男の潮吹きは究極の快感!その体験の一部始終を暴露!

M男調教体験談・告白

痴女に体をオモチャにされてイカされまくりたい。

という願望をずっと持っていて自分でもMだと自覚していました。けれど実際にそういったプレイを経験した事はなく、エロ漫画や動画を見て妄想を膨らませていたというのが実際のところです。

そんな僕が念願の痴女プレイを経験できたのはヨウコさんとの出会いがきっかけでした。そして彼女との痴女プレイの中で、男の潮吹きを体験する事となったのです。


ヨウコさんとはアプリで知り合って数日後に初対面。25歳の僕より8歳年上でしたが、綺麗な見た目もあり全く年齢差は感じられませんでした。

彼女は男性に性的なイタズラをして反応を見るのが好き、僕はイタズラされたい、という事で意気投合していたのでその日のうちにそういう関係に。

僕は言われるがままベッドで仰向けとなり、彼女の愛撫に身を委ねました。
彼女の指や舌、唇が僕の敏感な箇所に触れるたびにいやらしい声が漏れてしまいます。恥ずかしい…と思っていたけれど、彼女はそんな僕の反応を楽しんでいるようでした。
気分が乗った彼女は僕のチンコをイキそうになる寸前までしごいては止めを繰り返し、意地悪に焦らします。そして最終的には僕が切実な声で懇願してようやく射精させてもらえたのでした。

今まで漫画や動画で見て憧れていた痴女プレイは思っていた通りの、いやそれ以上の快感でした。もちろん寸止めで焦らされている時はもどかしくて辛いけれど、それを乗り越え射精させてもらえた時の性感は普通のセックスやオナニーとは比べものにならない程。それになにより、綺麗なお姉さんにエッチに責められるというシチュエーションにMの僕としては興奮を覚えたのです。

ヨウコさんはヨウコさんで、感じやすく反応がいい僕の事を気に入ってくれたようで、その後も定期的に会って痴女プレイを楽しむ関係となりました。

そんなある日の事です。

「今日はこれを使ってみたいの。いい?」

そう言ってヨウコさんがバッグから取り出したのは拘束具でした。
初対面からいきなり手足を拘束されるのは不安ですが、彼女とはもうそれなりに関係を重ねているので、特に気がかりもなく二つ返事で了承しました。むしろ今日はどんな風に責められるのだろう、と楽しみでもありました。

僕はいつものようにベッドに寝かされます。そして右手と右足、左手と左足をそれぞれまとめるように拘束されました。必然的に両足が開脚状態という恥ずかしい体勢となったのですが、その羞恥心もまた僕にとっては興奮要素の一つでした。

折角だから、と目隠しまでされ一瞬にして視界が真っ暗になりました。
感じるのは彼女の声や息づかい。そして僕の肌に触れる感触だけ。いつもと同じような愛撫も視覚が奪われているせいか敏感になってしまいます。

首筋に触れる唇が、鎖骨を這う舌が、乳首を弄ぶ指が、その全てに僕は過剰に反応し、いつも以上に体をくねらせながら喘いでしまいます。

「手足拘束されて目隠ししただけでこんなに感じちゃうなんていやらしい体だね」

耳元で囁く彼女の声はとても楽しそうでした。

当然僕の股間も反応しないわけがありません。目では確認できませんが、チンコの先までパンパンに膨らみ、反り返っているのが分かります。先端から垂れる我慢汁が腹に垂れ落ちる、そんな感覚もありました。

早くチンコも触ってほしい…

自然と腰が揺れ始めます。

「腰振ってどうしたの?」

下半身の動きに気付いた彼女は意地悪く僕に聞きます。

「…チンコも触ってほしいです」
「じゃあ、触りたくなるようにお願いしてみて?」
「…ヨウコさん…僕のいやらしい勃起チンコを可愛がってください…!」

「こんなに我慢汁を滴らせて、本当にいやらしい勃起チンコだね」

ヨウコさんはそう言うと亀頭の先端に何か硬いものを押し当てました。その時です。

「んぁっ…!あぁぁっ…!!」

強烈な振動を亀頭に感じました。同時に痺れるような疼きに襲われ、僕は声を上げずにはいられませんでした。

「可愛い反応だね、そんなに気持ちイイの?」
「ぁは…んっ…イイです…めちゃくちゃ気持ちイイ…」

この刺激の正体はきっとローターのような玩具だな、と悟りました。今まで使われた事はなく、今回が初体験。玩具ってこんなに快感なのだと実感した瞬間でした。

ローターは亀頭の先端から裏筋へ、その後カリを一周してまた先端へとチンコの中でも特に敏感な場所ばかり這い回ります。そのたびに僕は身を捩らせ、喘ぎ悶えてしまいました。
けれど亀頭周辺のみの刺激ではイク事はできません。次第にもどかしい気持ちが募ってきます。

「ヨウコさん…竿もしごいて…イカせてください…」

僕は玩具での焦らし責めを楽しむヨウコさんに懇願しました。とはいえこれまで一度の懇願ではすぐにイカせてもらえなかったので、しばらく焦らし責めに耐える覚悟はしていたのですが、この日は違いました。

「そんなにイキたいの?仕方ないなぁ」

と言い、思いの外早く手コキで射精させてもらえたのです。もしかしたら寸止めされるのでは?とも思っていただけに少し拍子抜けでもありました。

けれど、彼女にとっての本番はここからだったのです。

僕は目隠しを外されました。真っ暗な世界からようやく抜け出せた開放感と射精後の達成感で妙な爽快感がありました。けれど手足の拘束は解かれないまま。その理由がこの後すぐに分かります。

「今度はしっかりと顔の表情も見せてもらうわね」

彼女はそう言うと、さっき使っていたであろうローターを亀頭に押し当てがったのです。

「ひぃっ…くっ…!!」

思わず顔をしかめ、身を捩らせながら悶えてしまいました。射精したばかりのチンコにローターの刺激はあまりに強烈過ぎたのです。
快感ではなく苦痛が僕を襲います。ジンジンと痺れるような、痛みではないけれど本能的に触らないで欲しいと逃げてしまいたくなるような強烈な刺激です。
けれど僕の手足は拘束されているのでそれは叶いません。

「いや…ちょっと、痛いというかジンジンするのでやめてください…」
「だからいいのよ。そのうち気持ちよくなってくるから大丈夫」

苦痛を訴えたものの彼女には聞き入れてもらえず、僕はただただその刺激に耐えるしかありませんでした。
耐えがたい苦痛的な刺激に思わず足の指にまで力が入ります。自然と涙が溢れ、歯を食いしばりながら我慢しなければならないのがとても辛かったです。

けれどしばらくするとその刺激が落ち着いてきました。気持ちイイとは言えないけれど、精神的にも肉体的にも余裕が出てきたような感じです。

「ちょっと慣れてきたかな?」

そんな僕の反応に気付いたのか彼女はローターを離すと、そこへ唾液を垂らし今度は手で亀頭だけを扱き始めました。

「はぁ…っん…!!」

ローターとは違う刺激に僕はまた身悶えます。
亀頭を搾るように握って激しく扱いたり、手のひらで先端を撫で回したり、指で緩く輪を作り、カリをくすぐるように擦ったり…あらゆる方法で亀頭を弄ばれ、僕は気が狂いそうなほど悶絶しました。

そんな僕を彼女は心底楽しそうに責め抜きます。
さっきまで亀頭責めに使っていたローターは乳首に押し当てられ、恥ずかしいくらいエロい声が漏れてしまいます。

「ホント、可愛い…」

と言って満足そうに笑う彼女は生粋のSなのだろうとこの時初めて実感しました。

“そのうち気持ちよくなってくる”

ヨウコさんのこの言葉が本当だと感じ始めたのは手での亀頭責めが始まって少ししてからの事でした。

亀頭で感じる強烈な刺激と同時にチンコの根元のさらに奥の辺りで僅かに疼きを覚えたのです。乳首責めもされているせいでもあるかもしれないですが、この時ようやく苦痛だけではなく快感の端緒を掴んだような思いがしました。

僕はその端緒を逃さないように、またたぐり寄せるように、僅かに得た快感だけに意識を集中させました。
それからです。疼きはさらに強くなり、やがて苦痛と快感が入り交じり、ついには苦痛を塗りつぶすように快感が押し寄せました。

チンコも再び勃起し、二度目の射精もできそうです。けれど僕が再度射精できるかどうかは彼女の裁量にかかっています。
今だって彼女は僕の亀頭だけを責めています。亀頭のみの刺激ではイクにイケません。

「ヨウコさん…竿もしごいて…?」
「えー、どうしようかなー?」

思い切って彼女に打診してみたけれどその答えからまだまだしばらくはイカせてもらえないと察しました。

そうする間も下半身の奥の疼きは止まりません。ローターによる乳首への刺激も相まって、甘く痺れるような疼きはますます強くなります。また、早くイキたいという思いが体を刺激するのか、ヒクヒクと体内の筋肉が痙攣し始めました。

そんな時です。急にオシッコが出そうな感覚を覚えました。オシッコがしたいというわけではないのに尿道にオシッコがある、そんな感じす。今まで味わった事がない感覚でした。
しかもそれは体内の疼きと痙攣に合わせてせり上がってくるようです。咄嗟に尿道を締めるようにして耐えます。

「あぁ…何か出そう…」
「何か出そうなの?我慢せずに出していいよ」

彼女はそう言うと亀頭を弄る手がさらに激しくなりました。

「あぁ…!!」

もうダメでした。オシッコが出てくる衝動に身を委ねたらイケそうな気がして…僕は尿道の力を緩めました。

その直後です。チンコから脊髄、そして脳天へと駆け上るような強烈な快感と共に“何か”を撒き散らしてしまいました。

「…っ!!!」

射精のようにも思いましたが金玉からドクドクと搾り出てくるような特有の射精感はなく、かといってオシッコほどジョロジョロと大量に出てくるわけもありません。
例えるなら水鉄砲で水を勢いよく噴射させるようなイメージと感覚。
もちろん噴射した瞬間はここまで冷静に分析できたはずもなく、直感的に“何か出た…!”と感じたのです。

そして快感は“何か”を噴射した後にも続きます。腰が蕩け崩れるような甘い疼きに浮遊感。乳首まで痛いほどに硬く張り詰めました。下腹部の奥は断続的に痙攣し、そのたびに“あぁ…まだイキたい、イキ足りない…”といった感情に襲われます。

「たくさん潮吹きしちゃったね」

ヨウコさんにそう言われて、これが潮吹きなのだと知りました。男の潮吹きというのは聞いた事があったけれど、ここまで気持ちイイだなんて…
まさに“究極の快感”こんな言葉がピッタリだと思いました。

「まだチンチンが立ったままだけどどうする?」
「イキたい…もっとイキたいです。イカせて…?」

僕は縋るように懇願しました。ここまで性感を求めたのは初めてです。潮吹きさせられてチンコも頭もおかしくなったのか、ただひたすら快楽を、淫欲を貪りたい…と発情が止まりません。

ヨウコさんはそんな僕を興味深いオモチャを見るような目で見つめながらまたチンコへ手を伸ばしました。
そしてこの日は一晩中、チンコを弄ばれ淫欲のままにイキ狂ってしまうのでした。

S女性と出会いにオススメコミュ

★オススメ★最新痴女との出会いサイト

SMバナー
痴女に金玉すっからかんになるまでザーメン搾りとられてみませんか?
SMの経験は一切必要無し!とにかくアナタの体一つで痴女との素敵な時間が過ごせます!
M男調教体験談・告白
be-my-slaveをフォローする
女王様とお呼び!

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました