【もはや甘露!罵られながら…】激しい唾液・服従プレイ体験談

M男調教体験談・告白

唾液って一般人からしたら何のイメージも持たれない、むしろ汚いイメージすらあるものですよね。
でも、ちょっと待って欲しいんです。
想像してみて貰えませんか?もしそれが、絶世の美女から口移しされて送り込まれる唾液なら。少~し興奮しませんか?
美女を華に例えるなら、美女の唾液は華の蜜のようなもの。

ああ、かくいう僕も最初は唾液に興味無かったんですよ?
でも、色々あって病みつきになっちゃったんですよね~w
その「色々」あった事を誰かに聞いてほしくて投稿してみました。
友人に話しても絶対信じて貰えないだろうし、というか話せません。
僕自身、白昼夢でも見てたんじゃないかって思う時ある位ですから。

そんな時はスマホを手に取って、当時の写真を見返すんです。
送られて来た写真たち。誰にも見せられない痴態の数々。
ゾクゾクすると共に、ああ現実だったんだ…と幸せな気持ちになるんですよね。
前世でどれだけ徳を積んだらこんな美味しい思いが出来るんだろう、っと浸りながら記します。

目次

①しけた毎日に風穴があいた
②予想外過ぎ!これなんてエロゲ?と思ったら…
③後日談

①しけた毎日に風穴があいた

会社に行って働く、そして帰ってなんやかんやして寝る…ルーチンワーク。
不満があるわけじゃないけど100%満足してるかって言ったらそうじゃなくて、もやもやした気持ちを抱えたまま過ごす日々。

特に、僕の家のすぐ近くに大学があってそこの生徒達がワイワイ楽しそうに近所を行き来してるのを見ると虚無感を感じてたもんだ。
それでも、社会に適合出来ずに精神を病んで退職してしまった同期よりは幸せなはず、なんて最低な比較をしながら自分を慰めてたんだよなぁ。

だが、そんなある日。
久々にその同期のフェイスブックを見たら結婚してやがった…
満面の笑みの、中々の美人…これが妻らしい。
ツーショットがずらりと並ぶ。
遊園地行きました、高級ホテルのビュッフェ行きました、みたいな写真の中にも「公園でこうして過ごしてるだけでも幸せ」って書いてある写真もあって…何もなくても一緒にいれるだけで幸せ、って書いてあった。

画面越しにもラブラブオーラが伝わってきて痒くなって、思わずバァンッ!と音を立ててノートパソコンを閉じちまったよ。
「お前、つい最近まで病んでたじゃねーかよ…何で病んでて気持ちに余裕のない筈のお前が結婚出来るんだよ。僕なんて彼女すら出来ないのにおかしい、世の中絶対おかしい。」
と、やるせなさと居たたまれなさとで頭がおかしくなりそうだった。
思い返すと、我ながら小さい人間だったと思うw

ひとしきり興奮した後に、僕は思い直した。
この際、奴に学ぼう。と。
病んでいても結婚出来たという事は、それを補って余りある何かがあったに違いないと思ったんだ。
すぅー、と呼吸を整えてもう一度ノートを開きフェイスブックをチェックしていると、どうやら嫁さんは大学時代のインカレサークルの後輩で、昔から連絡を取っていて。
同期が病んだのを知って献身的に支え続けた結果のゴールイン♪という事らしい。

――いや、僕、大学出てないし高卒なんだけど。帰宅部だったから後輩居ないし、何なら陰キャだったから女友達すら居ねーよ。

再びバァンッ!と音を立ててノートパソコンを閉じ…そうになったのを今度は堪えた。

どうして世の中はこんなに理不尽なのか。
と思うと同時に、色々考えを巡らす…
大学かぁ。僕だって行きたくなかったわけじゃない。金銭的に余裕があったら行きたかったさ。
まあ麻雀にハマってたから成績は悪かったけど、親が金持ってたら僕だってやる気出して真面目に勉強してたさ…でもそうじゃなかった。
だからこれは自分のせいじゃない、親のせいだ。
まったく、世知辛い世の中だ…。
と思いながら、もし自分が大学生だったらどんなキャンパスライフを送っていただろう?と考え、入学しモテモテになり美人に告白される妄想までしたところで、ふと閃いた。
まず、僕のささやかな楽しみのひとつにソシャゲがある。
ソシャゲ内の友人に女子大生が居たはずだ、まぁまぁ仲が良いし今度オフ会(現実世界で会う事)の誘いをもちかけてみよう…ゲーム内で色々世話を焼いてきたし、もしかしたらいけるかもしれない、と。
この時、悔しさが爆発して見境無くなってた僕を止めるものなんてなかったんだな。

次の日早速、女子大生(名前を鈴としよう)とアポを取ってみた。
答えは「もう少し僕の事を知ってからならOK」との事。
ちょろっ、でもちょっと面倒くさっwと思いながらもそこからLINEを交換し、毎日メッセージを送りあった。
ゲームやニュースの話から、今日こんなもの食べたよ~なんていう報告まで色々。
やってみて分かったけど、案外こういうやり取りって楽しいんだな。
だるいだけかと思ってたらw
そして鈴の返事は結構ノリノリで、あっちも楽しんでそうな雰囲気があった。

その内、鈴から「髪切ったよ~」という言葉と共に、自撮り写真が送られてきた。
幼い猫顔の、今時の若い子って感じだ。
正直僕はツンッとしたクールな雰囲気の西洋顔の美人の方が好みだったんだが(つまり好みと真逆だったって事)、そんな事言えるはずもなく「おぉ、かわいいね。会うのが楽しみだ。」なんて返しておいたんだよな。

ちなみに僕の写真を送った時の鈴のコメントは
「前髪めっちゃ長いですねw前見えます?でも顔は整ってると思います!髪型ちょっとあれだけど!」
とかいう、若干上から目線のコメントだった。
まぁ、若い子は言葉選びが雑だろうし悪気は無いんだろう、イラつくだけ時間の無駄だ。
それに多少生意気な位が調教し甲斐があるっていうしな、なんて思いながら鈴の裸を想像してオナニーする日々が続いた。
「何度妄想の中で鈴に中出しし、孕ませたことか。
おまんこだけじゃない、口やアナルにも出してやりたかった。
行く行くはアナル開発もしてやろうと思ってたからな。

そしてメッセージを送り合う事一か月目、ようやく鈴と会う事になった。
最初は顔合わせからという事だったが、あわよくば…という思いから鞄にはコンドームとバイブ、ローター、目隠しを忍ばせておいて。
まぁ嫌がっても絶対に使ってやるwと思ってたよ。
どうせ若いんだ、褒めちぎれば簡単に股開くもんだろ。

②予想外過ぎ!これなんてエロゲ?と思ったら…

当日は、鈴の最寄り駅のス〇バ前で待ち合わせをすることになった。
期待しつつ、もし写真と違うゴリラみたいな女が来たらどうしよう…とも思っていた。
ネットのオフ会では、女性が自撮りを加工して送ってくる事はザラらしく、僕のネットフレンドも「以前気になる子に写真送って貰ったんだけど、実際会ってみたら俺の3倍位の横幅のが来たから腹下した事にして逃げて来たわ」って言ってたし。
まぁ大丈夫だろう、と思ってはいたけど不安はぬぐえなかった。

と、待っていると。
「こんにちは~!」背後から、ちょっと鼻にかかった甘い声が。
振り向くと鈴が居た、写真と全く違わない。
安心しながらスタバに入って、デートを開始した。
他愛もない世間話をしたり、鈴のショッピングに付き合ったり。
そうこうしてる内に夕方になった。
僕は勇気を出して切り出した。
「鈴ちゃん、ちょっとゆっくり出来るところで休まない?」
すると鈴は、ブハッと吹き出しながらこう言ったんだ。

鈴「ちょっとw今日は顔合わせだけって約束だったのにw」
このリアクションで若干イラッとしたが、ここで引き下がったら男がすたる。
僕「頼むよ、僕鈴ちゃんの事が気になって仕方ないんだ。この想いは本物だよ…(嘘だけど)鈴ちゃんのすべてが欲しいと思ってるんだ。(心は要らないけど)」
鈴「えぇwwう、うん。気持ちは分かりました、まぁそこまで言うなら…私も処女じゃないし良いですよ。でも家散らかってるし、かといってホテルは今の時間だと中途半端だから、どっかで時間潰してからホテル行きませんか?うちの大学とかどうです?」
僕「えっ、日曜だけど空いてるの?」
鈴「うん、日曜だから教室とかは閉まってるけど、サークルの部室とかは部員が開ければ入れるんですよ。」

大学かぁ…そういえば先日、大学行きたかった~なんて思ったな…見に行った事ないし、行ってみるか。
というわけで、僕は鈴と一緒に大学へ向かったのだった。
それにまぁ、部室でヤる事になってもそれはそれで燃えそうだなって思ったからな。

初めて見るキャンパスは広大で、内心おぉ~~と感動しながらも必死で顔に出さないようにしながら鈴の後に続いた。
この程度で感動してるなんて知れたら格好悪いからな。
この時鈴のサークルがどんなもんか聞いたら、映像研究会という自分たちで映画を撮るサークルという事だった。
予算は大学側から出るそうで、羨ましい。

鈴「ここがうちのサークルの部室です、今鍵あけますね~」
鈴が鞄から鍵を取り出し、開錠する。
ギィ、と扉を開くと、様々な機器が見えた。多分映画を撮る時に使うんだろうな。高そうだ…ちっ。
鈴「さぁ、どうぞどうぞ~先に入ってくださいな」言われるがままに部屋に入る。
背後でガチャ、と施錠する音が聞こえた。
僕「鈴ちゃん?」
振り向いたと同時に、背後から複数人の何者かに羽交い絞めにされ…手足を手錠で拘束されてしまった。

僕「えっえっ何、やめろよ!おい!!!おい鈴!!どういう事だよおい!!聞いてんのか!!」
鈴「うるさいなぁ、ちょっと声のボリューム下げてくださいよ。」

じたばた喚きもがく僕を横目に、鈴はドサッと椅子に座った。
??「そうよ、私たちはおとなしい子が好きなんだから。騒ぐのは調教の時だけに…いい子にしてて、ね?」
ビブラートの掛かった低音ボイスが響く。
声のした方を振り向くと、そこには…複数人の女性が立っていた。
4,5人ほどだろうか。
その内の一人、驚くほど整った顔をした、切れ長の目の女子が口を開く。

瑠衣「あぁ、驚かせてごめんなさいね。私は瑠衣っていうの、よろしく。
まずは状況を説明しましょうか…私たちね、映像研究会のメンバーなの。
で、普段は普通の映画を作ってるんだけどね…大学用に。
でもメインの活動は、男を引っ掛けて全員で犯す映画の製作なのよ。」
突然の事に頭が付いて来ず、口をパクパクさせるだけの僕になおも続ける瑠衣。

瑠衣「誰でも良い訳じゃないのよ?ある程度プライドが高そうな男性を捕まえて、メンバー全員で犯すのがルールなの。
それにアフターケアもちゃんとするしね、安心して?
あーあと鈴から聞いたけど、あなた、鈴とゲームする時やLINEのやり取りで相当マウンティングしてたみたいね?
どうせ鈴のことも格下に見てて、一発ヤリたいと思って誘ったんでしょ?」

瑠衣の足先で顎を持ち上げられて、「うっ」と呻いてしまった。
そして図星だ。

鈴「その顔やっぱり当たりかぁ~wまぁ今日一日観察してて分かってましたけどw会話もまあまあやばかったけど、トイレ行ってる時鞄見たらめっちゃ玩具入ってたし、ヤリモクかって分かりやすすぎw」
僕「そ、そんなことは」
鈴「あるでしょ?」と言い放つと同時に、股間を足先で踏みつけられる。
思わず「ひぃっ!」と情けない声が出た。

怯えていると、瑠衣が僕の顔面にまたがってショーツを下げた。
露わになる瑠衣のおまんこ…思わず凝視してしまった。

瑠衣「まずはウェルカムドリンクをあげる。ちゃんと飲みなさいね」
そう言うと、僕の顔の上に勢いよく放尿した!

僕「んぶううぅぅぅ!!ん゛んんん!!!」
目や鼻、耳に瑠衣の聖水が入って来て咽せかえり、咳き込む。
瑠衣「あはは、やだーちゃんと飲めてないじゃない。罰を与えないと。」
その言葉が合図なのか、鈴含む周りの女性達が周囲に集まって来た。
手錠を外されたと思ったのもつかの間、恐ろしい力で抑え込まれ、服を全て剥ぎ取られてしまった。
これじゃあ逃げられない…

瑠衣「ポッテリした乳首でカワイイわね。動物の目玉みたいよね、ああ、最近テレビで見たパンダの目みたい。ね?みんな」
女子「あ、こうしたらもっとパンダっぽくなりますよ!」

おもむろに女子の内の一人がマジックを持ってくると、僕の乳首を塗りつぶし始めた。
女子「瑠衣さんどうでしょ、これで余計パンダっぽくなったと思うんだけどwあ、これ鏡ねw」
女子が手鏡を差し出す。そこに映っていたのは、顔を聖水、涙、鼻水塗れにしながら両乳首と周囲を黒く塗りつぶされた僕…。
きゃはは、天才~~という声と共にスマホを構えられ、シャッターを切られる。
ダメ押しで、更にマジックで胸の下にキュッ、と丸印が書かれた。パンダの鼻のような…。
短時間に色々な目に遭いすぎて、色んな感情が押し寄せて何も考えられない…。

瑠衣「あれ、乳首勃起してない?エロいね」
爪先で、きゅぅっと抓られる。痛みと同時に下半身に痺れが走った。
僕「あひィッ!」
女子達「うわっwおちんちん一気に勃ったぁ~w」
僕「えっ」

その言葉で下半身を見てみると…ビンビンに反り返んばかりにチンポが勃っていた。

鈴「わ~やっぱり鈴が見込んだ通り!こんなに虐められてるのに興奮しちゃうドMさんだったんだー!」
鈴が嬉しそうな声ではしゃぐ。
女子「今カバンの中身チェックしてみたんですけど、バイブとかローターえぐいですねwイボついてるしw」
鈴「そうなんだよね~初対面の相手に使うものじゃないでしょっていうwそもそも顔合わせだけって話でしたけどwね?」
そう言いながら、靴を脱いだ足先を僕の口に入れてくる。
ブーツの中で蒸れたのだろうか、すっぱい臭いが口と鼻一杯に充満する。

鈴「えっ嘘でしょwまたおちんちん反り返ったんだけどw瑠衣さーーんw結構な逸材っぽいーw」
瑠衣「大体おえってなるものだと思うけど、ならないのねぇ…鈴、でかしたわね。じゃあ、アレ持ってきてくれる?」
鈴「はーい!」

鈴が部屋の片隅の冷蔵庫へ向かい、何かを手にこちらに戻ってきた。
瑠衣「今鈴が手に持ってるのはね、私たち全員の唾液を混ぜたものなの。貴方にはこれを飲んで貰うわ。」
僕「えぇっ?!?無理!絶対無理!!!」
想像しただけで鳥肌が立った、僕にそんな性癖は無かったから。

女子「wwビビッてるのにおちんちん勃起したままなんだけどwどういうことww淫乱過ぎでしょ普通にw」
周りの女子達が服を脱いで、全裸になっていくのをただただ呆然と眺めていた…。

瑠衣「無理とか言えないようにしてあげるわね。まずは…皆、このプライドの高いパンダ君の事歓迎してあげて。」
言い終わるやいなや、周囲の女子達が唾をペッペッと吐きかけてくる…アッという間に、僕の体は唾まみれになった。

僕「うぅ…」もう呻くことしか出来ない。
自分より年下の女子達にもて遊ばれるだけじゃなく、こんな屈辱的な仕打ちまで受けるなんて。
瑠衣「さぁ、ヌキヌキしまちょ~ね~」そう言うと瑠衣が僕のチンポをしごき出した。
唾液がローション代わりになってグチュ、グチュ、とやらしい音が室内中に響く。
意志とは裏腹に気持ち良すぎて、先走りは出るし「あぁっ、あぁっ」なんて情けない声まで出てしまう。
周りの女子達にキャハハと笑われ、カメラを向けられているのが視界の隅に映り…余計興奮した。
僕「あぁっ、出そうっ出そうぅ!!」

叫んだ途端、瑠衣の手がピタッと止まった。
僕「あぇっ、何で…」
イキそうでイケなかった僕に、冷たい目で瑠衣が言う。
瑠衣「唾液、飲むわよね?」
僕「い、いや、それは…」
瑠衣の手が再び上下に動き出す、同時に女子達が僕の乳首を弄り始めた。

僕「お゛ぉっ!!か、勘弁!!勘弁んん!!!」
再び気持ち良さに襲われ、自然に腰がカクカクと動いて快楽を求め…始めたと同時に、また瑠衣の手がピタリと止まった。
そ、そんな…。

瑠衣「唾液、飲むわよね?同じ事もう一回言わせないでね?」
僕「の、飲みまず!飲みましゅ!だから止めないでぇ!!」
無様に腰をクネクネさせる僕の口に、瓶からトロッと唾液が注がれる…
僕「ン゛ンッ!!!」
コク、コク、と涙目で全て飲み干す。
瑠衣「いい子。じゃあご褒美に一回いかせてあげるね。」
瑠衣が再び手を上下に動かし始め、女子達が乳首や玉を弄り、快楽の波が押し寄せてきた。
僕「いぎまず!!!いぐいぐ!!!いっぢゃううううう!!!」
そう絶叫しながら、僕はあっけなくイッてしまった…

はぁはぁと息を切らして呆然として転がっていると、周りの女子達が手に何かを持って戻ってきた。
僕が持ってきた玩具と、液体の詰まった瓶…おそらく唾液の瓶だろう。
瑠衣「これで終わりな訳ないでしょ?さっきの唾液、いやいや飲んでたわよね。あれが心から美味しいって思えるようになるまで犯し倒してあげるからね。まだまだストックはいっぱいあるから。」
鈴「唾液を心から喜んで飲めるようになってこそ一人前のM男なんですよーw今夜はおしっこも唾液もいーっぱい飲ませてるし、ちゃ~んと動画や写真に残しておいてあげますからねっ♪」
瑠衣「ほら、まずはおっぱい吸いなさい?パンダちゃん。」
瑠衣が瓶から指で唾液を掬い取ると、乳首に塗り付け僕の口に押し付けた。
柔らかくて甘いメスの臭いに脳髄からしびれて、夢中で乳首にしゃぶりつく。
瑠衣「美味しい?ド淫乱なパンダちゃん。またおちんちんビンビンになってるけど。」
僕「美味しいです!美味しいでしゅ!!!」
もう一切考える事を放棄して、ただ目の前に差し出された快楽に没頭して行く。
と、女子が僕のアナルに何か塗り込んだ…と思うかいなや、ズンッと下半身に衝撃が走った。
僕「ぶぉぁぉぉぉぉぉ?!??!?!?!」
あまりの衝撃に思わず叫んでしまった。そう、僕の持ってきたバイブがアナルに差し込まれたんだ。
アナルは多少弄った事はあるものの、持参したバイブサイズのものは入れたことなんて無くてせいぜい指2本が精いっぱいだったから、おもむろに大きなバイブを差し込まれてまた口をパクパクさせてしまった。
ちなみにバイブのサイズは、「外人サイズ♪」という売り文句だったからそれなりの大きさだと思う。
放心状態のまま、ズン、ズン、とピストンされる。

僕「あっ、あっ、あっ」
動きに合わせて声が出る。段々切ないような甘い感覚が下半身からじわじわ這い上がってきて、無意識の内に声が出てしまっていた。
瑠衣「わぁ、もうすっかりメスだね。とろけた顔しちゃって…いいよ、いっちゃいな。ちゃんとコレ飲みながらね。」
瑠衣が瓶の蓋を開けて、唾液を自身の口に流し込み…そのまま僕の口に、口移しで流し込んだ。
舌がねっとり絡みつくディープキスをしながら、ゆっくり味わうように唾液を飲み干して行く。
甘い唾液の味とキスを味わいながら、目の前が真っ白になって行った…。

③後日談

…という事があったんです。いやぁ~下心満載で行ったらミイラ取りがミイラになっちゃったって感じですよねw
あの後ですね、結局5,6回は犯されたのかなぁ。
途中でホテルに移って、皆で夜通し交尾しまくりでしたねw
皆の唾液を全身に受け止めて、唾液を流し込まれてぐじゅぐじゅになりながらする交尾は最高でした。
途中で額に「唾液犬」とか書かれて写真撮られたりしたんですけど、それは皆のおかずになるそうです、嬉しい限りw
で、今は呼び出しがあった時にしっぽ振って皆のところに行って交尾しまくる生活を送ってます。
ちなみにですけど、アナルは今アナルローズ寸前ですね。
アナルを開発してやるつもりが逆に自分が開発されちゃって、あちゃ~って思ってますけど、アナルめっちゃ気持ち良いんでアリってか良かったなと思ってますw
僕が四つん這いになって、上半身を床につけて尻を突き出した恰好させられて「誰が唾をアナルに上手く吐きかけられるか」なんてゲームやったりするんですよ。
これ、瑠衣さんが凄く上手くてアナルにばんばん唾を吐きかけてくれるんですよね。
他の皆も上手いんですけど、百発百中なんですよ瑠衣さんは。
それでゲーム終了後には聖水と唾液をブレンドしたドリンクをくれたりして、本当に優しいっていうか。
こんなに気持ち良い事してもらって、心のこもった飲み物も毎回くれて…自分みたいな人間には身に余るって思うようになりましたね。
皆と出会う前の自分は性根腐りきった人間でしたけど、プライド捨てたせいか楽になったというか、人間丸くなれた気がしますね。
性癖に関しては最初書いた通り、唾液フェチになりましたw
いやぁもう毎日最高ですよ、本当に。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました