ギャル痴女のターゲットになった包茎チンポデブマゾの末路

M男調教体験談・告白

キモマゾ野郎募集 覚悟のある奴だけ立候補してね”

SNSでこんな投稿を見つけた僕はすぐさまメッセージを送りました。

“立候補します。キモくてデブでマゾです。覚悟はあるので徹底的に調教してください”

これがユリナさんとの出会いのきっかけです。

僕は毎日のように若い女の子にチンコや体を踏みつけられたり、言葉で詰られるのを想像しながらオナニーするような変態マゾ男です。
けれど僕の変態願望を叶えてくれるような女の子はそうそういませんし、そもそも僕はデブのキモメンなので普通に女の子との出会いすらままなりません。もっといえば童貞です。

なので僕はこういった投稿を見つけてはアプローチを続けていました。
とはいえ、今まで成功した事はありません。大抵は返事なんてこないし、会う約束をしたってすっぽかしは当たり前。実際に目印にと赤いバラを持たされ2時間も待たされたり、待ち合わせ場所に行くと僕のように呼び出されたであろう男性が何人もいた事もありました。
その他にもようやく女性と会えたと思ったらネットワークビジネスの勧誘だったり、時には後から男性が出てきたり。この時ばかりは急いで人気のあるところまで逃げて難を逃れました。

普通ならこういった失敗経験を繰り返すともうやめておこうという気持ちになると思いますが、僕がそれをしなかったのはやはりマゾだからなのかもしれません。そういった状況すらもプレイの一環だと思う事で楽しめる自分がいたのです。

そういう事もあり、僕はユリナさんの投稿を見つけた時も何の躊躇いもなくメッセージを送りました。もう脊髄反射みたいなものです。

しばらくするとユリナさんから返信が届きました。

“覚悟ってどんな事できるの?”
“血が出る事以外なら何でもやります!”

僕は変態マゾ男ですが針や刃物を使うようなプレイはちょっと無理です。想像しただけで萎えてしまいます。なのでそこは正直に伝えた上で何でもやります、とアピールしました。

“じゃあ今から裸になってチンチンポーズで写真撮って送ってよ”

これが彼女からの最初の命令です。僕はすぐに実行しました。
こういうのは過去に何度か経験済みです。もっとも会ってはもらえなかったので写真だけ見て笑いものにされたのだと思いますが、僕にとっては笑いものになっている事自体が歓びです。

言われた通り写真を送ると再びユリナさんから指示が届きました。

“じゃあ次はそのままオナニーしてよ。今度は動画で撮って送ってね”

僕は躊躇いもなく、スマホを動画モードにするとチンコをしごいて立たせました。そしてオナニーを開始します。
ただ僕は真性の包茎なので、普通に扱くだけでは射精できなくて、いつも皮の隙間からほんの少しだけ顔を覗かせる亀頭の先端を指先でクルクルと撫でながら皮越しにカリ部分を扱いてオナニーをします。
この動画をユリナさんに見てもらえると思うと普通にオナニーをするよりも興奮し、いつもより早めの射精射精でした。

その動画を送るとまもなく返事が届きます。

“包茎なの?何?そのオナニー?初めて見た!”
“はい、真性包茎です。褒めてもらえて嬉しいです”
“いや、褒めてないけど。でも面白そうだから会ってみようかな”

こうしてユリナさんに僕の包茎チンコ、そして面白オナニーを気に入ってもらえ、会う事になったのです。

ユリナさんとは駅前の待ち合わせスポットで会う事にしました。人通りもあるし何かあったらすぐに逃げられる事を考え僕から提案しました。財布には身分証やカード類は入れず最低限の費用だけ。これも以前の経験から学んだ事です。

それでも本当に来てもらえるかは分かりません。いつものようにすっぽかされるかもしれない。そう思いながら、待ち合わせの時間が来るのを待っていた時でした。

「包茎野郎だよね?」

僕に声をかけてきたのはスレンダーで長身。金髪に近い茶髪のストレートヘアーが似合うギャル系の女の子でした。年齢は20代前半というところです。

「ユリナさんですか…?」
「そうだよ」

SNSでは顔出ししていなかったので、本当に来てくれるとしたらどんな子が来るのだろうとドキドキしていたのですが、想像していたよりも可愛くて驚いてしまいました。

「キモくてデブって包茎野郎しかいなかったからすぐ分かったよ」

こんな辛辣な言葉にも彼女のS性を感じられて、僕は嬉しくなってしまいます。

「じゃあとりあえずご飯でも行こうよ。私、肉食べたい」

という事でまずは近くにあった焼き肉店へ。

「何で童貞なの?」
「あまり女性と縁がなくて…」
「違うでしょ?真性包茎だからじゃないの?」
「そ、そうですね…」
「デブでキモくてオマケに真性包茎ってヤバいよね。三重苦じゃん。前世でどんな悪行積んだらそんな風に生まれてこれるの?」

一応間仕切りのあるお店でしたが、ユリナさんは店内なのもお構いなしで羞恥的な質問を投げかけます。もしかしたら真隣のお客さんには会話が聞こえているかもしれない…と思うと恥ずかしさでいっぱいでしたが、それもまた僕のM心をくすぐるのでした。

「この後どうする?」

食事もそろそろ終わろうかという時です。ユリナさんからそう切り出されました。僕が期待している事はただ一つです。

「えっと…調教されたいです…」

僕は周囲に配慮しながら小さな声で答えます。けれどそれをユリナさんは許しませんでした。

「え?何?聞こえない。ちゃんと大きい声で言ってよ」

こう言われては従うしかありません。

「調教されたいです…!」
「どこで?」
「ホテルで…」
「どこを?」
「包茎チンコを…」
「じゃあちゃんとそう言ってよ」
「ホテルで僕の包茎チンコを調教してください…!」

僕は恥を忍んで焼き肉店で調教の懇願をしました。きっと他のお客さんにも丸聞こえでしょう。
ユリナさんの顔色を伺うと心底軽蔑の表情で僕を見ています。そして一言。

「やだ、こんな所でみっともない。恥ずかしくないの?」

と、侮蔑の言葉を投げ捨てたのです。自分で言わせておいてこの対応は酷いと思いながらも、ますます僕の被虐心はくすぐられます。

食事を終えてお店から出るとそのままホテルへ。
ホテルの部屋へ入った瞬間、僕は頬をビンタされました。

「あんな所でよく調教してくださいなんて言えたわね?私に恥をかかせないでくれる?」

ユリナさんの口調は怒っている、というよりSのスイッチが入ったという感じでした。僕はここから調教が始まるのだとワクワクしました。

「申し訳ありませんでした」
「本当に申し訳ないと思ってるならそんな謝り方しないわよね?」

僕は床に手をついて土下座をしました。ユリナさんはそんな僕の頭を踏みつけます。

「服を着て土下座するマゾがどこにいるの?」

服を脱げという事だと察した僕はすぐさま全裸となり、再度土下座をしました。
ユリナさんはようやく納得してくれたようでした。

「まあ、あんな所でお願いしたくなるくらい調教して欲しかったって事だよね?」
「はい…」
「じゃあまずはこの前みたいにチンチンポーズになってよ」

僕は体を起こして足を大きく開いた状態でしゃがみ、両手を顔の横で構えて犬がチンチンをするポーズを取りました。

「今日は初調教の記念に名前を付けてあげるからね」

と言うと、ユリナさんはバッグからマジックペンを取り出すとそんな僕の胸から腹の辺りに何かを書き始めました。

“包茎チン太”

書き終えるとユリナさんは大きな声で笑います。

「アンタにピッタリの名前だよね“包茎チン太”」

僕はこの瞬間から“包茎チン太”という屈辱的な名前で調教される事になりました。

「それじゃあ包茎チン太。改めて自己紹介と調教のお願いをしてくれる?」

ユリナさんはソファに座り、チンチンポーズのままの僕を蔑むように見つめながら言います。きっと普通の自己紹介や懇願では認めてもらえない、と悟った僕は少し考えてから答えました。

「包茎チン太です。素敵な名前を付けてくださってありがとうございます。包茎チン太の情けない皮かぶりチンポを厳しく調教してください…!」

恥ずかしい…情けない…でも嬉しくて、僕の包茎チンコは立ちっぱなしです。そんな僕のチンコを見て、ユリナさんは楽しそうに笑みを浮かべます。

「まだ挨拶しかしてないのにもう勃起してんじゃん。でもやっぱり包茎なんだね。ここまで完璧な包茎って初めて見たよ」

とまじまじとチンコを見つめるユリナさん。ユリナさんの視線がチンコに絡みつき、僕のチンコはヒクヒクと反応してしまいます。

「うわっ、キモ。見られて歓んでんじゃないよ。汁まで垂れてきてるじゃん」
「すみません…」

浴びせられる罵倒。そして我慢汁まで垂れ流しているのを指摘され、謝りながらも羞恥心と興奮は最高潮です。

「見られただけで我慢汁漏らすなんて包茎のクセに敏感だね。っていうか包茎だから敏感なのかな?」
「こんなに感じやすいなら玩具とか使ったらどうなるかなぁ?試してみようか?」

「お願いします」

僕はチンチンポーズの体勢から床に開脚状態で座らされる事になりました。そしてユリナさんはゴム手袋をはめ、手にしたのはピンクローター。

「こういうの使った事ある?」
「初めてです…」
「だよね、童貞だもんね」

なんて話をしながらピンクローターは僕のチンコの皮の中に。亀頭とローターが密着した状態になりました。そしてその直後です。

「あぁっぅ…!!」

亀頭がすさまじい刺激に襲われます。ビリビリするような、チンコの奥から疼くような、堪らない快感です。

「あぁ…いい…すごい…んんっ…気持ちイイ…」

自然と腰が揺れてしまいます。でもこれだけでイケるかといえばそこまでではありません。それだけに快感はやがてもどかしさに変わりました。

「お願いです…イカせてください…」
「えーどうしようかなー?」

焦らされている間も気持ちよくてでもイケなくてもどかしくて、自然と涙まで溢れてきます。

「もう…ホントに…お願いです…」
「じゃあイカせたくなるようにおねだりしてくれる?」

「僕の淫乱包茎チンコがイキたくて堪りません…卑しいチンコをどうかイカせてください…!」

僕は思いつく限りの卑猥な言葉で懇願をしました。

「じゃあこの前みたいにキモいオナニーしてよ。今日はこの玩具使ってね」

ユリナさんから許可を頂いた僕は託されたピンクローターを指代わりにし、クルクルと円を描きながら亀頭を刺激しました。同時にもう片方の手でカリ辺りを扱き一心不乱でオナニーに耽ります。

「はぁ…もうイキそ…いぃ…ぁはぁ…イク…イク…っイク…!!!」

僕は盛大にザーメンを撒き散らしながらイッてしまいました。ピンクローターはもちろんの事、床にまで僕のザーメンが迸りました。

「相変わらずキモいオナニーだね。イク時の顔までキモかったよ」

と見せられたのは僕が夢中になってオナニーをしている動画。ちょうど今のオナニー姿をスマホでされていたのでした。射精後に見せられると冷静になっている分、羞恥心が増します。

「それにしてもきったないなぁ。私が用意した玩具、チン太の精液でベトベトじゃん」
「うわ、くっさ!ほら、自分で綺麗にしてよね」

ユリナさんは顔をしかめると、ザーメン塗れのピンクローターを僕の口の中に押し込みます。

「んぐっ…!!」

生臭い臭いとえぐみのある味が鼻腔に広がります。思わずえずきそうになりました。自分のザーメンを口に含まれるなんて…屈辱以外のなにものでもありません。

「ちゃんと舐めて綺麗にするんだよ!」

僕はフェラチオをするみたいにピンクローターを舐めさせられました。ひとしきり綺麗にすると、結局それはゴミ箱へ捨てられます。舐める必要はなかったものをわざわざ舐めさせられたのです。

「ほら、汚いのは玩具だけじゃないよ。床にまでチン太の汚い包茎汁が飛び散ったんだから、こっちもちゃんと掃除しないとね」

ユリナさんは僕の頭を後ろから押さえつけます。自然と床に顔を押しつけられる格好となりました。もちろん舐め掃除をしろという意味です。
僕はピンクローターに続き、床まで舐め掃除をさせられる事となったのです。

「アンタの汚い包茎汁でホテルの人に迷惑かけるなんて申し訳ないでしょ?“チン太の汚い包茎汁で床を汚して申し訳ありません”って謝罪しながら掃除しな!」
「チン太の汚い包茎汁で床を汚して申し訳ありません…チン太の汚い包茎汁で床を汚して申し訳ありません…」

掃除の最中はひたすら頭を踏みにじられました。頭を踏まれ、床を這いつくばりながら自分の不始末の処理をさせられる無様さ…僕はまたチンコを反応させてしまったのです。

「折角掃除したのにまた汚したの!?包茎チン太は本当にどうしようもないキモマゾだね!」

尻を叩かれ、罵倒されながらさらに追加の掃除をさせられて…
僕の初めての調教体験は恥辱に塗れた情けなくも被虐欲満たされるものとなりました。

S女性と出会いにオススメコミュ

★オススメ★最新痴女との出会いサイト

SMバナー
痴女に金玉すっからかんになるまでザーメン搾りとられてみませんか?
SMの経験は一切必要無し!とにかくアナタの体一つで痴女との素敵な時間が過ごせます!
M男調教体験談・告白
be-my-slaveをフォローする
女王様とお呼び!

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました