自分の妻を寝取られたのに興奮したM男のNTR体験談

M男調教体験談・告白

初めまして、河野と申します。
先日42歳になりましたしがないサラリーマンです。
妻とは結婚して10年ほどでして、自分で言うのも何ですが大変円満な結婚生活を送れています。
ですが、お恥ずかしながら最初から円満な結婚生活を送れていたわけではないのですよ。
そもそも妻とは上司の紹介で知り合い、ろくにデートも重ねないまま周りの空気に押し負けて結婚したようなもの。
”断る”という選択肢のある見合いよりも、ある種タチが悪いと言えますね。
僕の場合、上司と周りの空気からして断るという選択肢は、あってないような物でしたから。
この度、そんなきっかけで結婚した僕と妻の、人様に大っぴらに言えない出来事、そして関係性を誰かに聞いて欲しくて投稿してみました。
信じられないような話かもしれませんが、ありのままを書きますね。

▼ PR ▼
リサ女王様

①結婚失敗、そう思ってた

先に書いたように、お互いを良く知らないまま結婚した僕たち。
これで結婚後にお互いを知って、上手く事が運ぶ…なんてあったら良かったのですが、現実はそんなに上手く行かなくて。
お互い思ってる事をストレートに言えない性だったからでしょう、生活習慣も細かいところで食い違っていましたし、関係はどんどん悪化して行きました。
でも上司の紹介ですから離婚する訳にはいかない、こちらが折れるしかない。
そうなると、妻の態度はどんどん横柄になって行き…いつしか妻の要求をなんでも呑むのが当たり前になっていました。
そんな状況が長く続くと、人間というのは不思議なもので、最初はイヤイヤ要求を吞んでいたはずなのに、段々苦じゃなくなって来たんですよね。
環境に適応して来た、というのでしょうか?
妻は妻で、要求の仕方が何だか堂に入ってきたといいますか…。
吹っ切れて、本性が出てきたのでしょうね。
そのうち要求される前に察してサッと動けるようになったのですが、そうなると今度は妻がムッとした顔をするものですから。
あえてサッと動かずに、じっと妻の指示…命令を待つようにしました。

「肩を揉んで」「靴を脱がせて」―最初はこんな簡単な命令でしたが、時を経るにつれ要求はエスカレートして行きました。
内容がどんどんえげつなく、性的なモノへと変貌して行ったのです。
周りに人が居るのに「自分の乳首を弄って勃起させてみてよ」「今すぐチンポ弄って勃たせてみて」なんて言われたり。
最初は半泣きでしたが、半泣きになりながらも従っている内に心のどこかで命令されるのを心待ちにしている自分が誕生して居ました。
そう、ノーマルだったはずなのにいつの間にか僕はマゾになっていたんです。
いえ、本来マゾである自分のマゾ性が目覚めた、と言った方が正しいでしょうか…。
酷い時なんて、妻の声を聞くだけで勃起してしまったり。

それでも妻を愛しているわけではなくて、ただ歪んだ形で性癖が開花してしまい興奮しているだけ…自分ではそう思っていました。
僕の思いをよそに命令はどんどん過激さを増していき、オフィスの目立たないところでオナニーしているところを動画に撮って送れとか、女性用トイレに忍び込んでナプキンをしゃぶっているところを撮って来いとか、一歩間違えば失職しかねないような命令までされるようになって行きました。
知り合った頃は大人しくおしとやかな、悪く言えば人形のような女性だったはずなのですが、妻は妻で隠されたサド性が開花してしまったようです。
それに加え僕が命令をホイホイ聞くものですから、過激さを増して行ったのも無理はないですよね。
僕は僕でどんどんマゾっぷりを加速させて行き、女性用トイレに忍び込んでナプキンをしゃぶりながら射精してしまった事もあります。
妻に報告したら、「射精したパンツは自分で綺麗にして、どうやるかは…分かるわよね?」と言われたので、パンツを脱いで自分の精液をぺろぺろと舐めとっている姿を動画に撮って、妻に送りました。
すっかり従順な犬と化していた自覚はあります。

他にも、休日に会社の同僚達と山へキャンプへ行った時。
おもむろに妻から連絡が入り、今すぐオナニーし撮影しろと。
同僚達に「ごめんちょっとトイレ」と言って脇道に行き、トイレしているフリをして必死でチンポをしごき、射精したり。
同僚達もそんな離れたところにいるわけではないですし、あまり待たせてると様子を見に来るでしょうし、あれは本当に時間との戦いでした…。
こうして、いつどんな状況でも妻のいう事を聞くようになっていったのです。

NTR調教プレイ出会い
⇒ご近所で寝取られプレイみせつけてくれる女王様とお約束したい方はこちら

②大和撫子だったはずなのに女王様へ

そんな風に僕と妻は歪な人間性となって行ったわけですが、対外的には妻は大和撫子として評判の、非常にしっとりとした雰囲気のおしとやかな女性でした。
見た目もどちらかと言うと美人な方でしたし。
ですので、結婚後も一人で街を歩いていると声を掛けられる事は多かったようです。
僕と妻がこういう関係性になる前は、妻はそういう声がかかってもハナから相手にしなかったようなのですが。
僕が妻の犬と化してからは、認識が変わったようで…。
声を掛けてくる男と、僕が知らぬ間に寝たり、乱交クラブのようなところへ行ったりしていたようです。
友人と旅行に行ってくる、と言っては男達とプレイ三昧だったり。
そんな事になっているとはつゆ知らず、僕は、妻は交友関係が広いのだな僕と大違いだ、なんてノンキに思っていたんです。

ある日の夕食中、妻の要求通り僕が犬食いで皿から直に夕食を食べていた時の事。
急に妻が、男達と寝ている事、クラブのようなところに出入りしている事を僕に暴露したんです。
頭の上から鈍器で殴られたような衝撃を受けました、妻の事は愛していないはずなのに…。
いや、一般的には、愛していなくてもそんな事を聞いたら衝撃を受けるものなのでしょうか?
一般の関係性を放棄した僕には、それすら分からなくなってしまいました。
震える口びるで、妻に問いかけます。
「僕じゃ足りなかったの?」
妻は、ううん、そういうわけじゃないの。と返しました。
足りないというわけではない、ただ、貴方から男を感じない。と。
最初から男として見れていたか怪しいけれど、最近になって特に見れていないと感じるようになった、と。
それでも最初は義理立てして男達の誘いを断っていたけれど、途中からどうにも我慢出来なくなって男達の誘いに応じるようになった事。
そして、男達からの寵愛を受け、今とても幸せである事などを事細かにうっとりとした表情で…話しているのを、呆然としながら聞いていました。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました