童貞をM男に育てた女王様の体験談

M男調教体験談・告白


『童貞ですが奴隷になりたいです』

私の元へこんなメッセージが届いたのは去年の夏。
ちょうど夏休み時期だった事もあり、中学生や高校生だったら面倒だなと思いつつ話を聞いてみると、今年で29歳との事。29歳にもなって童貞だなんて苛め甲斐がありそうだと私の嗜虐欲が掻き立てられました。

――なんでそんな年齢になるまで童貞なの?
――奴隷になりたいって具体的なイメージは?
――実際に今まで誰かの奴隷になった事はあるの?

こういう質問をすると面倒に思う人も多いみたいですが、どれも本気で奴隷になりたいという意思があるなら答えられる質問なだけに、私はたて続けに訊いてみました。
返事がなければそれまでだと思っていましたが、彼からのレスポンスは意外にも早いものでした。

――ずっと女性と接する環境になくて…大人になってからは多少そういう機会もあったのですが、どう接していいか分からずとうとうこんな歳になってしまいました
――童貞のチンポを虐めてもらったり、ご奉仕などさせていただきたいです
――いえ、まだ誰の奴隷になった事もありません

普通の感覚の男性なら失礼だと思われるであろう質問にもきっちり答えるあたり、未経験ではあるものの素直でM男の素質のある男性だと感じ、私は会う事にしました。

「こんにちは、マユミです」
「はじめまして、翔太です」

第一印象は年相応で清潔感のある好青年といった感じでした。彼女がいてもおかしくない風貌なのに童貞だなんて。そんなギャップにもますます興味を惹かれました。

簡単に挨拶を済ませると、軽く食事をしつつ話でもと個室の居酒屋へ。

「普通に彼女とかいそうなのに意外だね」
「そうですか…?中学高校はずっと男子校だったので女性とは縁がなくて…大学に入ってもほとんど男だったので女性と喋る機会もなくて…社会人になってから多少女性と関わる事も増えてきたんですけど、普通の会話をするのが精いっぱいで…」

「ふーん。でも何でそこから奴隷になりたいって思ったの?自分はMだなって思うような事があったの?」
「たまたま童貞の男性がいじめられる動画を見て、S女性になら童貞の自分でも相手にしてもらえるかなと思って…」
「そうなんだ。で、今29歳だったよね?いつ30歳になるの?」
「来月の10日です」
「もうすぐじゃん!」
「ですね…」

確かに、喋ってみると女性慣れしていない雰囲気が伝わってきました。一人の男性として見るには物足りない、という感じですが、奴隷として見るなら愉しめそう、というのがこの時の正直な感想でした。

食事もそこそこに私達は近くのラブホへ移動しました。
彼の表情を見ると、緊張でガチガチです。ついでに下半身も既にズボンの上からでも分かる程にガチガチの様子でした。

「童貞だからこんな所へ来るのも初めて?」
「はい…」

同時に下半身に触れてやると、ビクッと身を震わせて顔を赤くします。童貞らしい振る舞いがますます私の嗜虐欲を掻き立てました。

「じゃあ早速服、脱いでくれる?」
「えっ?あっ…はい…」

部屋に入ると私はすぐさま裸になるように促しました。彼は戸惑いながらも従います。

「パンツも脱いでちゃんと全裸になるのよ」
「はい…」

素直な彼は辿々しく下着に手をかけるとあっという間に一糸まとわぬ姿に。当然のように彼のペニスは完立ちでした。

「これがまだ一度も女の子を知らない童貞チンポね」
「はい…」
「でもオナニーは人並みにするんでしょ?」
「はい…」
「じゃあ今からやって見せてよ」
「えっ…?」
「いつもやってる事を私に見せなさいって言ってんの」
「は、はい…」

彼はベッドに腰掛けると、チンコを扱き始めました。私がその顔をじぃっと見てやると、みるみるうちに彼の表情に羞恥の色が灯ります。

「人に見られながらのオナニーってどんな気分?」
「恥ずかしいです…」
「へぇー、恥ずかしいのにガマン汁出てきちゃうんだ?なんで?」
「…気持ちいいから…」
「見られて恥ずかしいのに気持ちいいの?ヘンタイだね?」

言葉で辱めてあげると、恥ずかしそうに振る舞いながらもペニスをしごく手の動きは早まります。

「はぁ…はぁ…」

早まる手の動きと共に彼の息が上がっていき…

「あ…イク…」

という呟きと共にペニスから盛大に精液が噴き出しました。

オナニーを開始させてからイクまでの時間は3分ほど。正直早いなと思った私は彼への最初の調教を射精管理に決めました。

「ねぇ、いつもどれくらいのペースでオナニーするの?」
「二日に一回くらいです…」

撒き散らした精液をティッシュで拭きながら彼は答えます。

「もうすぐ30歳になるにしては回数が多いね。やっぱり童貞だから我慢できなくなっちゃうの?」
「でも私の奴隷になりたいなら、これからはオナニーも私の許可を得ないとね」
「これからは2週間に一回にしなさい」
「えっ…!?」

彼は戸惑いの声を上げました。確かに今まで二日に一回していたオナニーが2週間に一度になってしまう事に抵抗を感じるのも無理はありません。
けれどこれは調教。私の奴隷になりたいというからにはこれくらいの命令はこなしてくれないと困ります。

「このままただの童貞で一生終えるつもりなら無理にとは言わないけど?」
「頑張ります…」

こうして童貞・翔太への射精管理生活が始まりました。

「この2週間、ちゃんと我慢できた?」
「はい…」

次に会ったのは2週間後。そう、翔太がようやくオナニーを出来る日です。
私の前で丸晒しにしたペニスは既に勃起し、先端からはガマン汁を滴らせていました。

「じゃあココにはたくさん精液が溜まってるかな?」
「あんっ…」

金玉に軽く触れてると、小さく喘ぐのでますます苛めてやりたい気分に駆られます。

「こうやって女に触られるのも初めてなの?」
「はい…」
「どんな気分?」
「気持ちいいです…」
「じゃあ、これだけでもイケるんじゃない?」

私は翔太の亀頭を手のひらで撫で回しました。

「あぁんっ…」

翔太は背中を仰け反らせながら大きく喘ぎます。私はその様子を見ながら亀頭全体にガマン汁を塗り広げ、先端だけを執拗に擦り上げます。

「あぁ…はぁ…」

熱い吐息と共に止め処なく溢れてくるガマン汁。でも、亀頭を刺激するだけではイケないのを私は知っています。

「どうしたの?本当に2週間オナ禁したならそろそろイケるはずでしょ?まさか言いつけを破ったんじゃないよね?」
「ちゃんと我慢しました…あぅ…竿も扱いてほしいです…」
「私に指図するなんて童貞のくせに生意気ね。躾が必要みたい」

私はわざとらしくそう言うと、用意していた手枷で翔太の手を後ろで拘束してやりました。

「えっ…!?」

突然の拘束で動揺する翔太。手首をひねりながら拘束から逃れようとするも、無駄な抵抗だと気付くと、縋るような視線で私を見つめます。

「こうでもしないと勝手に扱いちゃうでしょ?この童貞チンポは今、私の管理下にあるんだから私の好きにさせてもらうわよ」

私はそう言い放つと、再度亀頭だけを重点的に弄ります。もどかしそうに腰をくねらせる事しかできない翔太が愛おしくなる程惨めで、私のサディスティックな感情が高ぶりました。

「ねぇ、早くイキたい?」
「はい…イキたいです…!」
「じゃあ私がその気になるようにお願いしなさい」
「…イカせてください」
「そんなんでその気になると思う?」
「もう…本当に2週間出してないので…イキたいです…ダメですか…?」
「このまま放置したっていいのよ?もっといやらしく、自分の童貞チンポがどれだけ卑しいか伝わるように懇願するのよ」
「お願いします…僕の卑しい童貞チンポをイカせていただけませんか…?」
「…しょうがないわね」

懇願にしては物足りなさもありましたが、童貞の初心者ならこんなものだろうと、翔太のペニスを扱いてやりました。

「あぁ…もうダメ…イク…!」

扱き始めて数秒ももたないうちに翔太は射精してしまいました。
2週間ぶりの吐精がやっと出来たという達成感で満足そうな表情を浮かべる翔太に私は残酷な言葉を投げかけます。

「2週間も我慢してたんだから、まだまだイケるでしょ?」

そう、本番はここからです。
私は有無を言わさず、まだ余韻を引きずりながらひくつくぐったりとしたペニスを扱いてやりました。

「ひぃっ…っ…!!」

射精直後のペニスを無理矢理ピストンされる刺激は強烈だったようです。

「まだ…まだ無理です…やめて…っ」

涙目になりながら許しを乞う姿はもっともっと責め立ててやりたくなる最高の表情。

「まだ1回しかイッてないじゃない。本当に2週間我慢したならあと6回は出せるでしょ?」

私は意地悪に言い放つと、容赦なく扱いてやりました。

結局この日は2時間連続で手コキをして3回しかイキませんでした。

「2時間も扱いて3回しかイケないなんて我慢が足りなかったのかしら?」
「次は1ヶ月我慢してみる?」
「そんな…」

絶望に打ちひしがれたような顔をする翔太。そんな彼に私は優しく言いました。

「そういえばもうすぐ誕生日でしょ?その日まで我慢出来たらいい事あるかもよ?」
「じゃあ…頑張ってみます」

翔太の誕生日は3週間後。1ヶ月には満たないものの、2週間よりも長い射精管理を行なう事を了承させました。

そして3週間後。

「誕生日おめでとう、あれから我慢できた?」
「ありがとうございます。何とか我慢しました…」
「じゃあこの前よりたくさん射精できるよね?」
「あの…また、この前みたいにされるんですか…?」
「当然でしょ?でも今日は誕生日だから、特別な事をしてあげる」
「お願いします…」

誕生日にかこつけ、特別な何かを期待させた私は前回と同じように後ろ手に拘束して手コキを始めました。
案の定、最初の射精はあっという間。そしてまた、射精直後のペニスを苛めてやりました。
でも前回と違うのは、今度は亀頭へのみの刺激。

「いゃぁ…ダメ…くすぐったいです…!」

と腰を引きながら抗うのを無視して亀頭だけを執拗に擦ったり扱いたりしながら刺激を与えてやる事、十数分。

「あれ…?何か…出そう…オシッコ出そうです…」
「出していいわよ」
「あぁ…うぅぅ…んっ!!」

翔太のペニスから噴き出たものは精液とは違う液体。そう、私は翔太の誕生日に特別に潮吹きを体験させてあげたのです。

「まだ童貞なのに潮吹きまでしちゃうなんてだんだんM男らしくなってきたわね」
「実はもう一つプレゼントがあるの」

差し出したのは貞操帯。

「今日からこれを装着して生活してもらうわね」

と、潮吹き後の童貞ペニスに装着してあげると、翔太は観念したような表情を浮かべました。
彼にとって、この瞬間が奴隷になったと自覚した瞬間だと言っていいかもしれません。

それから一年、翔太は童貞のまま、私の許可がなければ射精出来ない、貞操帯すら外せないという射精管理生活を送っています。

実は今、知り合いのS男性から奴隷のM女と交尾させる話を持ちかけられているのですが悩み中です。
でも交尾させるなら翔太の31歳の誕生日がベストだと考える私。

このまま童貞でいさせて惨めな気分を味わわせ続けるか、M女と交尾させて新たな性感の扉を開かせるか…

M男性の皆さん、貴方ならどっちがいいですか?

S女性と出会いにオススメコミュ

★オススメ★最新痴女との出会いサイト

SMバナー
痴女に金玉すっからかんになるまでザーメン搾りとられてみませんか?
SMの経験は一切必要無し!とにかくアナタの体一つで痴女との素敵な時間が過ごせます!
M男調教体験談・告白
be-my-slaveをフォローする
女王様とお呼び!

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました