風俗嬢にアナル拡張されてメスイキできるようになった僕のSM体験談

M男調教体験談・告白

いきなりですが、自己紹介させて下さい。

僕はタケシ、36歳会社員です。体型はぽっちゃり、というと聞こえがいいですが、つまりデブです。

いい歳こいて童貞で交際経験もゼロ。

仕事の要領も悪く、典型的な窓際族です。

会社で陰で「激臭肉団子」って呼ばれてるんです。「ゴキブリも寄ってこなさそうな激臭」とか言われてたり。

仕方ないんです、実際匂ってる自覚はあります。この体臭は生まれつきなんです。

「それがタケシちゃんの個性なんだから、言いたい人には言わせておけばいいのよ。もっと胸を張って生きなさい!お母さんはいつでもタケシちゃんの味方よ」ってお母さんは言ってくれました。

でも、ある日。見てしまったんです。
お母さんが僕と家族の洗濯物を分けてるのを…。
気付いたその日から胸を張れなくなりましたし、衝撃的過ぎて「女性は信用出来ない」って思うようになっちゃいました。
我ながらナイーブだと思ってます。でも、信じてた女性に裏切られた心の痛みって分かる人には分かって貰えると信じてます。
好きな女性やアイドルがある日急に知らないイケメン俳優と結婚した、みたいな衝撃です、いやもっと酷いですけど…。

そんなナイーブで惨めな存在の僕にも、一つだけ自慢出来ることがあるんです。
それは、メスイキが出来る事。
もちろん自力で出来るようになったわけじゃないです。何をやっても要領の悪い僕ですから。
僕の傷ついたハートを癒して優しく手ほどきしてくれる女性と出会ったんです。
彼女の名前はエリカさん。
妖艶で、絵画か何かから出てきたのではと思うほど白く透明な肌と、あふれ出る気品。
聖母マリアのような包容力も兼ね備えていて。
最初は緊張のあまり言葉が出てこなくて、汗や汁が止まらなかったものです。
でもエリカさんは、こんな芋虫みたいなビジュアルの僕の心もアナルも優しくほぐして、根気強く開発してくれたんです。
会社で僕を馬鹿にしている男性のうち、メスイキ出来る人なんてどのくらい居るんでしょうね?
そしてエリカさんほど美しい女性に優しく手ほどきされた事のある男性なんて…皆無でしょう、きっと。

「どんなに仕事が出来ていても、セックスの経験があっても、メスイキを味わった事がなければ人生を半分損して生きているのと同じ。」
彼女はそう言ってました。
最初彼女がどうしてそう言い切れるのか分からなかったのですが、今となっては身に染みて分かります。
そんなエリカさんとの出会い、そしてどのようにしてアナルを開発されメスイキ出来るようになったのか…
その甘美な思い出をここに記します。

~目次~
①風俗嬢エリカさんとの出会い
②辛かった顔合わせ
③全てが初めて。身を委ねるまま…
④今の僕とエリカさん

▼ PR ▼
女王様と僕

①風俗嬢エリカさんとの出会い

今でこそ会社で激臭肉団子なんて言われてますが、前の会社では僕は「虫」って呼ばれてました。
嘘みたいに小さな目、異常に張ったエラ、ニンニクみたいな鼻、とがった歯…その全てが見る人全てに気味の悪い印象を植え付けたようです。
加えて体型については前述した通りの肉団子。しかも体臭が異様にすっぱい。
これで虐められない方がおかしいですよね。
来る日も来る日も陰湿な虐めを受けていたんです。
そんな僕のささやかな生きる希望は、ネットでふたなり小説や同人誌を漁って読む事でした。
仕事終わり&休日のこのひと時こそが僕のメンタルを正気に保ってくれていました。
あとはツイッターです。
赤裸々に僕の生活を綴ったツイッター。現実世界では到底出会うきっかけがないであろう人々が僕を励まし、慰めてくれました。
その励ましてくれてた人の内の一人がそう、エリカさんだったんです。

最初はエリカさんに対して何の興味も持っていなかった、というのが正直なところです。
励ましたり慰めてくれていたので、感謝の気持ちこそありましたが…。
せいぜい「優しくて姉御肌のお姉さん」程度の印象しかありませんでした。

そんなエリカさんがある日、自撮りを投稿したんです。

顔は隠れているけど、首から下が写っていて「今から映画観に行くよ。」というツイートでした。

普段自撮りを投稿しない彼女のツイートに僕は珍しく思うと同時に、釘付けになりました。

色が白い、しかもすごくスタイルが良い…。ホットパンツから覗く脚はともかくすらっとしていて綺麗でした。

上半身はタイトなニットで、腰のくびれを強調しつつも張りのある胸を強調してました。

もうここまで来ると、会社の女性陣が全員ダルマに見えるレベルです。

顔は知らないけれど、こんなレベルの高い女性が僕を毎日励ましてくれてたなんて…と胸がいっぱいになりましたね。

ところでエリカさんは普段何をして生計を立てている人なのか?
全く情報が入って来ませんでした。

でもツイートから察するに裕福で、悩み事とは無縁そうなサバサバしたお姉さん…と思っていました。

そんな僕とエリカさんでしたが、その関係性に変化が起きたのは僕のツイートがきっかけでした。

「僕童貞のまま死ぬのかな?会社の連中はナンパして女性を釣ったとか何発ヤったとかそういう自慢ばかり…興味ない振りしてるけど、このまま虫みたいに虐げられながら死んでいくのかと思うと気が狂いそう。何で生きてるのか分からなくなってきた…。」

そのツイートに反応してくれたのがエリカさんでした。

すぐさま僕にDM(ダイレクトメール)を送ってくれたんです。

「そんな寂しい事言わないで。いつも虐められながらも頑張ってるの知ってるしイイ事あるよ…というか、私とイイ事してみない?」

そんなメッセージと共に、エリカさんの写真が添付されて来ました。

いたずらっぽい猫目に、細くて先の丸い鼻。引き締まった口元からは意志の強さを感じます。思わず胸が高鳴ります。

何て答えたら良いか分からずに黙っていると、エリカさんから追撃が来ました。

「ねえ、私からかってるんじゃなくて本気だよ?実はね、私風俗嬢なの。でもお金の為にやってるというよりは自分の性癖のためにやっててね…。性癖をブラッシュアップするついでにお金も貰えるから一石二鳥だと思ってる。

実際、タケシ(この時には本名を教えてました)を虐めてる人たちが味わってるセックスより何十倍も気持ち良い事してあげられる自信あるよ。

ずっとタケシが頑張ってるの見てきたしお金なんていらないから、日ごろの労いって事でイイ事しちゃおうよ。」

ここまで言われて断れる訳はありませんでした。

考えてもみて下さい。僕のスペックでこの先こんな女神みたいな女性と出会える確率を。

皆無に等しいですよね?

というわけで僕はホイホイとエリカさんと会ってみる事にしたのでした。

②辛かった顔合わせ

初めてのエリカさんとの顔合わせ。

普段は部屋に閉じこもり自分の存在を外界と完全に切り離す僕ですが、この日は勇気を出して外出しました。

周囲の人々の視線が刺さります。その視線のすべてが「何だこのデブは」と言ってるようでした。

僕を見て「ひっ」と声を上げた女性もいます。

普段は車通勤ですし、買い物も通販で調達していて、家族や職場以外の人たちと関わる事が無かったので…この扱いには参りました。

会社での扱いには慣れてましたけど、見知らぬ人たちからもこんな扱いを受けると。改めて自分って…と惨めな気持ちになりました。

一生懸命早歩きしてヒイヒイ汗をかきかき、待ち合わせ場所へ急ぎました。

待ち合わせ場所につくと、エリカさんが先に着いていました。

遠目からでも分かる小さな顔、張りのある胸とお尻、ほっそりコンパスみたいな…でもメリハリのある脚。

ナンパされてたみたいですが、僕が近づくとナンパ野郎は「ひっ」と声を上げて逃げて行きました。

ちょっと傷付いていると、エリカさんが「ありがとう。タケシよね?会いたかった。」と抱きしめてくれました。

さらっと書いてますけど、お母さん以外の女性に抱きしめられたのは人生初です。

抱きしめて貰ったら、今までの辛かった人生が走馬灯のように脳裏を駆け巡って…気付いたら両目から涙が溢れ出てました。

「タケシ、泣かないで。泣くのはこれからするイイ事の最中に取っておきましょ?」なんて言います。

しゃくり上げて想いが声にならない僕の涙を、やさしく指で拭ってくれました。

宝石みたいにキラキラ輝く黒目がちの大きな目が、僕をじっと見つめています。

美人局でもいい、この女性についていこう…僕はエリカさんに手を取られるまま、ホテルへ向かったのでした。

あまりにも美しすぎて何も言えなかったし臭かったと思うけど、ずっと手を離さないで握っていてくれたのが印象的でした。

③全てが初めて。身を委ねるまま…

ホテルの部屋に到着するなり、エリカさんは僕の頬を両手で優しく包んで深いキスをしてくれました。

胃腸が悪いから凄まじい口臭のはずなのに…そんなの気にしないといわんばかりに長くて深いキスをしてくれたんです。

舌をからめて…僕は初めての快楽に頭が真っ白、汗ダラダラでした。

「緊張しちゃってるの?カワイイ。まずは服を脱いで一緒にお風呂に入りましょうか。」

エリカさんが金具のようなものを取り出しながら誘ってくれました。

一緒に浴室に入ってシャワーを浴び、優しい手つきで体を洗われていると不意にエリカさんが

「この器具をシャワーにつけて、シャワー浣腸するのよ」と言いました。
シャワー浣腸って?と思う間もなく、僕の肛門にニュルッとしたものが入りました。

「ウッッ」と思わず声が出てしまいましたが、同時に気持ち良いような…何とも言えない感覚に襲われました。お腹がどんどん膨れていくのを感じて…

エリカさんが器具を抜くと同時に、凄まじい便意が襲ってきます。

泣きそうな顔でエリカさんを見ると「いいのよタケシ、思いっきり漏らしちゃいなさい!」と言ってくれて、僕は盛大に脱糞してしまいました。

その後も何度かシャワーで浣腸して貰った後、エリカさんと一緒にベッドへ行って…

肛門に優しくローションを塗ってもらって、気持ち良さに目を閉じているとエリカさんの指が入って来ました。

さっきの浣腸の時よりも気持ち良さがあってなすがままになっていると、エリカさんの指がお腹側に当たりました。

それと同時に僕の頭の中に電流が走って…「あぁんっ!!!」なんて女の子みたいな声を出しちゃったんです。

「初めてなのにそんなに感じちゃって淫乱ね。嬉しいわ。もっと気持ち良くしてあげるからね…」

エリカさんはそう呟くと、腰にペニスバンドを装着しました。

「ほら、舐めなさい。」僕の鼻先にペニス部分を突き出します。

細長くて黒光りしているペニスでした。

一生懸命舐めていると、「いい子ね、よしよし。」と頭を撫でてくれました。
嬉しくて精一杯舐め続けていると、おもむろにペニスが引き抜かれて
「後ろ向きになって、犬のように四つん這いになりなさい。」

そう命令されたんです。

ドキドキしたまま後ろ向きになると、おもむろにズンッと体に衝撃が走りました。

そう、エリカさんが僕のアナルにぺ二バンを挿入したんです。

圧迫感があるけれど切ないような、不思議な感覚でした。

「動くからね…いっぱい犯してあげる。」エリカさんはそう言うと、パンッパンッと音を立てながらピストンを始めました。

最初は圧迫感と切なさしかありませんでしたが、徐々に甘い痺れが下半身に来て…気付いたら腰を振っていて、ぱっと目の前が白くなったかと思うと勝手に体が痙攣してました。

頭が真っ白になるような…波のように、今まで体感した事のなかった凄まじい気持ち良さが押し寄せてきました。

自然と「あぁっ、あぁんっ!」なんて女性のような喘ぎ声が出てきてしまって…。

でも射精はしてなくて、そう、これがメスイキだったんです。

童貞を失うより先に、メスイキしてしまいました。

ぐったりしながら余韻に浸っているとエリカさんが、やさしく僕にキスしながら「おめでとうタケシ。これがメスイキよ。やっぱり素質があるのね…普通は一回でメスイキ出来ないものなのよ。さぁ、これからもっと気持ち良い事しましょうね…」と言ってくれたんです。

その後も何度もエリカさんに犯されて、何度もメスイキしてしまいました。
メスイキがこんなに気持ち良いものだったなんて…。

器具も沢山あって、アナルパールやバイブを数種類準備してくれてたので「次は何使っちゃおうかな♪ねぇタケシはどれがいいの?ちょっと、痙攣してないで答えて?」なんてエリカさんのペニスで頬をはたかれたり…はたかれたペニスもングッと頬張ってしまって、かわいい♪ってナデナデされちゃったんですけどね。照

最初はアナルだけ攻められてたんですけど、後から乳首にクリップ付けられて引っ張られたりして、引っ張った状態でアナルにバイブを突っ込まれて…めちゃくちゃにとろけてしまいました。

本当にエリカさんに出会えて良かったと思いながら、延々と犯されてました。

④今の僕とエリカさん

何度も逢瀬を重ねる内にアナルも拡がって行って、今ではフィストファックが出来るようになったんですよ。

乳首も開発して貰って、エリカさん好みのぽってりとした乳首になったんです。

最近では仕事帰りにホテルに行って、アナルに犬のしっぽのような極太プラグを差し込んでお尻をフリフリしながらエリカさんの脚を舐め回すのが楽しみになってます。

もっと大きいサイズのプラグが入るようになったら、童貞を卒業させてあげると言われているので頑張って拡張しているところです。

今はエリカさんのフィストが入る程度だけど、ゆくゆくは大根がすんなり入るくらいにまでしたいです。

オムツ生活になっちゃうかな、社会生活に支障が…とも思いましたが、その時はエリカさんが養ってくれるそうなので一安心です。

今までは会社で辛い気持ちになったらトイレに駆け込んでましたが、今ではトイレに駆け込んでアナルを弄って…エリカさんの事を思い出して感じまくって乗り切るようになりました。

そのせいか何を言われても気にならなくなったし、随分過ごしやすくなったと思ってます。

ところで、数日前にエリカさんから他の女性を紹介されたんです。

紹介された時はエッ…と衝撃を受けたんですが、「私じゃ開発出来ない部分も開発してくれるから。」との事でした。

エリカさんですら開発出来ないところってどんなところだろう?と思ったのですが、会ってからのお楽しみという事でした。

その女性とエリカさんは専用のネットコミュニティで出会ったらしく、出会ってすぐに意気投合したそうです。

僕のような体臭の凄まじい人間に対する耐性もあるらしく、何より信頼しているエリカさんのすすめなので、安心して会ってみる事にしました。

今から楽しみです。

それと…これは強く思う事なんですけど、もし僕がツイッターをしてなくて、日々会社と家を往復するだけの生活を送っていて、エリカさんと出会ってなかったなら。

きっと今のこのバラ色の生活はなかったでしょう。

エリカさん、そしてアナル開発と出会った事で僕は人生を生きるのが楽しくなりました。

何事も目標があった方が生きやすいっていいますけど、僕の場合はその目標が「エリカさんにより気に入ってもらえること」と「アナル開発をとことん突き詰める事」なんです。

これまで何の目標も夢もなかった僕ですが、エリカさんに出会って初めて生きているって実感出来たんです。

「もっと大きいサイズのプラグが入るようになったら童貞を卒業させてあげる」エリカさんはそう言いましたし、勿論ペニスを使ってのセックスにも興味はありますけど、ペニスでのセックスでイッた時ってオナニーと同じように賢者タイムがあるんですよね?しかもイくのって一瞬とか。

そう聞いてしまうと、メスイキの方がとても魅力的に感じるんですよね…何度もイケるし。

でも僕はエリカさんのおまんこにペニスを咥えて頂きたいから、今日も今日とて開発に励みます。

もしこれを読んでるあなたが僕と同じような境遇だとしたら、エリカさんのような女性を見つけてメスイキさせて貰えるようお願いしてみると良いと思うんです。

見つけるのは大変だと思いますけど…エリカさん曰く、ネット上だとそういう女性を見つけるのが簡単、だそうです。
是非探してみて下さい。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました