おい、豚野郎と呼ばれる事に快楽を感じるようになった夫婦の異常愛

M男調教体験談・告白

僕は底なしのド変態マゾ男です。元々はどちらかというとMかなという程度だったのですが、SM倶楽部で女王様をしていた妻と結婚した事で完全なるドMに調教されてしまいました。
今回はそんな僕達の性生活をはじめとした夫婦生活をお話させていただきます。

「ねぇ、アンタまた太ったんじゃない?」

結婚して半年ほど経ったある日、妻からこんな指摘をされました。新婚の幸せ太りと言いたいところですが、残念ながらそんな甘い理由ではありません。
僕は食品メーカーに勤めており食べる事も仕事。20代こそ若さで何とかなりましたが、30を過ぎるとそうはいきません。段々体型がキープできなくなりました。
妻と知り合った20代後半はまだ人並みだったのが、結婚する頃にはややぽっちゃり。そして半年経った頃にこうした指摘を受けたのでした。

「いや、まあ…仕事で食うから仕方ないんだよ…」

妻からの冷ややかな視線を浴びながら言い訳をすると、妻は大きくため息を吐きます。

「じゃあ、アンタはこれから豚野郎ね」

こうして僕は結婚半年で妻から豚呼ばわりをされる事となったのです。

最初に書きましたが妻はSM倶楽部の女王様でした。といっても昼間は会社員として働き、夜は倶楽部でアルバイトという感じだったようですが。
僕はそんな妻の客だった、というわけではありません。出会いは互いに行き着けだったバーでした。
僕と同世代の男性マスターがいて、店内にはダーツ。週末にもなると20代30代を中心に常連客がやってきて飲み騒いだり、ダーツゲームをしたりと、比較的若い人向けのごく一般的なバーです。
僕も彼女もそのバーの常連だったので、顔を合わせる事があれば一緒に飲む事もあるし、ゲームを楽しむ事もありました。
ただの顔なじみから付き合う事になって結婚に至った経緯は長くなるので割愛しますが、最初に好意を寄せたのは僕の方です。
妻は僕より2つ年上でしたが、美人で明るい雰囲気に惹かれました。僕以外にも初見で妻に好意を抱いている男性は何人もいましたが、彼女は根っからのS。性格や物言いがキツいのでしばらくすると男性の方から距離を置いていく事が多かったように思います。
端的に言えば妻は生粋のS女で僕はMっ気のある男。そんな性格的相性がよかったのでしょう。少なくとも僕は妻の容姿だけでなく、Sっ気のある性格や物言いも嫌いではありませんでした。

ちなみに付き合う前、“いい男と出会いたい”と言う妻に“出会いなんてお店でいっぱいあるんじゃないの?”と聞いた事がありましたが“はぁ?バカじゃないの?店の客と付き合うわけないでしょ、気持ち悪い”と叱られました。
どうやら客というだけで恋愛対象外だったようで、だからこそお店とは無関係な僕が彼女のお眼鏡に適ったのかなとも思います。

彼女と付き合い始める事になってドキドキしたのはやっぱり肉体関係を持つ時です。
当時、彼女はまだSM倶楽部で女王様をやっていたので、やっぱりSMプレイで責められるのではないかと少し不安もありました。
けれど彼女との性行為は意外にも普通。縛られたり鞭で叩かれたりするようなプレイはありませんでした。Sっぽいところと言えば、ちょっとした言葉責めや騎乗位でのセックス、クンニのお願いくらいでMっ気のある僕にとっては最高のシチュエーションだったのです。
ちなみにそれとなく聞いてみたところ“SMは仕事だけで充分”という答えが返ってきました。

美人で性格もMの僕にとっては心地よくセックスは最高。僕自身、次に付き合う相手とは結婚を考えようと思っていたので付き合って数ヶ月後には結婚を申し込みました。
彼女は最初、自分は結婚に向いていないと難色を示していましたがそれでも猛アプローチをして一年後に結婚する事に。

僕にとっては美人妻を手に入れた喜びでいっぱいだったのですが、半年後には豚野郎に格下げです。
自分はMっ気があるとは言えさすがに戸惑いました。今まで女王様の片鱗は見えていたとは言え、普通のカップルとほとんど変わらない生活を送っていたと思っています。なのにある日突然豚扱いなのですから。

豚野郎に格下げされてから僕達の性生活は一変しました。まず、普通のセックスはさせてもらえなくなりました。

「豚とセックスする人間なんてどこにいるの?」

これが妻の言い分です。

「でもアンタは一応人間の形をしているから奉仕くらいはさせてあげる」

そうして僕はクンニ奉仕の豚奴隷にさせてしまったのです。
クンニは嫌いな方ではなかったですが、そればかりさせられるでは僕の性欲は満たされません。

「僕も気持ちよくなりたい」
「豚の分際で厚かましいね」

僕の懇願は一蹴されました。けれど妻は少しの間何かを考えるような仕草を見せてからクローゼットに向かいました。
そこから取り出してきたのは大人の玩具。結婚を機にSM倶楽部勤めは辞めた妻ですが、当時の道具はまだ持っていたようです。

「よく考えたら豚なのに尻尾がないのはおかしいよね」

と言って、四つん這いにさせられた僕のアナルへブスリと挿入されました。

「あぅっ…!」

細めのアナル専用バイブだったのとローションが塗られていたので痛みはなかったものの、本来ウンコを出す穴に玩具を挿入されるのは異物感が半端ありません。肛門に硬いウンコが挟まっている、そんな感覚です。

「やっぱり豚野郎にはお似合いだね」
「あぁぁっ…!」

妻は笑いながら言うと、バイブをズボズボとピストンさせます。僕は思わず声を上げてしまいました。
痛みはないけれど気持ち悪くて、でも慣れてくるとちょっとクセになってきて…

「自分から腰振ってどうしたの?」
「何かちょっと気持ちよくなってきた…」
「ウンコの穴で気持ちよくなるなんてどうしようもない変態豚野郎だね」

ああ…僕はウンコする穴で感じてしまっている変態豚野郎…そう実感すると惨めで情けなくて。でもそんな風に罵られる事に高揚感を覚える自分もいました。
確かに僕は妻のSっぽい振る舞いや口調は嫌いではないですが、それはあくまで性格面での話です。こんな風に性的に興奮するという感覚は初めてでした。

「お尻が気持ちよくてチンコまで立っちゃったの?ホント、変態だね」

もっと気持ちよくなりたい…そんな思いが僕の股間を反応させてしまったようです。チンコは膨張し、我慢汁を滴らせていました。

「我慢汁まで垂れてるよ?どうしてほしい?」
「セックスしたい…」
「はぁ?」
「いっ…!!」

さっきと打って変わり妻が優しく囁きます。その声に甘え、僕は本音を口にしました。
すると途端に妻の口調が厳しいものに戻り、同時に思いっきり乳首を抓られました。

「豚とセックスする人間なんていないって言ったでしょ?」
「でもイキたい…チンコ触って…?」

同じ事を何度も言わせるなと叱られましたが、僕は食い下がりました。セックスは無理でも触ってほしい…心からの懇願です。

「それがお願いする態度?私がその気になるように丁寧に懇願しなさいよ」
「お願いです…僕の変態チンコを触ってイカせてください…」

僕はイキたい一心で情けなくも哀願しました。

「仕方ないなぁ」

妻はそう言って僕のチンコにようやく触れてくれました。妻の温かく柔らかい手がチンコに絡みつきます。それだけでますますチンコは硬くなりました。

妻が僕のチンコを扱き始めます。溢れた我慢汁を亀頭から全体に塗り付けるようにしながら扱かれ、チュクチュクといやらしい音が響きます。我慢汁のヌメリも気持ちよくて、一気に昂ぶりへと上り詰めてしまいそうでした。

「なんか乳搾りみたいだね」

僕はアナルに“尻尾”を挿入されたまま四つん這いの状態でチンコを扱かれています。確かに妻から見ると乳搾りに見えるかもしれません。

「そういえばどうして豚の乳って誰も飲まないのか知ってる?」

妻は僕に話しかけてきますが、僕は絶頂を求めるのに必死でそれどころではありません。言葉にはならず首だけを横に振りました。

「美味しくないらしいよ。豚乳は豚しか飲まないんだって」
「アンタのミルクはどんな味がするのかなぁ?」

僕のチンコを扱く妻の手がスピードを増しました。一番気持ちいいカリ部分を擦るように扱かれあっという間に射精感が高まってきます。

「あっ…イク…イキそう…」

僕は間もなく射精してしまいました。

「たくさん出たね」

僕の精液は妻のもう片方の手で受け止められています。確かに濃厚な白濁液が妻の手から零れそうなほど湛えられていました。

「ほら」
「…??」

手のひらで受け止めた精液を目の前に突き出されます。僕は意味が分かりませんでした。

「飲んで」
「えっ…?」
「豚が出したミルクなんだから豚が飲むのは当然でしょ?」

豚乳は豚しか飲まないってさっき言ったでしょ、と口元に差し出されます。とてつもなく嫌でしたが、妻の圧力に負けた僕は口を開けました。

生暖かい濃厚な液体が口内へ流れ込み、しょっぱいような苦いようなえぐみが口いっぱいに広がります。そして口の中が膜を張ったようになりました。

「どう?」
「マズい…」
「あはは、そうだよね。豚乳だもんね」

僕のしかめっ面を見ながら楽しそうに笑う妻。この時僕は妻の本当のサディスティック性を実感したのです。

豚野郎に格下げとなってからはこのようなSM調教が日常となりました。
アナルはチンコサイズの太さの物が入るまでに拡張されてしまったし、前立腺も開発されてしまいました。乳首を抓られると痛いけれど気持ちいい…と感じてしまっている自分もいます。
他にも今まで使われた事がなかった鞭や縄が使われる事だってありますし、“豚はきれい好きって言うでしょ”と陰毛まで剃られる始末です。
当然ですが、挿入セックスは完全になくなりました。

妻は以前“SMは仕事だけで充分”と言っていたし、自分に矛先が向く事はないと思っていたのですが、よくよく考えれば結婚を機にSM倶楽部を辞めています。仕事でSMを楽しめなくなったから僕を相手に嗜虐心を満たすという事は充分にあり得たのです。
そのきっかけが僕が太ったという事であって、きっと僕が太らなくたって何かしら理由を付けてSM調教をされていた事でしょう。

こんな妻との性生活を話すと、大抵の人はその結婚は失敗だったね、と思うかもしれません。僕も豚野郎扱いをされた当初はそういった考えがよぎった事がないわけではありません。
けれど僕はMっ気のある男です。いや、ドMの可能性を秘めていた男と言った方がいいかもしれません。妻から与えられる被虐の数々に戸惑いながらも受け入れ、そして性的快感にまでなってしまっています。
もっともっと、辱めを受け、罵倒され、支配されたいと願う僕さえいるのです。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました