「女の子なら穴で気持ちよくなれるでしょ?」
「ほら、ちゃんと女の子らしくエッチな声を出して」

僕はメグミさんに言われた通り、女の子のように声を出してみます。この頃にはもう女性として喘ぐ事を仕込まれていたのです。

すると変化がありました。それまでは気持ちよさを全く感じなかったのに、喘ぐ事で尻の穴がムズムズするような感覚を覚えたのです。今考えると声を出した事でアナル周りの筋肉が緩んだ、そしてこれがメグミさんの言うリラックスだったのだと思います。

ムズムズする感覚は少しずつ気持ちよくなり、ついには自ら腰を振ってしまう程の快感に。

「気持ちよくなってきたの?」

メグミさんの問いかけに頷くと、同時に乳首も弄られます。

「あぁ…んっ…!」

乳首のくすぐったいような疼きとアナルの快感に僕は思わず甘い声を漏らしてしまいました。

「すごく可愛い声、本当に女の子みたいだね」

メグミさんの声から彼女も楽しんでいるのが伝わります。でも僕はこの時、少しだけ不満がありました。それは股間には一切触れてもらえなかった事です。
乳首もアナルも気持ちよかったけれど、股間を触れてもらえない事にはイケませんでした。

「メグミさん…」
「なぁに?どうしたの?」
「あの…下も触ってください」
「下ってどこ?」
「…ペニクリです」

僕は思いきってメグミさんにお願いをしました。

「じゃあ触りたくなるようにおねだりしてくれる?」
「…女の子なのに大きくて恥ずかしい私のペニクリを触ってください…」

僕はこれまでのメグミさんとの女装プレイでもうこんな事まで言えてしまうように躾けられていました。恥ずかしいけれど、それさえも心地よくなってしまいます。

メグミさんの手がペニクリに触れました。ようやくイカせてもらえる、期待で硬さが増すのが分かります。

「ペニクリも乳首もアナルマンコも気持ちイイなんて本当にいやらしい女の子になったね?」
「イク時はちゃんと声出してイクんだよ?」

メグミさんの手がピストンし始めます。もう片方の手ではずっとアナルの玩具を抜き差しされていて、前と後ろを揉みくちゃに犯されているような思いでした。

「あぁ…はぁ…イイ…気持ちイイ…」

今まで味わった事のない快感に気が触れてしまいそうで。

「んっあ…もう…イキそう…あぁ…イク…ペニクリでイッちゃうぅぅ…!!」

僕は射精と同時に腰が砕けてその場に突っ伏してしまいました。

「穴でも感じちゃうなんて、これでますます女の子に近づいたね」

快感の余韻に浸っている僕を見ながらメグミさんは嬉しそうに囁いたのでした。

お尻の穴に快感を見出した僕はこの後さらなるアナル開発をされる事になります。玩具の大きさは徐々に太くなり、前立腺を責められメスイキまで覚えてしまいました。

そして今では――

「んっ…ぁはぁ…んんっ…イイ…」

四つん這いになった僕はメグミさんの腰に装着されたペニバンで犯されます。

「何がイイの?」
「おちんちん…メグミさんのおちんちんが気持ちイイです…」
「おちんちんでどうされたい?」
「もっと…もっと深く突いて…おちんちんもっと欲しいよぉ…」
「自分からおちんちんを欲しがるなんてどうしようもない淫乱な女の子ね」

そう言いながらメグミさんはペニバンを深くまで穿ちます。

「あぁ…っ!!!スゴ…い…イイ…んっ…」

激しくピストンを繰り返したかと思うと、今度は大きなストロークを描いてゆっくりと抜き差しをしたりと、メグミさんの巧みな腰遣いに僕は我を失うほど夢中になってしまいます。

「今日は穴だけでイケそうね?」

メグミさんはアナルの中の気持ちいい箇所を重点的に擦るように腰を動かします。それをされると僕はますますおかしくなってしまって。

「あぁっ…やぁ…それ…イイ…気持ちイイよぉ…」
「あーもうダメ…イッちゃう…私、アナルマンコでイッちゃうよぉ…!!!」

自らも腰を振りながら快楽に溺れ、やがて奥から湧き起こるような絶頂の快感に身を委ねてイキ果てるのでした。

メグミさんと知り合わなければ女装を体験する事もなかったし、アナル快感を覚える事もありませんでした。
彼女と知り合う前の僕なら今の僕の状況を恥ずかしい、情けない、こんな変態にはなりたくない、と思っていたかもしれません。
けれど今の僕は彼女と出会った事を後悔はしていません。何より彼女と出会わなければずっと女性に縁がなかったかもしれないからです。それに最初は一切興味のなかった女装も楽しいと思えるようになってきたし、アナルの快感は射精の快感よりも気持ちいいと感じるようになってきました。
最近では仕事中も女性用の下着を身に着けたり、メグミさんと会う予定のない休日でもアナルオナニーをしてしまうまでになりました。

一般的な恋愛、男女関係とは言えないかもしれないけれど、僕は今の状況に満足しています。

女装子デビューはこちら

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました