自分の妻を寝取られたのに興奮したM男の体験談

M男調教体験談・告白

初めまして、河野と申します。
先日42歳になりましたしがないサラリーマンです。
妻とは結婚して10年ほどでして、自分で言うのも何ですが大変円満な結婚生活を送れています。
ですが、お恥ずかしながら最初から円満な結婚生活を送れていたわけではないのですよ。
そもそも妻とは上司の紹介で知り合い、ろくにデートも重ねないまま周りの空気に押し負けて結婚したようなもの。
”断る”という選択肢のある見合いよりも、ある種タチが悪いと言えますね。
僕の場合、上司と周りの空気からして断るという選択肢は、あってないような物でしたから。
この度、そんなきっかけで結婚した僕と妻の、人様に大っぴらに言えない出来事、そして関係性を誰かに聞いて欲しくて投稿してみました。
信じられないような話かもしれませんが、ありのままを書きますね。

▼ PR ▼
女王様と僕

①結婚失敗、そう思ってた

先に書いたように、お互いを良く知らないまま結婚した僕たち。
これで結婚後にお互いを知って、上手く事が運ぶ…なんてあったら良かったのですが、現実はそんなに上手く行かなくて。
お互い思ってる事をストレートに言えない性だったからでしょう、生活習慣も細かいところで食い違っていましたし、関係はどんどん悪化して行きました。
でも上司の紹介ですから離婚する訳にはいかない、こちらが折れるしかない。
そうなると、妻の態度はどんどん横柄になって行き…いつしか妻の要求をなんでも呑むのが当たり前になっていました。
そんな状況が長く続くと、人間というのは不思議なもので、最初はイヤイヤ要求を吞んでいたはずなのに、段々苦じゃなくなって来たんですよね。
環境に適応して来た、というのでしょうか?
妻は妻で、要求の仕方が何だか堂に入ってきたといいますか…。
吹っ切れて、本性が出てきたのでしょうね。
そのうち要求される前に察してサッと動けるようになったのですが、そうなると今度は妻がムッとした顔をするものですから。
あえてサッと動かずに、じっと妻の指示…もとい命令を待つようにしました。

「肩を揉んで」「靴を脱がせて」―最初はこんな簡単な命令でしたが、時を経るにつれ要求はエスカレートして行きました。
内容がどんどんえげつなく、性的なモノへと変貌して行ったのです。
周りに人が居るのに「自分の乳首を弄って勃起させてみてよ」「今すぐチンポ弄って勃たせてみて」なんて言われたり。
最初は半泣きでしたが、半泣きになりながらも従っている内に心のどこかで命令されるのを心待ちにしている自分が誕生して居ました。
そう、ノーマルだったはずなのにいつの間にか僕はマゾになっていたんです。
いえ、本来マゾである自分のマゾ性が目覚めた、と言った方が正しいでしょうか…。
酷い時なんて、妻の声を聞くだけで勃起してしまったり。

それでも妻を愛しているわけではなくて、ただ歪んだ形で性癖が開花してしまい興奮しているだけ…自分ではそう思っていました。
僕の思いをよそに命令はどんどん過激さを増していき、オフィスの目立たないところでオナニーしているところを動画に撮って送れとか、女性用トイレに忍び込んでナプキンをしゃぶっているところを撮って来いとか、一歩間違えば失職しかねないような命令までされるようになって行きました。
知り合った頃は大人しくおしとやかな、悪く言えば人形のような女性だったはずなのですが、妻は妻で隠されたサド性が開花してしまったようです。
それに加え僕が命令をホイホイ聞くものですから、過激さを増して行ったのも無理はないですよね。
僕は僕でどんどんマゾっぷりを加速させて行き、女性用トイレに忍び込んでナプキンをしゃぶりながら射精してしまった事もあります。
妻に報告したら、「射精したパンツは自分で綺麗にして、どうやるかは…分かるわよね?」と言われたので、パンツを脱いで自分の精液をぺろぺろと舐めとっている姿を動画に撮って、妻に送りました。
すっかり従順な犬と化していた自覚はあります。

他にも、休日に会社の同僚達と山へキャンプへ行った時。
おもむろに妻から連絡が入り、今すぐオナニーし撮影しろと。
同僚達に「ごめんちょっとトイレ」と言って脇道に行き、トイレしているフリをして必死でチンポをしごき、射精したり。
同僚達もそんな離れたところにいるわけではないですし、あまり待たせてると様子を見に来るでしょうし、あれは本当に時間との戦いでした…。
こうして、いつどんな状況でも妻のいう事を聞くようになっていったのです。

②大和撫子だったはずなのに女王様へ

そんな風に僕と妻は歪な人間性となって行ったわけですが、対外的には妻は大和撫子として評判の、非常にしっとりとした雰囲気のおしとやかな女性でした。
見た目もどちらかと言うと美人な方でしたし。
ですので、結婚後も一人で街を歩いていると声を掛けられる事は多かったようです。
僕と妻がこういう関係性になる前は、妻はそういう声がかかってもハナから相手にしなかったようなのですが。
僕が妻の犬と化してからは、認識が変わったようで…。
声を掛けてくる男と、僕が知らぬ間に寝たり、乱交クラブのようなところへ行ったりしていたようです。
友人と旅行に行ってくる、と言っては男達とプレイ三昧だったり。
そんな事になっているとはつゆ知らず、僕は、妻は交友関係が広いのだな僕と大違いだ、なんてノンキに思っていたんです。

ある日の夕食中、妻の要求通り僕が犬食いで皿から直に夕食を食べていた時の事。
急に妻が、男達と寝ている事、クラブのようなところに出入りしている事を僕に暴露したんです。
頭の上から鈍器で殴られたような衝撃を受けました、妻の事は愛していないはずなのに…。
いや、一般的には、愛していなくてもそんな事を聞いたら衝撃を受けるものなのでしょうか?
一般の関係性を放棄した僕には、それすら分からなくなってしまいました。
震える口びるで、妻に問いかけます。
「僕じゃ足りなかったの?」
妻は、ううん、そういうわけじゃないの。と返しました。
足りないというわけではない、ただ、貴方から男を感じない。と。
最初から男として見れていたか怪しいけれど、最近になって特に見れていないと感じるようになった、と。
それでも最初は義理立てして男達の誘いを断っていたけれど、途中からどうにも我慢出来なくなって男達の誘いに応じるようになった事。
そして、男達からの寵愛を受け、今とても幸せである事などを事細かにうっとりとした表情で…話しているのを、呆然としながら聞いていました。

結局それは、僕が男として足りていないという事じゃないか…

そう思ったのですが、口ごたえするわけにもいかず、黙って彼女の告白を聞いていました。
やがて彼女がひとしきり話し終えると、「そういうわけだから、今後も貴方の知らない男性達と寝るし、外泊もする。
家事を手抜きするわけではないから、そこは安心してね。
離婚したければしていいからね。私自身も、貴方との関係をこのままにしておいて良いのか正直なところわからないし…。」
と。
様々な感情が胸中に渦巻きました。
確かに妻は僕と寝る時、淡泊でしたし…というか、妻優位で事が進んでいて、妻が乱れているのを一度も見たことがありません。
初夜ですら妻は呼吸ひとつ乱していませんでした、アンアンと声を出してくれてはいましたが…あれも演技だったのでしょう。
僕が犬となってからは、アンアンすらなくなっていましたし…
単に疲れているだけだと思っていましたが、そういう訳ではなかったようです。

それでも僕に離婚という選択肢はありませんでした。
勿論世間体もありますけど、本能的に、彼女を失いたくない。
そう思ったんです。
もしかしたら心のどこかで、夫婦の関係を修復出来るのでは、もっと良いものに出来るのではないか…
と、期待していたのかもしれません。
僕は妻に、離婚するつもりはない事、 妻の望みは聞くからこれからも一緒に居て欲しい事などを伝えました。

すると妻から提案がありました。
「それじゃあ、私がどんな風に彼らと寝てるのか、見ておいてくれる?
これから先もずっと一緒にいるなら、全てを知っておかなければいけないと思うの。
見て、それでも一緒に居たいと思うのならば良いし、そうでないならば無理せず、別れましょう。」

確かに一理あります、これから先も一緒に居るのならば、妻の全てを受け入れられるようにならなければならない…。
僕は妻の提案を呑んで、妻に声を掛けた男達と妻が寝るのを見ることになったのです。

今まで寝取り物のDVDを見た事はありましたけど、確かに興奮はしましたが、寝取りシチュ自体に興奮したわけではないのでどうなるかさっぱり想像が付きませんでしたが…
それでも、妻の提案を拒否したならば僕が妻と共にいる未来はない、そうなるのだけは避けたかったんです。
愛しているというわけではないはずでしたし、どうにも表現しようのない感情でしたが、独占欲でしょうか…
妻が他の男達と寝るのを想像し、少しだけチンポが疼いた気がしましたが、気のせいだと言い聞かせて来るべき日を待つことにしたのでした。

③僕は変態なんかじゃない

当日は、自宅に男を呼んで妻が抱かれているのを眺める事になりました。
本来は複数人呼ぶ予定だったらしいのですが、とりあえずは一人、という事で落ち着いたらしいです。
どんな男が来るのか分かりませんでしたし不安しかありませんでしたが、妻曰く「身元のしっかりした人だから。
そういう会員制のクラブで知り合ったの。」との事でしたので、いつの間にそんなところとつながりが…と思いながらも、身元がしっかりしているなら、と、そういう意味では少し安心したのを覚えています。

当日の昼過ぎ、男がやって来ました。
白髪混じりの、初老ながらも体格のガッチリした村井と名乗るスーツ姿の男性でした。
柔和かつ非常に紳士的な雰囲気の…正直、妻が落ちてしまうのも無理はないなと思う、というか妻と並ぶと非常に似合いの二人、という感じがして、大変胸がモヤモヤしました。
そんなモヤモヤした気持ちを抱えながら、村井氏に肩を抱かれ寝室に入っていく妻を、後ろからボーッと眺めていました。
「ねえ、いつまでそこに立ってるの?早く入ってきて、ドア閉めて。」
ハッとして妻の後を追って寝室に入り、ドアを閉めました。

既に村井氏はシャツを脱ぎ、上半身裸になっていました。
妻がウットリとした表情で、村井氏の浅黒い肌に吸い付きます。
僕に乱交の事実を告白した時と同じ、夢見るような表情です。
全裸で正座し見ているように言われたので、じっと静止したまま、ひたすら妻が村井氏の肌に吸い付いているのを眺めていました。
村井氏の体は服の上からでは想像がつかない程鍛えられており、
腹筋も割れていました。
男性である僕すらハッとした程ですから、女性からしたらとても魅力的に映るのでしょう。

やがて妻が村井氏のズボンに手をかけると、ファスナーを下げてチンポを取り出し、咥え込みました。
シャワーにも入っていないし、何なら村井氏はさっきトイレに行ったばかりなのに。
僕は一回もそんな事、してもらった事ないです。
村井氏が「洗ってないチンポは美味しいか?」と妻に問いかけると、妻は「うん…すごい美味しい…これ凄い好き…」と、じゅぷ、じゅぷ、と水音を立てながら村井氏に返しました。
妻もフェラをしながら上半身裸になり、今度は乳房でパイズリをはじめました。
パイズリをしながらのフェラです。
もはやいうまでも無いですが、僕はしてもらった事がありません。
これだけ献身的に妻が奉仕するのを初めて見ました。
「気持ち良い…?」妻が、媚びるような声色で上目遣いに村井氏に問いかけます。
「まぁ、普通かな。」チンポをギンギンにさせながらも、呼吸ひとつ乱さないで村井氏が返します。

妻はちょっと寂しそうな顔になると、スカートを着けたままショーツをするっと脱ぎ、「これならどう…?」と、指でくぱぁとおまんこを開きました。
村井氏「これって何?ちゃんと言ってくれないと分からないな。」
村井氏が憮然とした様子で言うと、妻が頬を赤らめながら
「お、おまんこ…」と言いました。
こんな照れた様子の妻も、見たことがありません。
村井氏は無言で妻に圧し掛かると、ズッ、と音を立ててチンポを挿入しました。生で。

「あっ!生チンポ気持ちいいっ!!!凄いいいのっ!!!!」
村井氏がズッ、ズッ、と動く度に妻が聞いたこともないような甘い声で叫びます。
チンポとおまんこの結合部から、泡立った粘液がドロドロ流れていくのがよく見えました。
そして僕は妻が寝取られているというのに…しかも生で、僕は一回も生でさせてもらった事がないのに…フル勃起していました。

食い入るように見ていると、村井氏が不意に動きを止めました。
「えっ?!何で?!」妻が焦ったように村井氏を見つめます。
「大事な事を忘れてるな、君は。夫君にも気持ち良くなって貰わないとダメだろう?
そもそも夫君を感動させたくて、今回初めて生でやりたいと言い出したのは君だろう。しっかりしなさい。さぁ、どうすれば良いか考えて御覧。」

妻が焦ったように、「早くチンポしごいて!そんなに勃ってるんならすぐ出るでしょ?早く!」と、僕に向かって叫びます。
僕は慌てて妻に言われるがままに、チンポをしごき始めました。
我慢汁がケツ穴にまで垂れている程興奮していて、とても気持ち良いです。
村井氏「やれやれ、すっかり夫君は奴隷扱いだな。まぁ良いが。ほら、これはご褒美だ。」
そう言うやいなや、村井氏のピストンが再開されました。
「あぁっ!!!これ好き!凄い好きぃ!!!!!」妻が白目を剝いて涙を流しながら、村井氏の首に絡み付いています。
やがて、んおっ!んおっ!!!と、獣のような叫び声に変わって行きました。

「いかせてぇっ!お願いいかせてぇっ!!!!」と妻が絶叫します。
恐らく、村井氏は絶妙に妻の感じるポイントをズラしているのでしょう。
「そんな簡単にイッてしまっては面白くないだろう?そうだ、夫君と仲良く一緒のタイミングでイキなさい。君たちは夫婦なんだからね、仲良くしないとダメだよ。ほら。」

妻が必死の形相でこちらを見て、叫びます。
「早く!早くイッてっ!!!!もっとオチンポしごいてっ!!!!」
妻と一緒にイケる…そう思うと何だか嬉しくて、村井氏と妻の交尾を眺めながら、ハァ、ハァ、と荒い息遣いでチンポをシコシコしごきました。
「まだなのっ?!ねぇっまだなの?!!?!?!」妻が催促します。
「ご、ごめん…もうちょっと待って…」僕も必死でチンポをしごいたのですが、イケそうでイケません。

村井氏「やれやれ、仕方ないな、ほら、こっちに来なさい。」
そう言うと村井氏は妻を起こし、ベッドから降りて立ちバックの体勢になり…。
僕の目と鼻の先に来ると、そのままピストンを開始しました。
「おおぉぉぉぉぉっ!!!!!」妻が白目を剥いて、感じています。
目の前に結合部が来ているので、オスとメスの匂いが鼻腔をツン、と刺激します。
なんなら汁が顔にかかりそうな程の近さです。
それらを意識した途端、気持ち良さが倍になりました。

村井氏「おぉ、一気に気持ち良くなったみたいだな。妻を寝取られてるのにそんな風になってしまって可哀想に。」
妻が叫びます。「この人変態だからいいのよっ!それよりお願い、いかせてえええ!!!」

僕は「変態なんかじゃ…」と呟きながら、イキそうになるのを堪えていました。
村井氏「おや、変態だと認めないのかい…?てっきり変態だと思ったんだが…?」
妻「ちょっとっ!何で変態だって認めないのよっ!あんたなんかどっからどう見ても変態でしょっ!!!早く認めなさいよ!!!」

妻が唾をまき散らしながら僕を罵倒します。
どうやら僕が変態だと認めないと、村井氏にイカせてもらえないらしいです。
村井氏「常日頃から、うちの夫は変態だの犬だのと言ってたもんな。それを否定するという事は彼女が嘘をついていたという事になる。嘘付きをイカせるのはちょっとな…。」
妻「いやぁっ!嘘じゃないのっ!この人、会社でもどこでもオナニー出来るド変態なのっ!犬よっ犬!!!!!」

妻に罵倒されて、一気に気持ち良さが加速しました。
勝手に口が動きます。
「ぼ、僕は…変態です…」そう言うと快感が一気に駆け上がって来ました。

妻も村井氏にいいところを突かれたのか、「んはぁ!!!!!!」と、一際甲高い声で鳴いています。
妻「いくいくいくいくいくぅ!!!!!!」
妻が村井氏にイカされているところを眼前に、僕も勢いよく射精して…達してしまいました。

村井氏「やれやれ、手のかかる夫婦だな。」
そう言うと彼は妻の髪をグイッと引っ張り、彼女の顔を抜いたばかりの自らの勃起したチンポにあてがうと、ズッ、と口に突っ込んだのでした。
妻は白目を剥きながら、んぐっ、んぅっ、と必死でチンポを口で受け止めています。
村井氏はというと、オナホを使う時のように妻の頭を抱え込み、容赦なくピストンを続けました。
おもむろに村井氏は「ほら、出すぞ」というと、口からチンポを引き抜き勢いよく妻の顔にぶっかけて…。
妻「んぶぅうううう!!!!」目や鼻の穴に入ったらしく、妻が涙を流しながら何ともいえない声で叫びます。
村井氏「気持ち良いだろ?ちゃんと掃除するんだぞ。」
妻の鼻の穴に、村井氏が指でザーメンを塗りたくります。
妻「ふがっ!!!!」妻が酷い扱いを受けているというのに、その光景を見て僕のチンポはまた勃起してきてしまったのでした。

④その後の僕たち

その後の僕たち夫婦ですが、村井氏との交尾を見て以降変なわだかまりが取れたというか、お互いの立場がハッキリしたせいか、円満な生活が営めるようになりました。
もっと厳密に言うと、お互いがお互いのポジションに心から満足するようになったんです。
何となく曖昧だった主従関係がハッキリしたというか…。
僕も、自分自身が男として足りないという事をきちんと自覚して。
彼女は彼女で、僕に対しての罪悪感とかそういうのが無くなったようで、完全に女王様然として振舞えるようになったようです。

今でも村井氏含む、複数人との乱交を見せつけられています。
正直今では妻とのセックスはほぼ無く、乱交を見せつけられながらのオナニーが主です。
僕としてはセックスよりもこちらの方が気持ち良くなってしまっていて、つくづく自分は変態だったのだなと思い知らされる日々を送っています。

妻と男達の交尾を見ながら、妻に「何興奮してんのよ、犬!」とか、
そんな風に罵られるのが最高すぎるんです。
妻の中に男達が生中出しするんですけど、その後のおまんこを綺麗に舐め取るのも、お掃除犬みたいな感じでとてもチンポにギュンギュン来ます。
「やだ、他の男の精液も混ざってるのに舐めとって興奮してるの?」と妻に嗤われ、男達にも「本当ご主人さん、犬っぷりが板についてますよね」と呆れられ、男として最底辺の存在になったのだな、いや、人として堕ちたんだな、と、恍惚としながら犬としての義務を全うしています。
そして同時に、妻が男達に蹂躙されているのを見て、物凄く興奮してしまって…チンポをギンギンにしながら射精しまくる事が出来てもうたまらないです。

妻もこれだけ僕を罵倒してスッキリしているせいか、対外的には良い妻を演じてくれています。
僕は僕で、妻に罵倒されたり乱交を見て気持ち良くなっているせいか仕事でのストレス耐性が上がり、能率もケタ違いになりました。
周りからは「どうしたの」と言われたものですが、まさかこんな事がありましたなんて言うわけにはいきませんから(笑)
適当に「最近散歩を始めたのでそのせいかな」なんて誤魔化しました。

僕はこれからも妻の犬ですし、妻が他の男と交わっているのを見てオナニーする変態ですし、一生このままで居たいと願っています。
犬になって良かったです。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました