女王様に体を捧げて幸せを勝ち取った彼女居ない歴23年のボクの体験談

M男調教体験談・告白

童貞のまま20歳を迎えた時、僕は絶望しました。

でも23歳の今、僕が幸せを噛みしめているのは、他でもない約1年前に運命の出会いを果たした女王様、綾乃さんのおかげです。

僕の人生設計では高校生で彼女を作って童貞を捨てるつもりでいました。
けれどどちらかというと陰キャだった僕。同じような雰囲気の男子としかつるめず、気軽に女子と話をしている陽キャな同級生を羨ましく眺める事しかできない日々でした。
そんな僕に当然彼女なんて出来るはずもなく、高校卒業を迎えます。

けれどまだ大学生活がある…!高校生活では燻った日々を送っていたけれど、大学生になれば校則もないし自由にオシャレもできる、モテ男子に変身できれば彼女だってできるはずだ、せめて20歳までには彼女を作って童貞を卒業したい…!と意気込み、髪を染めたり雑誌を参考にファッションに気を遣ったりもしました。
その結果、女子から普通に話しかけられるようになったのです。
これなら彼女も出来る!と思ったのも束の間、決定的なウィークポイントに気付きました。
今までまともに女子と話した事がないので、何をどう話せばいいのか分からなかったのです。

聞かれた事には答えられる。でもそこから話を広げる事が出来ない。女子を前にすると会話が続かず沈黙が流れる。
こんな状態で彼女など出来るはずもなく、結局童貞のまま20歳の誕生日を迎えてしまったわけです。

僕は絶望のあまり自暴自棄になってしまいました。このままずっと彼女が出来なくても仕方ない、もうどうでもいい、と思うようになってしまいました。
でもその根底には自分のような境遇の男は他にもいるといった妙な安心感もあったのだと思います。

けれどこんな自分の意識が変わったのはそれから1年と少し経った頃でした。高校から仲が良く、大学も同じだった友人に彼女が出来たのです。僕と仲が良いくらいなので、彼もまた陰キャ。なのに彼女が出来た。これには相当焦りました。自分の様な境遇の男は他にもいると、身近な友人を当てはめて安心していた事にこの時気付いたのです。

このまま本当に自暴自棄になって何も行動に移さず諦めたらきっと25歳になっても童貞、30歳になっても童貞、一生童貞だと悟りました。

それは嫌だ!!

それまで僕は同級生に女子がたくさんいるんだから自然な成り行きで付き合えるだろうなんて生ぬるい考えがありましたが、それを改めて、自ら出会いを探しに行く決心をしました。
そこで利用したのがマッチングサイトです。当時は今ほど主流ではなかったものの、身近な女の子と出会えるという話を聞いていたので、早速利用する事にしました。

“20歳の童貞です、彼女が欲しいです”
“童貞でも付き合ってくれる人”
“童貞じゃだめですか?”

結果は全滅でした。本当に誰にも全く相手にされません。それでもめげずに自分から女性にアプローチもしましたが、基本的には反応ナシ。返ってきても辛辣な言葉ばかりでした。

“キモい”
“無理”
“童貞とかw”

心が折れそうでしたが、この時何故か同時に妙な興奮を覚えました。
そしてこの頃から、女子達に童貞なのをバカにされて罵倒される妄想をしてオナニーをするようになりました。

バカにされるって興奮する。

と自覚してからは出会い目的よりもバカにされたくて、女の子にアプローチしまくりました。やっぱり基本的には無視されるのですが、何割かの罵倒返信に歓びを覚えました。

けれどこの遊びはすぐに飽きてしまいました。罵倒されるといってもその文言は大体決まっています。同じような罵倒ばかりで物足りなくなってしまったのです。
それに出来れば目の前で罵倒されたいという欲もあります。

もっと本格的に罵倒されたい。

と思う頃には自分はMかもしれないと自覚もしていました。

普通の女子じゃなくて、S系の女子ならMで童貞な僕でも受け入れてもらえるかもしれない。と、僕はS系の女子にターゲットを絞ってアピールしました。

“童貞だけどS女子の性奴隷になりたいです”
“童貞の僕をイジメてください!”
“20歳の童貞、何でもします!”

今度こそ…!と思いましたが、結果はイマイチでした。反応は増えたものの、

“シコって寝てろ”
“童貞のくせに何が出来るの?”

と、まともに相手にしてもらえそうにはありませんでした。

結局童貞も卒業できず、罵倒されて興奮してしまうというこじれたスキルを身に着けただけで、女性とは無縁の一生を送る事になるのか…と二度目の絶望を感じていた時でした。

“童貞好きの30歳、女子って年齢じゃないけど相手するわよ”

とメッセージが届いたのです。
神が現れたと思いました。女性だから女神といった方がいいかもしれません。

“よろしくお願いします!”

僕は即、返信しました。

これまで、ただ罵倒のレスポンスしか返ってこなかった僕に前向きなメッセージが届くなんて。天にも昇る思いでした。
しかも、さらに嬉しい展開が続きます。条件さえ納得できるなら会おうというお誘いまでいただいたのです。

その条件とは以下の通りでした。

“私好みの奴隷になるべく素直に調教を受ける事”
“決定権は全て私にある、私の意志に反しない事”

正直、何をされるか不安でいっぱいでしたが、せっかくのチャンスを棒に振るわけにはいきません。僕はこの条件を飲みました。

そこからはとんとん拍子で数日後には初対面する事になりました。
けれどここで一気に不安に襲われました。同世代の女子とも上手く話せないのに、10個も年上の女性とちゃんと話ができるだろうか。
これまで、メッセージでのやりとりだったからよかったものの、実際に面と向かって話すとなるとどうしていいかわからない。かといって会うのをやめるのも嫌だ。

なんて事を悶々と考えているうちに約束の日はやってきました。
とりあえず、第一印象だけはよくしておかないと、と見た目だけは無難に整えて初対面に臨みます。

「こんばんは、綾乃です」

待ち合わせ場所で待っているとやってきたのは細身の女性。
パンツルックにハイヒール、薄手のロングコートという出で立ちで、髪は黒のボブショート。顔は芸能人でいうと小松菜奈似のクールでカッコイイお姉さんといった感じでした。

正直もっとおばさんみたいな人が来たらどうしようという心配もありましたが、これからこのきれいなお姉さんにエッチな事をされるんだと思うとドキドキしました。

「こんばんは…」
「緊張してる?」
「えっ、あっ、はい…」

我ながら情けない返事です。それでも綾乃さんはそんな僕を楽しげに眺めていました。
とりあえずカフェにでも行って軽く話をしようとなり、言われるがまま近くのカフェに入りました。

話でもしようと入ったカフェでしたが、終始話題を提供してくれているのは綾乃さん。僕はただ聞かれた事に答えるだけのコミュ障ぶりを発揮してしまいました。
いくら色々話しかけてくれても話が続けられないでは、話題も尽きてしまいます。僕が一番恐れていた無言の時間が訪れました。
綾乃さんにばかり負担をかけて自分からは話も振れないなんて、幻滅されているだろうか…と意気消沈しかけたその時。股間にある異変を感じました。

「…っ!??」

ズボン越しからチンコを撫でるような感覚に思わず視線を下げるとそこには綾乃さんの足が。すぐさま視線を戻すと、そこには意味ありげに微笑む綾乃さん。

もちろん店内は他にもお客さんがいます。なのにこんなところでチンコを足で弄ばれるなんて…童貞の僕には刺激が強すぎます。あっという間に僕は勃起させてしまいました。それでもなお足は僕のチンコを摩るだけに僕は堪らず身じろぎさせてしまいます。

「どうしたの?」
「えっ?」
「だから、モジモジしてどうしたの?って聞いてるの」
「あ、あの…アソコが…」
「アソコってどこ?」
「…チンコが…」
「チンコがどうしたの?」
「立ってきました…」
「やだ、童貞だからってこんな所で勃起させないでよ!」
「あっ、す、すみません…」

小声で話していたとは言え、周りの人に聞かれていないか気が気ではありませんでした。
こんな形で童貞チンコを辱められるなんて…この時は唐突な事でほぼパニックでしたが、後から考えれば言葉責めの一環であり、これまで受けてきたどんな罵倒よりも素敵なものでした。

「こんな所で勃起させてるなんてみんなに知られたら恥ずかしいでしょ?そろそろ行くわよ」

綾乃さんに促されて店を後にします。

「近くに座ってた女の人、こっちをチラチラ見てたわよ。童貞が勃起させてるってバレてたかもね」

店を出てから綾乃さんにこんな事を言われ、恥ずかしい気持ちになりました。
でもこの後はいよいよホテルの予定。どんなエッチな事をされるんだろうか、という事の方が頭の中を支配していました。

予定通りホテルへやってきました。僕にとっては人生初めてのラブホテルです。これだけで心臓はもうバクバクです。

綾乃さんは僕に服を脱ぐよう命令しました。僕は命令通り裸になって直立します。チンコはもうずっと勃起しっぱなし。
綾乃さんの手が僕のチンコに直に触れます。女性の手が僕のチンコに触れるなんて…チンコの先端からは我慢汁が溢れてきました。

「童貞なだけあってキレイなチンコね」
「大きさと太さは…まあ普通よりちょっと小さいかもね。でも硬さがあってなかなかいいわよ」
「あ、ありがとうございます」

綾乃さんが僕のチンコを値踏みします。良い方なのか悪い方なのか分かりませんでしたが、綾乃さんの表情からしてチンコのスペックは及第点という感じだったのかもしれません。

「じゃあ早速私の命令を実行してもらおうかしら」
綾乃さんは値踏みを終えるとソファに座り、僕を見据えます。
Sっぽい雰囲気が増して、緊張感が増しました。

「今から私の前でオナニーしてくれる?手を動かすスピードは自分で調整していいから15分でイク事。誤差は前後1分以内ね。時計はベッドにあるから見えるでしょ?」
「命令通り実行出来たらご褒美をあげる。できなかったらお仕置きね」
「…頑張ります」

僕は綾乃さんの前でオナニーを始めました。緊張もありましたがそれ以上に綾乃さんに見られながらのオナニーに興奮してしまい、思いのほか早くイッてしまいました。

「9分。誤差が6分もあるなんてまだまだね」
「すみません…」
「じゃあ最初に言った通りお仕置きね」

綾乃さんはバッグから細長い棒状のものを取り出しました。それが鞭だという事は童貞の僕でもわかりました。

「誤差が6分だから6回ね」

綾乃さんは鞭を振り下ろすと僕の尻を打ち据えます。

「痛っ…!」
「お仕置きなんだから当たり前でしょ!」
「……!!!」

結局この日は童貞を卒業する事は出来ませんでした。
触ってもらえたのはほんの僅かで、あとはただオナニーをさせられただけ。おまけに尻まで叩かれて散々な結果です。
でも、なんだかちょっと嬉しい気持ちになりました。それはこんな形でも女性と接する事が出来た童貞ゆえの喜びか、虐げ辱められたMとしての喜びかはわからなかったけれど、僕はその後もめげずに綾乃さんと会い、調教を受け続けました。

調教内容は最初と同じ。オナニーをさせられて指定の時間にイクように命令されます。最初と同じく15分の時もあれば20分、30分の時もあったりとまちまちでした。そして失敗すればお仕置きを受けます。
成功した時はよくできたわね、と褒められてご褒美だとチンコや手を拭いてもらえます。たったこれだけの事で一向に童貞は卒業させてもらえません。それなのに、綾乃さんに褒めてもらいたくてご褒美をいただきたくて頑張りました。

やがて成功するのが当たり前になるようになりました。そんなある日の事です。

「射精調整には慣れてきたみたいだから次は奉仕の練習をしてもらおうかしら」

このままずっとオナニー命令で終わるのではとも思っていただけに、期待で胸が高鳴りました。
綾乃さんはスキニーパンツを脱ぎ始めます。
綾乃さんと出会って半年。ようやく綾乃さんの下半身を拝めます。もしかして童貞卒業もさせてもらえるのでは…?そんな期待さえ膨らみました。

下半身下着だけの姿になった綾乃さんは僕をベッドへ導いて、両腕を後ろへ回し拘束します。何故拘束を…と、少し違和感を覚えましたが、僕は綾乃さんのなすがままとなりました。

いよいよ綾乃さんは自らの下着に手をかけて下半身を露わにされました。そしてベッドに横たわり足を開脚します。
初めて見る女性のナマのアソコに僕は一瞬で勃起状態に。

「今から私の命令通り舐めるのよ」

僕は頭を掴まれて強引に引き倒されました。腕は後ろで拘束されているので、上手く身動きが取れません。目の前には綾乃さんのマンコ。初めて嗅ぐ女性の香りに性欲は大爆発。勃起したチンコをシーツに擦り付けるように腰を振ってしまいました。

「勝手な事をするんじゃない!!」

すかさず背中に鞭が入ります。

「私より先に童貞のあんたが気持ちよくなってどうすんの?奉仕の基本は何よりもまず私が気持ちよくなるのが最優先。わかった?」
「はい…申し訳ありません」

この頃には言葉使いも躾けられていました。僕は気を引き締めて綾乃さんへの奉仕に向き合います。

「まずは舌全体で割れ目を舐め上げて」
「今度は割れ目の両サイドも舐めるのよ」
「舐め方が早い!もっとゆっくり」

綾乃さんの細かな指導の下、僕は奉仕をします。少しでも間違えたり、僕が自分の性欲に負けそうになると背中には鞭。
こんな奉仕練習が会うたびに繰り広げられました。そしてこれまた半年経った頃には舐め奉仕だけで満足してもらえるだけの奉仕テクニックを習得していました。

綾乃さんと出会って1年。僕ももうなんだかんだで23歳になろうとしていました。大学も卒業して就職し、とある企業の技術職に就きました。

綾乃さんはコミュ障の僕とでも気まずい雰囲気にならないように会話してくれましたし、僕もまたそれなりに話が出来るようになっていました。こんな風にまともに話せる女性は綾乃さんだけです。
それだけに、ただエロい事をされたい、させられたいという感情以上にちゃんと付き合いたいという思いがだんだんと大きくなりました。
10個も年上の彼女なんてと思う人も多いかもしれないけれど、綾乃さんは正直同年代の女子より美人だし大人の色気に溢れていて、別段年上趣味があるわけでもない僕でも魅力的に感じる女性です。

もちろん、ただの知り合い以上の関係がある仲という補正はあるかもしれないけれど、綾乃さんには性的な魅力だけでなく人としての魅力を感じるようになっていました。

でも綾乃さんにとって弄び甲斐のある童貞坊やにしか思われてないはず。そんな自分が今以上の関係を求めるなんておこがましいという思いから、僕の思いを綾乃さんに伝える事はありませんでした。

そのせいかこの頃から綾乃さんと会うのが辛くなってしまいました。僕はただ、奉仕をして目の前でオナニーをするだけの生き物。本物のM男ならこういう立場にすら喜びを感じるのかもしれないけれど、僕はまだその域には達していません。

僕は仕事を言い訳にして、綾乃さんと会う事を避けるようになりました。そしてそんな日々が2ヶ月ほど続いた頃。

“もうすぐ誕生日でしょ?お祝いしてあげるから直近で空いてる日を教えて”

綾乃さんからのメッセージでした。正直悩みました。でも誕生日を独りで過ごすのは寂しいという思いもありました。
なので僕は綾乃さんの誘いに応えました。

約束当日。待ち合わせ場所へやって来た綾乃さんは僕を見るなり思いっきり頬を引っぱたきました。意味が分からず呆然とする僕。
綾乃さんは無言でしたが、表情からして怒っている事は明らかです。

「とりあえず行くわよ」

綾乃さんは有無を言わさない口調でいつものホテルへ向かいます。僕はついて行くしかありませんでした。

「どういうつもり?」
「えっ?」

部屋に着くなりさらに怖い顔で詰め寄られます。

「私と会わないようにしてたでしょ?どうしてか、って聞いてんの」
「あ…」

この時、ようやく僕は理解しました。仕事を言い訳にしていたけれど気付かれていたのだと。自分の思いを伝えていいものか悩みましたが、隠しても仕方ないと思いました。

「綾乃さんと会うのが辛かったから…」
「どうして?」
「綾乃さんは童貞の僕を弄ぶのが好きなだけでしょ?綾乃さんは遊びのつもりなのに、僕だけ本気になっていくのに耐えられませんでした」

「貴方にとって遊びとは何?本気とは何?」
「…会ってすぐホテルへ行くだけの関係は遊びだと思います。僕は綾乃さんともっと色んな時間を過ごしたい」

不覚にも泣いてしまう僕。そんな僕を見つめる綾乃さんの顔からは怒りの表情は消えていました。

「それはもっと私の時間を独占したいって事よね?一般的に言う恋人のような付き合いがしたいって事?」
「…はい」

僕が答えると沈黙が流れました。嫌なタイプの沈黙です。綾乃さんの言う通り、僕が望む事は彼女の時間を独占したいという事に他なりません。やはりこんな事を願うなんておこがましい事だったのだろうか。

言葉にしてしまった事を後悔していると、また頬を思いっきり引っぱたかれました。

ああ、完全に嫌われた。
“童貞のくせに付き合いたいとか生意気過ぎるわ、勘違いするな!”
こういう意味なのだろうと思いました。
でも、綾乃さんからは意外な言葉が返ってきたのです。

「私は平気でこういう事をする女よ」
「それに最初に言ったわよね?決定権は私にあるって。もし私が付き合うと決めたら、貴方から別れたいと思っても別れられないようにするけれど。そんな私の決定に従う覚悟はある?」

「えっ…?それって…」

僕と付き合う事を綾乃さんも前向きに考えてくれる、少なくとも僕にはそんな返事に聞こえました。でもそう簡単には信じられません。答えに窮していると、さらに返答を迫られます。

「私は平気でビンタもするし、一度付き合うと決めたら貴方からは別れられないけれどそれでもいいの?って事。どうなの?」

付き合ってもいい、という答えだと確信しました。
正直、叩かれるのは痛いし辛いけれど、愛情のあるものならむしろ嬉しい。それにこんなに素敵な人を僕から別れを切り出すなんて考えられない。

「それでも僕は綾乃さんと付き合いたいです」

思い切って言葉にすると、綾乃さんは僕を抱き締めてくれました。

「じゃあ、付き合おっか」

耳元で囁く綾乃さんの言葉を聞いて、情けなくも僕は号泣。そんな僕の頭を綾乃さんは優しく撫でてくれました。

そしてその後、綾乃さんから思いがけない言葉をいただきました。

「ねぇ、しよっか?」
「え…?」
「付き合ったならするでしょ?エッチ」
「いいんですか…?」
「私を満足させてね」

まさか、こんな流れで初めてのセックスが出来るなんて…僕は舞い上がりました。

とはいえ、当然まずはご奉仕からです。もうすぐセックスできるという興奮のあまり冷静さを失いそうでしたが、これまでの奉仕訓練の成果もあり、綾乃さんに満足してもらう事に集中して奉仕をしました。

そしていよいよ挿入です。
中に入れた瞬間、熱くて締まりがよくて、オナニーなんかと比べものにならないほど気持ちよくて。これが女の人の中なんだと思うと、興奮は最高潮に。それでもオナニー命令で射精をコントロールされてきたのですぐにイッてしまうような事はありませんでした。この時初めてオナニー命令や奉仕訓練にはちゃんと意味があったのだなと実感しました。

「もっとゆっくり動かして…」
「そうそう…」
「あぁっ…そこイイ…!」
「あぁ…もう、やだ…中でイッちゃう…!!」

今まで聞いた事もない綾乃さんのエッチな声に喜びと幸せがこみ上げてきます。綾乃さんが何度か中でイッた後で、僕も射精させてもらいました。

童貞の僕が綾乃さんと付き合えるなんて夢のまた夢だと思っていたのに、こんな形で付き合ってもらえる事になり、おまけに童貞まで卒業させてもらえて、僕にとっては最高の誕生日プレゼントとなりました。

それから数日後、綾乃さんからもう一つプレゼントされたものがあります。それは鍵付きの貞操帯。

“私と付き合ったなら貴方から別れられないようにするって言ったでしょ?”

と言って僕のチンコは綾乃さんに管理される事になってしまいましたが、僕にとってはこれもまた幸せです。

S女性と出会いにオススメコミュ

★オススメ★最新痴女との出会いサイト

SMバナー
痴女に金玉すっからかんになるまでザーメン搾りとられてみませんか?
SMの経験は一切必要無し!とにかくアナタの体一つで痴女との素敵な時間が過ごせます!
M男調教体験談・告白
be-my-slaveをフォローする
女王様とお呼び!

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました