【即日即ハメ!】可愛いからナンパして犯しちゃった痴女の赤裸々体験談

M男調教体験談・告白

「っ…そんなに締めないで…すぐ出そう…」
「あっ…はぁ…無理…気持ちよくて締まっちゃう…」
「あぁ…もう…出るよ…」
「うん…出して…中にいっぱい出して…」

私は彼の腰上に跨がり夢中で腰を振る。今にも爆ぜてしまいそうな彼の昂ぶりが快感で強く締め付けてしまう私。
眉根を寄せ、余裕のなさそうな彼の表情に私の淫欲は掻き立てられ、絶頂寸前の彼を頂きへと誘うべくさらに激しく腰を揺らす。

「っく…」

小さく呻いた後、私の中に吐精し全体重をベッドに委ねる彼。
一回戦は早々に終わったけれど、私達の秘め事はまだ始まったばかり――

これは私が街中で逆ナンした男子大学生を痴女セックスに誘った時の話です。

その日、私は退屈な休日を過ごしていました。
家にこもっているのももったいない気がするし、とりあえず街でショッピングでもしようかと思い出てきたけれど大して欲しいものもない。当てもなくブラブラしていたものの、少し歩き疲れたのでお茶がてら休憩を、と思い入ったカフェで出会ったのが彼でした。

たまたま座ったテーブルの隣の席にいた彼。参考書とノートを広げ、何やら勉強しているようです。
いや、“たまたま”と書いたけれど正確には店内を見渡して空席と共に私好みの若い男子を無意識にチェックしていました。そこで目に留まったのが彼とその隣の空席。私は反射的にその空席に向かったというのが事実です。

男性だって同じ空席ならおじさんの隣より若い女性の隣に座りたくなりますよね?“よし、女性の隣に座ろう!”と思ってなくても、体が反射的に女性の隣へ向かう事ってありませんか?それと同じです。

顔も私好みだったら嬉しいなとチラッと顔を見てみると思った以上に私のタイプ。目は二重で綺麗に整ったEラインの横顔、時折考えこむようなその表情も可愛くて思わずじっと見とれてしまいました。そして同時に彼に声を掛けて仲良くなってみたいという気持ちが沸き起こりました。
私、いいなと思った男性には積極的に声をかけて落としたくなるタイプなんです。

そんな私の視線に気付いたのか彼がこちらを向きます。私はすかさず視線を逸らしました。それは気まずかったから、というわけではありません。
無言で見つめ続ける女なんてやっぱり不気味じゃないですか。そんな印象を与えたくはなかったからです。

クラブやバーなら声を掛けるのなんて大して難しくないのですが、ここは昼間のカフェ。どうやってきっかけを作ろうかと考えていた時、彼の読んでいた参考書の内容が目に留まりました。

“FP技能士テキスト”

どうやら彼はファイナンシャルプランナーの資格勉強をしているようです。これはラッキーと思いました。というのも私自身、金融関係の仕事をしていて専門分野だったからです。

「ファイナンシャルプランナーの勉強ですか?」
「えっ?あ、はい…」

この状況で自然に話しかけるならこの話題しかない、私は声をかけてみました。とはいえまさか話しかけられるとは思っていなかったのでしょう、彼は驚きと戸惑いの表情でこちらを見つめます。

「私、こういう仕事してるんですけど…」

と、名刺を差し出しました。どんな時でも人との出会いが日Jネスチャンスに繋がる事があるので、休日でも名刺は持ち歩くようにしています。
ナンパで使うのは初めてだったけれど、それを見た彼の表情が少し緩みました。私の素性が分かったのと声を掛けられた理由が繋がったからでしょうか。名刺作戦は功を奏しました。

「今日、友達と約束してたんですけどすっぽかされて予定が空いちゃって。しばらくここにいるから、分からない所があれば何でも聞いてくださいね」

これも何かの縁だから、と私は勉強の手助けを申し出ました。
ちなみに約束をすっぽかされたと嘘を吐いたのは正統な理由があって時間を持て余している事をアピールしたかったから。むやみに暇しているような女よりは信頼度があると思ったからです。

それだけ伝えると私は読書を始めました。
恋愛は待つ事も大切。ラインやメールだって返事がないからって何度も送ったら相手は引いてしまいますよね。今ここで何度も話しかけると“見知らぬ女にしつこく絡まれて怖い”という感情しか生まれないでしょう。
私は仕掛けられる罠を全て仕掛けました。後は彼が食いつくのを待つだけです。

とはいえもちろん計画通り食いついてもらえない可能性だってあり得ます。
けれど、今の所彼の中で私の存在は“たまたま隣に座った自分が勉強している分野に詳しい女”でしょう。ちょっと下衆な言い方をすると“利用できる価値のある女”でもあると思います。
彼にとっても私と親しくなるメリットはあるはずなのでもし今日上手く行かなくても、去り際に渡してある名刺の連絡先への連絡を促せばもうワンチャンスあるという計算もありました。

3日前に読み終えて鞄の中に入れっぱなしになっていた小説を再読しながら、横目で彼の動向をチェック。
上手く行かなかった時のシミュレーションもしていた私ですが、思ったよりもその時は早く訪れました。

「あの…ちょっといいですか?」

読書を始めて15分ほどで彼から声を掛けてきてくれたのです。

「ここがちょっと分からないんですけど…」
「ああ、これはね――」

一度彼から話しかけてくれればこっちのもの。声を掛けてくれたという事は少しは心を開いてくれたという事なので、勉強の手助けをしつつ一気に距離を縮めます。

一時間半後、勉強は一段落つきました。そろそろ帰るという彼を今度は本格的に誘います。

「よかったらこの後ご飯に付き合ってくれますか?友達と食べる予定がなくなってしまったから、一人じゃ寂しくて」

ここでもあのささやかな嘘が役に立ちました。彼からは“僕でよかったら”という返事。私は心の中でガッツポーズしました。

こうして私はたまたま見かけただけの自分好みの可愛い系男子を狙い通り食事に誘うところまでこぎ着けたのです。

お酒は飲めるというので私は立ち飲みスタイルのバルへ誘いました。何故かというと自然と肉体的な距離感を縮められるから。
普通のレストランや居酒屋だと対面に座るのが基本なので肌が触れ合う事はないですよね。けれど立ち飲みスタイルのお店だと隣り合って飲む形になるので肌が触れるのも違和感がありません。必然的に自然と肉体的な距離を縮められるのです。

最初は普通にお互いの身上を話します。
そこで分かった彼の事というと、名前はユウタ。21歳の大学生で地方から出てきた。彼女はいたけれど3か月前に別れた、将来は私と同じような金融関係の会社への就職を目指している、という事。
それだけにやはり自然と仕事や就職の話が中心になりました。

けれど私の目的はそういう話をする事ではありません。話の間もさりげなく彼の手に私の手を掠めたり、彼の腕に軽く肩を当ててみたりして反応を確かめます。
最初は咄嗟に手を引っ込めたり、少し離れて距離を開けたりする彼でしたが、お酒のせいもあるのか一時間もするとそういった反応は見られなくなりました。彼のパーソナルスペースが狭まった証です。
そこでようやく仕掛けます。私は彼の指に自分の指を絡めました。驚いた表情で私を見る彼。私は酔った風を装いつつ、さらに体を同士を密着させます。
もし脈がなければ何かしら拒否反応を示すはずです。けれど彼はそんな私の行動を咎める事なく受け入れてくれました。
確実にイケる。この時私は確信しました。

食事を済ませて店を出ます。
どちらからともなく繋がれる手。きっと彼もこの後の展開を期待しているはずです。

「この後どうしよっか…?」

そう言いつつホテル街のある方へ向かう私。

「どうしましょうか…」

質問を質問で返すあたり受け身な雰囲気が伝わります。より可愛さが引き立ちました。

「…ホテル、行く…?」

顔を覗き込みながら誘うと小さく頷く彼。恥ずかしそうにする仕草が私の心をくすぐります。

心なしか足早になる私達。ホテル街に着き、適当なホテルに入ると部屋を選んでエレベーターへ。
部屋まで我慢できなくて、彼の首へ手を添えると降ってくるキス。彼の股間に目をやるとズボンの上からでも分かるくらい張り詰めていて、彼も私を欲してくれているんだと嬉しくなります。

「一緒にシャワー浴びる…?」
「…はい」

部屋に入るとくつろぐ事もなく、すぐさまシャワーへ誘う私。彼も異存はないようでした。

「んっ…それ気持ちイイ…」
「ますます大きくなっちゃったね…」

一緒にシャワーを浴びながらボディソープで彼の体を洗ってあげます。特にチンチンは念入りに。ボディソープの泡と共に手でしごかれるのが気持ちいいのか私の手の中でさらに硬さを増す彼のチンチン。シャワーを浴びる前から勃起していたのに、ますます大きくなってお腹まで反り返ってしまいました。

「ねぇ…したい…」

切実な顔をした彼からの懇願。私の興奮も高まってきます。

浴室からベッドに移動すると彼を寝かせてフェラチオ開始。頬張りきれないほど大きくなった彼のものを舐めしゃぶると、ヒクヒクと反応して先端から我慢汁を溢れさせます。

ああ、私ももう欲しくなっちゃった…

前戯はそこそこに彼の腰の上へ跨る私。

「もう入れちゃうね…?」

私は彼のモノを自分のアソコへ突き立てるとそのまま腰を落としました。

「あぁ…すごい…イイ…」

ズブズブと彼のモノで胎内が満たされます。硬くて存在感のあるそれは想像以上に気持ちよくて。腰を動かすたびに私の中まで濡れてきて、いつの間にか夢中で彼のモノを欲してしまいました。

そうして一度目は最初に書いた通り、早々に終わってしまったのです。

なんとなく不完全燃焼。私はまだヤリ足りなくて射精後の彼のモノを名残惜しそうに弄びます。
最初は少しくすぐったそうにしていましたが、次第に硬さを増し始めるのを感じました。やっぱり若いだけあって回復も早いようです。

「まだできそう…?」
「うん…」

私は彼の股間に顔を埋めるとまたフェラチオから始めます。彼の精液と私の愛液が混じり合った少し酸っぱくてえぐみのある味。決して美味しいとは言えないものの、これが彼の味なんだと思うと、ドキドキしてしまいます。

まだ半立ち状態のそれを口に含み、根元から先端まで吸い舐めながら舌の先端で裏筋を刺激して…一度目よりも丁寧にフェラチオするとあっという間に大きくなりました。
さっきは私も我慢できなくてすぐに挿入したけれど、今度は余裕があります。少しイジワルしてみたい気持ちが出てきたのでフェラチオを止め、手で亀頭だけを弄り焦らしてみました。

「もうこんなに大きくなっちゃったね」
「他にも感じやすい場所ってあるのかな…?」

イタズラ心が抑えられない私は首筋に舌を這わせたり乳首弄りも追加します。

「あっはぁ…そこちょっと弱いです…」

乳首に触れると身を捩り喘ぐ彼。弱点を知った私は亀頭と共に乳首責めを始めました。

「はぁ…やぁ…なんかめっちゃ気持ちイイ…」
「あぁ…もうイキたい…イカせて…?」

目を潤ませながら懇願する彼の表情が最高に可愛くて、私の気持ちも最高に高揚してきます。

「どうやってイキたいの?」
「中に入れたい…」
「何をどこに入れたいのかなぁ?」
「…チンコをアソコに入れさせて…」

可愛い彼の口からチンコなんて言葉を聞くとますます興奮してしまって。私は再び彼の上に跨りました。

「あぁ…んっ…また入っちゃう…」

二回目も一回目に負けないくらい硬くて熱くて、私の中は彼のモノで満たされます。けれど今度はその感触を味わいたくて、角度を調整しながら私の中の気持ちイイ所に当たるようにゆっくりと腰を揺らします。

「んっあっ…ここイイ…」

ちょうどいい所にチンチンの先端が当たると、甘く痺れるような疼きがやってきて私は思わず声が漏れてしまいます。

「ねぇ…気持ちイイよぉ…ユウタ君も気持ちイイ…?」
「うん…」
「じゃあ、もっと気持ちよくなって…」

私は上体を倒すと、彼の乳首に吸い付きました。

「あっ…んんっ…!!」

舌でくすぐるとすぐに乳首は硬くなり、彼の口から喘ぎ声が漏れます。中のチンコもさらに大きくなりました。
絶えず腰を振りながら乳首に吸い付く私。徐々に喘ぐ声が荒くなる彼。そして段々と中の快感が高まりイキたくなる私。

「はぁ…なんかね、私…イキそうになってきた…」

気持ちイイ所に何度も擦り付けるように腰を振る私を見つめる彼の表情もまた余裕がなくて。とてつもない愛おしさを覚えてしまいます。

「一緒にいこ…?」

私は中を締め付けるとさらに腰のリズムを早めました。

「あっ…あっ…あっ…あぁ…やだぁ…もうダメ…イッちゃう…」
「僕も…」
「はぁ…やぁ…イク…あぁ…イク!イク!イク!…っ」
「っん…」

絶頂の波が一気に押し寄せ腰を振りながらイキ乱れる私。そしてその少し後に彼の迸る感触を膣内で感じたのでした。

私は彼の体の上に折り重なるようにして倒れ込みました。すぐに抜いてしまうのが名残惜しくて、そのままでいたら彼が
私を優しく抱きしめてくれます。
時折キスをしながら事後を楽しみます。最も心地よい時間でした。
けれどそうしている内に何だかまた性欲がこみ上げてきてしまって。私は目の前にあった彼の乳首を指でくすぐりながらけしかけます。

「私達、今日会ったばかりなのにこんな事しちゃうなんていやらしいよね」
「でもね、ユウタ君としたいって思ったら…我慢できなくなっちゃった…」

耳元で囁くと私の中で彼のモノが僅かに反応するのがわかります。

「ねぇ…もっとしてもいい…?」

中を締め付け、ゆっくりと腰を動かす私。

「えぇ…?でももうさすがに無理かも…」
「だけど…段々硬くなってるよ…?」

彼はためらいましたが体は性感に忠実のようで、腰を揺らすたびに硬さを増していきます。

「お願い…もっとちょうだい…?」
「…うん」

こうして三回戦に突入する私達。

私の中は二回分の精液でタプタプで、彼のモノをピストンさせるたびにヌチュヌチュといやらしい音が響きます。そんな音にもまた官能をくすぐられ、夢中で彼のチンチンを貪ってしまいます。
もう無理かも、なんて言っていた彼も段々その気になってきて自ら積極的に腰を突き上げてくるように。可愛い系男子な彼のオスっぽい面を垣間見て、私はますます彼を求め欲するのでした。

彼とはこの日ホテルに泊まり、翌朝もう一度セックス。
その後、定期的に会ってこういった関係を続けていましたが就職活動を機に一時疎遠に、けれど彼の就職後にまた関係が復活し、今も時々会って秘め事を楽しんでいます。

と、これが私の体験談です。女の方から男性をナンパして即日ホテルに連れ込むなんてあり得るのかって思われる人も多いかもしれないですが、私みたいな痴女系の女性って意外と多いんじゃないかなって思います。
だって、最近は草食系男子が増えていて男性から声を掛ける事が少なくなったって聞きますし。そうしたら逆に女性から声を掛けて自分好みの男性をゲットしたくなるって女性が増えてもおかしくないですよね。
でも、いくら痴女系の女だって脈があるかどうか分からない男性を狙うのは結構ハードルが高かったりするので、草食系男子の皆さんも多少は気のある素振りを態度や仕草で示してくださいね。そうされたら女性からも積極的にアプローチしやすいですから!

S女性と出会いにオススメコミュ

★オススメ★最新痴女との出会いサイト

SMバナー
痴女に金玉すっからかんになるまでザーメン搾りとられてみませんか?
SMの経験は一切必要無し!とにかくアナタの体一つで痴女との素敵な時間が過ごせます!
M男調教体験談・告白
be-my-slaveをフォローする
女王様とお呼び!

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました