ジム通いで知り合った女性がドSな女王様で調教されてしまった僕の経験談

M男調教体験談・告白

30台後半、食事や運動にあまり気を遣ってこなかった僕は、すっかり大きくなった自分の腹を見て「いい加減マズいな…」と思いジムに入会した。

サボってしまわないよう毎週決まった曜日に足を運んだ。
そうしてマジメに通い続けるうちに、よく見かける人、会えば挨拶を交わす人なんかも出来てきた。

彼女はそのうちの一人だった。

ロングヘアーをひとつにまとめ、キリッとした印象のキレイな女性。
身長は160センチの僕とそう変わらない。
いや僕より高いかもしれない。
いつもぴっちりとしたウエアを着ているのでスタイルがいいのもよくわかった。
胸はCカップくらいで、細いわりにお尻が大きくてとてもセクシーだった。

半年前から、彼女に調教を受けている。

日頃から射精管理され、会った時には首輪をつけられる。
アナルにバイブを突っ込まれて何度も寸止めオナニーをしたり…。

この間はピチピチのウェアでトレーニングをするよう命令され、しかもアナルにはローターを仕込まれた。
乳首やチンコが立つとすぐにわかってしまうのに、時折ローターのスイッチが入れられ、トレーニングどころではなかった。
彼女はジムにいる間ずっとそんな様子の僕を眺めて満足そうな笑みを浮かべていた。

耐えきれず勃起してしまいトイレに駆け込むも、許可なく射精はできない。
「もう限界です、お許しください」「堪え性のない奴隷で申し訳ありません。どうか射精させてください」と彼女に懇願のメッセージを送った。

「しょうがないなぁ。じゃぁもう出ていいよ。私が終わるまで駐車場で待ってなさい。シャワー中もローター抜いたらダメだからね」

指示通りに彼女がトレーニングを終えて出てくるのを車の中で待った。
その後はホテルで、我慢が足りなかったお仕置きとして何度もムチで打たれてからようやく射精することができた。

まさか自分の人生でこんな事が起こるとは。
女王様に調教されるようになった経緯を聞いて欲しい。

▼ PR ▼
リサ女王様

出会い

ある深夜のことだった。
最初は他にも数人の利用者がいたのだが、いつの間にかジムにいるのはその彼女と僕の二人だけになっていた。

マットが敷いてあるスペースでトレーニング後のストレッチをしていたら、彼女もタオルで汗を拭いながらそこへやってきた。

「お疲れ様です。今日はもう終わりですか?」
突然話しかけられて驚いた。まともに話したのは初めてだったと思う。
彼女も少し離れた場所に座りストレッチをし始めた。

「ええ…まぁ。そちらもですか?」

「そうですね、私もそろそろ帰ろうかなって」

「いつも頑張ってますよね。どのくらい通ってるんですか?」

「私は一年くらいかなぁ。だいぶ体重減ったんですよ~!前は太ってて」

「え、そうなんですか?すごくスタイルいい人だなぁと思ってました」

他愛もない会話の中、僕はついそんなことを言ってしまい、しまった…と思ったが彼女は気を悪くするでもなく、

「本当ですか?嬉しい」とにっこり笑った。やっぱり美人だなぁと思った。

私、エリって言います。と名前を教えてもらった。
歳は27歳らしい。10歳も下だ。

そして「あの。ストレッチ手伝ってもらえませんか?」と、脚を大きく開きながら言ってきた。

エリさんは薄手のレギンスを履いていて、思わず彼女のアソコの部分に目がいった。
まずい、とすぐに目をそらしたが、半勃ちになってしまった。

「背中押してもらえます?」
半勃ちしていることを悟られないようにしつつ、断る理由もないので背中に回り、そっと両手で押した。

「あっ…。もうちょっと押していいですよ…」

彼女がふぅーと息を吐きながら色っぽい声を出すものだから完全に勃起してしまった。

そんな僕の様子に気付いた彼女は、「あれ、なんか照れてません?w」とからかうように言ってきた。

「いや、まぁ、こんなキレイな人と話すことないんで…」

僕は色白ぽっちゃりでおでこは広くなってきている冴えないおっさんだ。人生でモテたことなど一度もない。
彼女ももう10年以上いなかった。

「あはは、ホントですか?じゃぁもっとお話しません?このあと」

そんな感じのことを言われ、何なんだ?ドッキリか?と思い、いやいや…などと濁したが、じゃあ着替えたらロビーで!と彼女が立ち上がった。

そしてシャワーと着替えを終えて出て行くと、本当に彼女が待っていた…。

飲みにでも行くのかと思っていたけど結局そのまま二人で近くのホテルに入ることになった。

ホテルへ

「緊張してるの?カワイイ~」

ラブホテルの部屋に入ってもまだ現実とは思えず、僕はどうしたらいいかわからなくて無言で突っ立っていた。
いつの間にか年下の彼女がタメ口で僕の方が敬語だ。

彼女が僕の首に腕を回し、顔を近付けてきた。
キスするのかと思ったら唇が触れる直前こう言われた。

「私、実はね、SMクラブで働いてたの。女王様ってやつ。わかる?」

突然のことでその時は意味が分からなかった。
SMクラブ??

「ユウジさんてさぁ。あんまり女に慣れてないんじゃない?まさか童貞ってことはないよね?」

僕は彼女がいたのなんて20代の頃に一度だけで、ほとんど素人童貞なのだった。
いや…と口ごもっていると、いきなり平手で思いきり頬を叩かれた。

「ダメよ、聞かれたことにはちゃんと答えないと。」

「いい子に出来たらたっぷり可愛がってあげるから。ちゃんと私の言うとおりにしてね?…返事は?」

ヒリヒリ痛む頬を押さえながら思わずハイと返事をした。
さっきまで親しみやすい印象だったエリさんの笑顔が、冷たく嗜虐的なものになっていた。

服を脱いで、といわれ、戸惑いながら裸になった。
全裸になった僕の全身とチンコをエリさんはじっくり眺め
「おちんぽギンギンになってるね」
と楽しそうに言った。

「ちょっと扱いたらすぐにイッちゃいそう。私がいいって言うまで射精したらダメだからね」

ベッドに仰向けで寝て、と言われ横になると、シックスナインの形で僕の顔にまたがられた。
エリさんがミニスカートをたくし上げて、目の前に黒いパンティの大きなお尻が現れる。ああ、舐めたい、、と思ったと同時にチンポを握られて、今ダメと言われたばかりだというのに一瞬で射精してしまった。

「やだ、ダメじゃん~出していいって言ってないのに」

「す、すみません…」

「お仕置きしなくちゃね」

精液をローションのように塗り広げながら亀頭を撫でまわされる。

お仕置きプレイ初心者向け

S女性とM男性のお仕置きプレイ
⇒まずは無料体験

お仕置き出会い
【次⇒】お仕置きプレイにおススメのSMプレイ5選!あなたの可愛い奴隷にしてあげたいお仕置き!

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました