女王様なのにチンポが!?でもアナル拡張も凄く上手で生チンポを挿入されたらペニバンよりも感じたM男の出会い体験談

M男調教体験談・告白

「あぁ…んっ、なにコレ…気持ちイイ…生のオチンポ気持ちイイです…!」
「あぁ…!やだ、もっと…もっと奥までほじくって…中にいっぱい出してぇぇ…!!」

まさか僕が、正真正銘の生チンポを挿入されて狂ったようによがってしまう日が来るなんて思いもよりませんでした。

これは2年前の冬の始まりの出来事。

その日は土曜日。僕は前日にSM動画を見てムラムラしてしまい、S女性と会ってエロい事をしてもらいたいという思いから出会い系アプリで条件の合いそうな女性を探していました。

近場に住んでいて今日明日で即会い出来るエロくてアナル責めが好きなS女性で、できれば美人がいい。というと理想が高いと思われるかもしれないですが、実際のところは車で一時間圏内で即会いできるアナル責めが好きなS女性がいればいいな、くらいの気持ちです。

ちなみに僕がアナル好きの変態マゾになったのは元カノにアナルを開発されたから。面白そうだから、という理由で挿入されたピンクローターが意外にも気持ちよくて僕は普段のセックスよりも興奮してしまったのです。そんな僕を元カノは見逃しませんでした。元カノはセックスのたびにアナルビーズやアナル専用のバイブを持ち込んで僕のアナルを開発していきます。
とうとう僕は普通のセックスよりもアナルを責められる方が感じてしまう体になってしまいました。
しかし彼女は、セックスがおざなりになってつまらないと言い、僕はフラれてしまったのです。

僕をアナル性癖に目覚めさせておいて別れるなんて本当に罪な女です。

それからの僕はアナルの快感が忘れられずに自分で弄ったり、M専科のデリバリーでS嬢を呼んでペニバンで犯してもらったり、今回のように出会い系アプリでS女性を探してアナルプレイをお願いしたり、そんな方法でアナル性感を満たしていました。

話が逸れましたが、こういった経緯で僕はM専科のお店や出会い系アプリのS女性とのアナルプレイを楽しむようになったのです。

この日もプロフィールを見て、条件に合いそうな人達にアプローチしてみました。しかしもう相手が決まっているのか、僕では食指が動かなかったのか、いい反応は得られません。
もう少し条件を広げてみてもいいかもしれない、と思った僕は再度S女性のプロフィールに目を通します。その時見つけたのが、僕のマゾ人生を変えるプロフィールだったのです。

『172cm/58kg*88cm/15cmのニューハーフS女です。本物ペニスでアナルを犯されてみませんか?経験者でも初心者でも大歓迎』

正直、アナルプレイOKのS女性でもニューハーフは対象外でした。いくら容姿は女性だといっても元々は男、と思うと躊躇われるものがありましたし、そもそも元男相手に興奮できるとも思えませんでした。
でもこの日の僕は、気になるS女性から一切いい返答をもらえていません。
M専科のデリバリーを呼ぼうかとも思いましたが、お気に入りのS嬢は運悪く土日と連休。デリバリーは決して安くはないだけに、他のS嬢を呼んで失敗はするのも嫌。

といった状況から、僕はニューハーフのS女性にアプローチをしてみました。
アプローチしても反応があるとは限らない。反応がなければなかったで完全に諦めがつくから、失敗覚悟でデリバリーを呼ぶか他の日に改めるかその時考えよう、という今思えばかなり失礼な事ですが、妥協に妥協を重ねた結果による選択でした。
もっと言えば、もしかしたらその間に最初にアプローチした本命のS女性から反応があるかもしれない、そんな淡い期待もありました。

『はじめまして、今日か明日会えますか?経験者です。アナルを犯されたいです』

メッセージを送って十数分。

『タイミングがいいわね。ちょうど暇してたから今日でも明日でもOKよ』

ニューハーフのS女性からの反応は思った以上に早くありました。しかも両日空いているとの事。
すぐにいい返事をもらえるなんて本来なら嬉しい事この上ないのですが、この時の僕は正直複雑な心境でした。

これでもう会わない理由がなくなってしまう。

自分からメッセージを送ったものの心のどこかで、反応がなければ、あるいはその間に他のS女性から連絡があれば、なんて会わなくても済む理由を探していたのです。
本当にどこまでも失礼な男です。

まあドタキャンという選択肢もありましたが、さすがにそれは酷すぎると、覚悟を決めただけの良心はありましたし、当時、その良心を持っていた自分は褒めてあげたいと思います。

互いに両日空いているというだけあって、顔合わせの詳細はトントン拍子に決まりました。知り合ってすぐに顔合わせなんて滅多になかったので、本当なら期待で胸を躍らせながらの待ち合わせになるのですが、この日ばかりは不安半分という感じです。
しかしその後、僕の不安は良い意味で裏切られる事になります。

「ケイタ君?初めまして、リサよ」

待ち合わせ場所に現れたのは、モデルのような美女でした。
ニューハーフというとゴツくていかにも女装と分かるような容姿のイメージがあったので正直一瞬、人違いで声をかけられたのかと思いました。
けれど、僕の名前も事前に聞いていた彼女の名前も間違いありません。

スレンダーなスタイルなのに胸は大きく、巻き髪にした長い黒髪が妖艶で、言われなければニューハーフだなんて分からない容姿に僕の胸は一気に高鳴りました。

「初めまして、リサさん。メチャクチャ綺麗ですね」
「ふふ、よく言われる」

あまりの美しさに緊張してしまった僕は大して気の利いた事も言えず、なのにリサさんは笑みを浮かべて余裕の返答です。
これから僕はこの人とアナルプレイをするんだ…と思うと、不安は薄れ、期待でいっぱいになりました。

「じゃあ、早速ホテルでいい?」
「はい」

私も久しぶりのプレイだから我慢できないの、と僕の耳元で囁くリサさん。
アプリで知り合ったS女性とはいつもまず食事をしてからホテルに、という流れなのにあまりに性急過ぎるお誘いはやはり元男であるニューハーフならではないのでしょうか。その誘いだけで僕の股間もアナルも早々に疼いてしまいます。

僕達は待ち合わせたその足でホテルへ直行、適当に部屋を選んで入室しました。

「もうこんなに大きくなってる」

リサさんは部屋に入るなり僕の股間に手をあてがってゆっくりとした手つきで撫で上げます。布越しの愛撫でありながらもそのいやらしい手つきと囁きで、ますます勃起させてしまって。
リサさんはそんな僕の反応を面白そうに見つめながら、しばらく股間を弄った後、手を離しました。

「今日はアナルがメインでしょ?早くシャワーを浴びて準備してきて」

チンポでもイキたい…という思いがバレてしまったのかもしれません。絶妙に気持ちいいところで離れてしまった手に名残惜しさを感じながら、僕は促されるまま風呂場へ向かいました。

風呂場で簡単に体を洗って、アナルの中を綺麗にして出てくると、リサさんは既に黒のランジェリー姿に。胸の大きさと体のラインの美しさがさらに強調されています。ランジェリー姿すら女性と変わらないその妖艶なスタイルに、本当にチンポが付いているのだろうか?と思わず股間に目を向けてしまうほど。しかし、フリルが多めのパンティで股間の様子までは分かりませんでした。

「待ってたわよ。ほら、早くどこをどうされたいのか私に分かるようにお願いしなさい」

僕は命令されるがまま、ソファに腰掛けるリサさんの足下にひれ伏しました。

「お願いします、僕のアナルを犯してください」
「アナルってどこ?ちゃんと見せないと分からないでしょ?」

「これが僕のアナルです。リサさんのチンポで犯してください、お願いします」

リサさんの意図を察した僕は向きを変えるとお尻を突き上げて両手で尻肉を割り広げながら再度懇願しました。
床に突っ伏して自らアナルを晒すという羞恥すらも快感で、自然とアナルがひくついてしまいます。

「まだ始まったばかりなのに物欲しそうにヒクヒクしてるわよ、いやらしい」

リサさんは僕のアナルをつつきながらからかうように言いました。
その僅かな刺激すらも気持ちよくて思わずキュッと締め付けてしまいます。そんな僕のアナルを見て笑うリサさん。
すると間もなく、アナルに冷たくヌルリとした感触を覚えました。ローションが垂らされたのです。

「あっ…はぁ…んんっ」

ローションを垂らされるのとほぼ同時に、リサさんの指がアナルに侵入し、僕は思わず声を漏らしてしまいました。

「随分慣れてるみたいね」
「あぅ…ん…!」

すぐに2本目の指も追加され、さらに大きな声を上げてしまう僕。何度か指を抽送させた後、リサさんは迷う事なく僕の前立腺を探し当て、ピンポイントで刺激し始めました。指の腹を小刻みに震わせ振動を与えるような動きに僕は腰をくねらせてしまいます。

「はぁ…やぁ…気持ちいい…」

前立腺への刺激と抽送を交互に繰り返されるアナル弄りに、僕の息は上がります。

ああ、もうこのままイッてしまってもいい…

そう思った時でした。リサさんは指をスッと抜いてしまったのです。アナルが名残惜しそうにひくつきます。

「アナルが感じやすいのは分かったから、今度は私を楽しませてくれる?」
「私がその気になるように今度は自分でやってみなさい」

リサさんにアナニーを命じられた僕は言われるがままアナルに手を伸ばします。

「はぁ…ああっん…」
「見せるだけじゃつまらないわよ、私が犯したくなるようにおねだりしなさい」
「お願いします…僕のスケベなアナルに…ケツマンコにリサさんのチンポをください…」
「指2本じゃ私のは入らないわよ。ほら、指を増やしてもっと馴らしなさい」

僕はさらなる快感欲しさに、指3本挿入して夢中になってアナニーをしました。部屋には僕のいやらしい懇願とグチュグチュという指とアナルがローション混じりに摩擦し合う卑猥な音が響きます。

「もういいわよ」

リサさんからお許しの声がかかりました。
僕は指を引き抜くと、次はいよいよチンポを挿入してもらえるのかとドキドキしました。けれど、次にかけられた言葉は予想に反するものでした。

「次は私に奉仕をしなさい」

思ってもない言葉に僕はリサさんの方へ顔を向けると、パンティを脱いでチンポを露わにしたリサさんの姿がありました。

「まだ半勃ちなの。しゃぶって気持ちよくしてくれる?」

さっきまでパンティで隠れていた部分からは生々しい男のシンボルが生えています。遅いかもしれませんが、やっぱりニューハーフなのだと僕はこの時点で実感しました。

実を言うと、リサさんと会った後も一つの不安が残っていました。チンポが欲しいと言いながらも実際に本物のチンポを見たら気分が萎えてしまうんじゃないかという不安です。けれどそれは杞憂に過ぎませんでした。

美しく妖艶な容姿なのに、股間には立派なチンポ。

中には気持ち悪いと感じる人もいると思いますし、僕もそう感じるのではないかと思っていました。でも実際目の当たりにすると、そのアンバランスさがあまりに卑猥でエロティックで、僕はますます興奮してしまったのです。

僕は喜んでリサさんのチンポにしゃぶりつきました。よく考えたらリサさんはシャワーを浴びていません。なので少し蒸れたような匂いがしましたが、それにすら僕は興奮を覚えました。
舌先で裏筋をくすぐり、唇を滑らせるように竿をしゃぶり、自分が気持ちいいと思う方法で夢中になって奉仕をしました。
次第にリサさんのチンポが僕の口内で硬さを増します。それも喜びとなりました。

「ありがとう、もういいわよ」

リサさんが口を離すように促します。
今、僕が奉仕をしたチンポが僕のアナルを犯すんだ…と思うと、おかしくなる程にアナルが疼きました。

ベッドの上に移動した僕達。
僕は四つん這いになり、尻を突き出してリサさんのチンポをねだりました。再びアナルにローションが垂らされて、入り口にチンポがあてがわれます。

「いくわよ」

リサさんの言葉と同時に、太く熱いものがアナルに侵入しました。ゆっくりと突き進むような腰の動きと共に、チンポが深く挿入されていきます。僕は大きく息を吐き、肛門の力を緩めながら受け入れました。
奥まで入ると今度はゆっくりと引き抜かれ、また奥まで挿入されてと時間をかけたピストンが繰り返されます。

「あぁ…んっ、なにコレ…気持ちイイ…生のオチンポ気持ちイイです…!」

生のチンポがこんなに気持ちイイなんて…僕の中の未知の扉が開いた瞬間です。
ペニバンのような無機質な硬さとは違う、アナルにしっくりと馴染むような肉感とその熱が僕のアナルに今まで感じた事がない程の快感をもたらします。特に根元まで挿入された時に尻へ直に当たるリサさんの生肌の感触もペニバンで犯された時には味わう事が出来ない、リアルなアナルセックスの快感。
さらにニューハーフであるゆえなのか、前立腺を擦るような腰遣いに僕はあっという間に狂おしい程の快感に溺れてしまいました。

段々と激しくなるピストン、それに伴いリサさんの下腹部が激しく尻を打ち付けます。
あまりの気持ちよさに目の端からは自然と涙が零れ、下半身には甘く痺れるような疼きが迫ってきます。

「あぁ…あっ、あっ…もうイクゥゥ…!!!」

奥から湧き滲み出るような絶頂の快感に砕けそうになる腰はリサさんの両手で支えられ、なおも激しいピストンで犯されます。
一度アナルでイクともうダメで、何度も何度もイッてしまって…

「あぁ…!やだ、もっと…もっと奥までほじくって…中にいっぱい出してぇぇ…!!」

僕は感情のまま卑猥な言葉を口走りながらよがり狂ってしまいます。

「私ももうイクわよ…!」

リサさんの掠れた声が耳に届くと同時に、僕の中で脈打ち熱いものを迸らせるチンポの感触。リサさんが僕の中で果ててくれた瞬間です。

程なくしてズルリとチンポを引き抜かれると、僕はそのままベッドに突っ伏してしまいました。

「そんなによかったの?」
「はい、今までで一番気持ちよかったです…」

しばらく動けないでいる僕にリサさんは呆れたように言います。
僕は正直な感想を伝えました。

「じゃあ、私の専属パートナーになってみる?」
「えっ?いいんですか?」
「ご奉仕も気持ちよかったし、体の相性も良さそうだから今後も付き合いたいわ」
「ありがとうございます!」

こうしてリサさんの専属パートナーとなった僕。この日から2年経ちますが、僕達の関係は良好です。
ニューハーフより本物の女性が欲しくならないの?と思われるかもしれないですが、そんな気持ちには全くなりません。
といっても実はリサさんの専属パートナーとなって半年ほど経った頃、一度だけM専科のデリバリーでお気に入りだったS嬢とプレイをした事があります。
けれど、リサさんとのプレイの快感には遠く及ばずで。改めて僕はもう、ニューハーフのリサさんのチンポでしか満足出来なくなってしまったのだなと実感しました。

今はアナルだけでなく乳首も開発されつつあり、僕の体はますます変態淫乱に堕ちてしまいそうです。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました