妻子持ちの40代サラリーマンが離婚してまで欲した女王様との時間

M男調教体験談・告白

先に懺悔をしておくと、僕が人並みに家庭を持つ事自体過ちだったのです。僕ごとき生き物が人間らしい平凡や幸せを求めていいわけがありません。
その事に気付かせてくださった女王様には感謝しかありませんし、僕が二度と人間様の真似事をしないように、ペニスに貞操帯の戒めをしてくださった事こそに僕は無上の歓びを感じています。

僕の股間を戒めるその鍵が、女王様の手の中にある内は一匹のくだらない生き物として、女王様の傍に存在できる。それが僕にとっての本当の幸せです。

僕が結婚したのは25歳の時でした。恋愛に奥手だった僕に初めてできた彼女が元妻であり、知り合って一年という比較的スピーディーな流れで結婚に至りました。

好きになった相手と結婚して、やがて子供が生まれ、家族水入らずで暮らす事を世間では幸せと呼びます。もちろんその生活の中には細々とした不平不満もあるでしょうが、借金だとか暴力だとかいった類の問題がない限り、多くの人は家庭の中に幸せを見出しているのではないでしょうか。
けれど僕は違いました。僕は結婚生活というものに喜びを見出す事ができなかったのです。
妻がとんだ悪妻だった、という訳では決してありません。むしろ料理は美味いし、明るく気立てもいい良妻でした。けれど、そんな彼女の施しは僕にとって居心地の悪いものでした。
胸の奥がゾワゾワとする、そんな感覚です。強いてその感覚を言葉にするなら罪悪感。
普通の人なら美味しい食事を出されたら嬉しいと思うはずです。仕事から帰って妻が笑顔で出迎えてくれると喜びを感じるはずです。でも僕はそこから逃げ出したくなるのです。
娘が生まれてからはその感情が顕著になりました。

そうして僕は得体の知れない胸騒ぎを抱えたまま、結婚生活を十数年送り続ける事になります。
そしてようやく、本来の自分のあるべき姿に気付く時がきたのです。そのキッカケを与えてくれたのは意外にも実の娘でした。

当時、娘は反抗期真っ只中。僕や妻に反抗的な態度を取るようになりました。そんな娘に手を焼きつつも、誰もが通る道なのだろうと、人並みの父親らしい事を考えていたのですが、娘のある一言で僕は覚醒してしまったのです。

『マジで臭いし汚らしいから触らないで』

普通の父親なら激高する言葉ではないでしょうか。あるいはショックが大き過ぎて意気消沈してしまうかもしれません。でも僕はそのどちらでもありませんでした。興奮してしまったのです。
もちろんすぐにこれは興奮だ、と感じたわけではありません。その言葉の響きがとても心地よかったのです。長年胸の中でモヤモヤと燻っていたものが一気に晴れた気がしました。
そして、この感覚は何だろうと考えた結果、興奮だという答えに行き着きました。
この日から、僕は罵りの言葉が頭から離れなくなりました。実を言うと、娘の罵りの言葉で何度かヌいた事もあります。といってもさすがに自分の娘を想像するのは憚られたので、若いギャルのような女の子のセリフとして脳内変換しましたが。

僕は女性に罵られて興奮する変態。そう自覚してから、自分はマゾヒストという人種なのだという事も理解しました。
このように本来の自分に気付けた事で長年抱えていた胸騒ぎも治まりました。今思うと、この胸騒ぎは深層心理の中に閉じ込められた本来の僕がその扉を叩き壊そうとする音だったように思います。

けれど今度は新たな問題に直面しました。マゾヒストの自分はどちらにせよこの嗜好を隠して生きていかなければならないという事です。

『僕はマゾヒストだったんだ。これからはどんどん罵ってほしい』

なんて妻にカミングアウト出来そうにもありません。
また悩める日々が続きました。
しかし、長年胸の中に燻っていたモヤモヤの正体が分かったのは大きな進歩でした。ネットでSMについて調べる事も出来ましたし、僕みたいな嗜好の男性は決して珍しいものではないというのも分かりました。
とはいえ、やっぱり妻に打ち明けられるものではなく、その代わりマゾヒストに理解のある女性に話だけでも聞いてもらえたらという思いで僕はSMのコミュニティサイトに足を踏み入れました。

思いの外、女性はすぐに見つかりました。その方こそ、僕の女王様となってくださったメグミ女王様です。

「娘の罵倒でマゾに目覚めるなんてとんだ変態ね」

経緯を詳しく話すと、メグミ女王様は開口一番このようにおっしゃいました。
やはり、女王様の目から見ても僕は変態なのだと思うと、恥ずかしい気持ちと共に嬉しさがこみ上げてきて、やっぱり自分でも変態なのだなと再認識します。

「それで、貴方はどうしたいの?」
「マゾって事を隠して今まで通りの生活を送っていきたいの?それともマゾとして自分の性癖に正直に生きていきたいの?」

そう問われて僕は困りました。まだそこまで考えていなかったのです。

「まだわかりません」

僕は正直に答えました。

「じゃあ、一回SMプレイしてみる?」

それは思ってもいなかったお誘いでした。話だけでも聞いてもらえたらと考えていたメグミ女王様にプレイのお誘いをしていただけたのです。一瞬妻の存在も頭によぎりましたが、それより好奇心の方が勝ってしまった僕はすぐに受け入れました。

ホテルの一室。メグミ女王様は部屋に入るなり僕に全裸となるように言いつけました。そして僕はその言葉に従います。
全裸になった僕は腕を後ろに回されて重ねた状態で手首を縛られました。そして足を肩幅程度に開いた状態で立たされます。

「じゃあまずは調教の挨拶から始めてもらうわよ」
「最初だから、私の言葉を復唱して言ってみなさい」

メグミ女王様はそうして、挨拶の文言を口にしました。

「僕は卑しい身分のマゾヒストでありながら、人並みの生活に憧れ、偽りの家庭を築いてきた罪深い生き物です」
「僕は卑しい身分のマゾヒストでありながら、人並みの生活に憧れ、偽りの家庭を築いてきた罪深い生き物です」

「惨めに蔑まれ、罵倒される事で歓ぶドスケベ変態の僕に調教をお願いします」
「惨めに蔑まれ、罵倒される事で歓ぶドスケベ変態の僕に調教をお願いします」

僕はメグミ女王様の文言に倣い復唱します。そしてそれを三度繰り返しました。

「もう覚えたでしょ?じゃあ今度は一人で宣言しなさい」

たとえ同じ文言でも、メグミ女王様の言葉を復唱するのと、自分で伝えるのとでは全く違います。それでも僕は恥ずかしい思いの中、命令通り言葉にしました。

「僕は卑しい身分のマゾヒストでありながら、人並みの生活に憧れ、偽りの家庭を築いてきた罪深い生き物です…。惨めに蔑まれ、罵倒される事で歓ぶドスケベ変態の僕に調教をお願いします…」
「声が小さい!!!」
「うっ…!」

メグミ女王様は持っていた鞭で僕のチンコを打ちました。痛みは平手で軽く叩かれる程度のものでしたが、突然の刺激に思わず声が漏れてしまいます。

「ほら、もう一度大きな声で言いなさい!」
「僕は卑しい身分のマゾヒストでありながら、人並みの生活に憧れ、偽りの家庭を築いてきた罪深い生き物です!惨めに蔑まれ、罵倒される事で歓ぶドスケベ変態の僕に調教をお願いします…!!」

こうなればもう吹っ切れるしかありません。僕は部屋中に響きそうな声で宣誓しました。

「ちゃんと私の目を見て言うの!」
「姿勢が悪いわよ、もっと胸を張って!」
「今噛んだでしょ、もう一回!」
「私が納得するまで何度でも続けるからね!!」

それでもメグミ女王様は容赦がありません。何度もダメ出しをしながら僕のチンコに鞭を振るいます。
鞭打たれながら何度も宣言している内に、メグミ女王様が考えた文言なのに、自らの言葉のごとく感じるようになりました。

僕は罵倒される事で歓ぶドスケベ変態の卑しいマゾヒスト…

そうはっきり自覚させられると股間が熱くなってきます。

「もういいわよ」

十数回の宣言の後、ようやく終了の許可が下りました。僕の喉はもうカラカラです。でもどこか清々しいような、そして高揚するような気分になっていました。

「ところでさっきからずっとチンコ立ってるけど何で?」

僕のチンコは既にビンビンでした。

「興奮してしまいました…」
「お前は恥ずかしい言葉を言わされた上にチンコを鞭で叩かれて興奮するの?」
「はい…」

「最近マゾに目覚めたって聞いてたけど、鞭でチンコ叩かれて勃起する奴なんてなかなかいないわよ」
「…ありがとうございます」

メグミ女王様は呆れた口調で言います。本当ならただの誹謗なのに、僕にとっては最高の褒め言葉に聞こえました。

「で、このチンコはどうしたい?」

メグミ女王様は鞭の先でチンコを弄びながら言いました。

「触って欲しいです…」
「はぁ?厚かましいにも程があるわね!」
「はぅ…!!」

初めてのSMプレイだったので分からなかったのですが、こういう時は安易に触って欲しいなどというものではなかったのです。メグミ女王様は厳しく叱責すると、今までより強い力で鞭を振り下ろしました。僕は思わずうめき声を上げてしまいます。
この時の僕は、どう答えるのが正解なのか分かりませんでした。しばらく答えられずにいると、メグミ女王様が助け船を出してくれました。

「じゃあ選ばせてあげる。鞭で叩かれながらイクか、足で思いっきり踏みつけられてイクか、私に見られながら自分でしごくか。どれがいい?」
「見られながら自分でしごきます…」

ついさっきの強い鞭の痛みを何度も味わうかもしれないと思うと怖かったのと、踏まれるのもまだ不安がありました。そこで僕が選んだのは自分でしごくという選択肢だったのです。

手首の縄を解かれた僕はチンコを握り、扱き始めました。女王様の視線が、僕の目に、そしてチンコに絡みつきます。
ただのオナニーなのに、それだけで極上の快感でした。今までしたどんなオナニーよりも、そして妻とのセックスよりも興奮しました。この時、僕にとって妻とのセックスはオナニーの延長線上でしかなかったのだと思い知らされました。

僕は今、メグミ女王様の蔑んだ瞳で見られながら、オナニーしている…その興奮であっという間にイキそうになりました。
あともう少しで出る…!
という時です。

「はい、ストップ」

僕は強制的にオナニーをやめさせられました。

「鞭と踏みつけでイク許可は出したけれど、自分でしごいてイッていいとは言ってないわよ」

ちゃんと聞いてなかったの?と窘められ、僕は謝るしかありませんでした。

「とりあえず今日はこの辺で終わりにしようかしら」

と、メグミ女王様は鞭や縄を片付け始めます。そして代わりにマジックペンを取り出すと僕のチンコに、

『変態チンコ 監視中』

と書かれました。

「試しに今日SMプレイをしてみたけれど、やっぱり今まで通り普通の生活を続けていこうと思うなら消して勝手にオナニーの続きでもすればいいし、マゾとして生きてみたいと思うなら消さずにオナニーも我慢して調教されたいって懇願してくれればいいわ」

メグミ女王様はこう言って、それじゃあ貴方も服を着て帰っていいからね、とホテルを後にされました。

この日から、僕はもうメグミ女王様の事しか考えられなくなりました。
チンコに書かれたメグミ女王様の文字を見るたびにチンコが疼きます。それはオナニーを寸止めされたからというだけではなく、今回していただいたSMプレイこそが僕の求めていた理想の男女関係だったからです。

今まで通りこれまでの生活を続けていくか、マゾヒストとして生きていくか。僕の答えはすぐに決まりました。そして二度目の調教は僕から懇願しました。

二度目以降の調教は最初のSMプレイとは比べものにならない程厳しいものでした。“調教”なのだから当然といえば当然ですが、メグミ女王様の調教を受けるようになって半年も経った頃には鞭打たれたら感謝をし、及第点をいただけるくらいにはご奉仕にも満足してただけるようになりました。
けれど僕はまだ、この時点でメグミ女王様の奴隷ではありませんでした。
妻にはまだ自分の性癖を隠したまま結婚生活を送っていたからです。メグミ女王様の正式な奴隷となるには仕事以外の時間は全て捧げなくてはなりません。家庭との両立なんてあり得ないのです。

メグミ女王様さえ許してもらえるなら、正式な奴隷ではなく、妻には内緒にしながらSM関係を続けていく事もできたかもしれませんが、マゾヒストの自分がさらなる支配を欲していました。
この頃には妻といかにして離婚するか、そんな事ばかり考えていたように思います。
僕の性癖と共に正直に話すべきか、でもそうするとメグミ女王様にまで迷惑がかかるかもしれない。性癖やメグミ女王様の事を隠して切り出そうとなると、離婚する理由がない。
堂々巡りで解決策が見つからないままさらに半年が過ぎた頃、驚く事に妻から離婚を切り出されたのです。
他に好きな人が出来た、との事でした。そして最近の私は女性として見られていない、そんな風にも言われました。

僕は内心小躍りしたい気持ちを抑え、妻の申し出を受け入れました。もちろん僕にも後ろ暗いものがあるので、一切もめ事にはせず、円満離婚という形で話をまとめました。(ただ、僕達には娘がいたので、娘が自立するまでの二年ほどは離婚後も一緒に生活を送っていましたが)

後から知った事ですが、妻に出来た好きな人というのはメグミ女王様のお知り合いのようでした。何をどうやったんですか?と聞くと、ふふっと笑ってごまかされてしまうのでそれ以上は聞けていません。

離婚をし、娘が自立した事で別居も済ませた僕は晴れてメグミ女王様の専属奴隷となる事ができました。
その際に装着された鍵付きの貞操帯は奴隷の証でもあります。
離婚してまで専属奴隷になりたいなんてどうかしている、なんて声もあるかもしれませんが僕は一切後悔していません。
僕は離婚する事で、メグミ女王様との特別な時間を手に入れる事が出来たのです。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました