童貞だったM男を狂わせた女王様の調教

M男調教体験談・告白

貴方は「童貞M男」と聞いて何を思い浮かべるかしら?
情けない貧相な、あるいは極太りした中年男を思い浮かべる?

いずれにせよ俗に言う女性に人気のある男性像とは似ても似つかないんじゃない?
男性像、そう、例えば。美しく鍛えられた彫刻のような肉体、有り余るほどの富…。

でもね、いくらそれらを兼ね備えていても童貞でなければ私にとっては無意味なのよ。
黄身の入っていない卵のようなもの、実に無意味…というかそれらの要素は私自身が獲得して来たものだから、そこに魅力を感じないというのもあるのだけどね。
目的は無論、M男を導くにふさわしい体にする為よ。
醜い体の女王に仕えるなんて嫌でしょう?
M男は従順なようでワガママ、譲れないところは譲れない生き物。きちんと分かっているのよ笑

童貞でさえあれば体が貧相・極太だろうが腋臭だろうが関係ないわ。
真っ白な、誰からも本気で愛でられた事のないキャンバスを私色に乱雑に染め、堕としていくあの悦び…ああ、体が疼く。
こんな疼く夜にはつい色々思い出してしまうの…愛しき元童貞、現奴隷達と出会った時の事。

数多くの奴隷達の顔が脳裏を過るけれど…まずはそうね、今足元でフットスツールの役割を果たしてくれている犬の話でもしようかしら。
まぁ、貴方もそう緊張してないで足をくずして聞いてって。

①元人間名:康太がフットスツールに堕ちるまで

そもそもどこでこのスツールと出会ったかって話からしないとね。
私がスツールを拾ったきっかけになったのは、ネットの募集掲示板だったの。
SM初心者の童貞を探してアクセスしてみたのだけれど。そしたら一際目を引く投稿があったのよ。

「初めまして、大学●年生の康太といいます。童貞です。僕は存在価値の無い男です。顔が気持ち悪いって昔から陰が薄くてずっと虐められて来ました。
親からも見放されて居ないものとして扱われています。
最近可愛い子に話しかけられて告白されたと思ったら、ただの罰ゲームでした。
いざ彼女の部屋でベッドイン、と下着を脱いだ所で、クラスメイト達がクローゼットの中から出て来てアソコを写真に撮られて…その後はアソコを踏まれたり口に放尿されたりしました。凄く悲しかったはずなのに、かつてない程物凄く興奮してしまいました。
もっと虐めて貰いたくて「アアッもっと虐めて!」ってお願いしたんですが、気持ち悪がられて逃げられてしまい、その後虐めてすらくれなくなりました。あの時の快楽が欲しくてここに書き込みます。誰か僕を徹底的に虐めて下さい。
あの子以上に見た目の良い人がいいです。」

この初々しい感じ、最後の一文の身の丈に合わない傲慢さ、間違いなく本物の童貞だと思ったのよね。
早速メッセージを送ってみてやり取りを開始してみたわ。
アナニーすら経験のないズブの素人、写真から見るに短小包茎。あばらの浮いた貧相な体…まさにドストライクだったの。
何回かメール調教した後会う事にしたわ。

会ってみるとまぁ人通りの多い中でも一際目立つ、血色の悪い紙っぺらみたいな見た目笑
でも目はギラギラ血走っていて「今すぐここでシて貰いたい、虐めて貰いたい」って思ってるのが丸わかりだったわ。
私もそんなスツールを見てムラムラして来ちゃったのよね。
だからランチを飛ばして、早速ホテルで調教してあげる事にしたのよ。

道中スーパーで生クリームを買って、ホテルに着くと同時に乳首とチンポに塗り込んであげて…乳首をレロレロ舐めたら「んっんっ」って女の子みたいな声を上げたから、罰として思いっきり乳首を噛んであげたの。
そしたら「ん゛ぁぁ!ぎもぢっ!」っていきなりオス丸出しの声に変わったものだから、「男にしては珍しいわね、童貞で乳首感じちゃうなんて。生まれつき淫乱だったのかしらね~?ま、罰ゲームで発情しちゃう位だしド淫乱よね♪」
って耳元で囁いたらチンポがビクンビクン跳ねて、本当にどうしようもないド淫乱ねぇ…って呆れたわよ笑

生意気な事に「もっどぉ!もっどぉ!!」って腰をくねらせてオネダリするものだから、「うるさいわね!」ってチンポを思いっきり膝でグリグリ潰してやったわ♪
流石に苦しむかと思ったらね…白目を剥いて涎を垂らしながら、「お゛っ♡アソコぎもちいいです!」なんて凄い喜んじゃって。
ちゃんと「アソコじゃなくてチンポって言えって何度も言ってるでしょ、このオス犬!」って爪先で尿道をグニィィって抓ったら、「あ゛ぉっ♡」なんて一際高く鳴いちゃって。
犬になるために生まれてきたのかしら…と思いながら、「この姿を親御さんが見たらどう思うかしら?家を叩き出されちゃうかもね~?」って言いながらチンポを爪先でつぅ~っと撫でたの。
そしたらね、「親なんてもう要りません!女王様から産まれたかったです!いえ!産まれたいです!女王様の子宮から産まれたいっ!!!」
って生意気言うから、100万年早いわよってケツを引っぱたいてあげたわ。

その後は、メール調教でほぐさせたアナルに私のヒールのかかとを挿入♪
指示があるまで動いちゃダメよ、って言っておいたから命令に背くまいと必死でヒールの感触に耐えてたわね。容赦なくズプズプ、チンポをシコシコしてあげたら、体をぴくぴくさせて必死で耐えてたわ。

生クリームを塗りこんだチンポをフェラしてあげた時なんてもう凄くて、「あったかい!あっだがい゛です!ありがとうございます!気持ちい゛ぃ!」って涎を撒き散らしながら絶叫してたの。
そろそろ限界かな?って思ったから、「いいわよ、思うがままに動いてみなさい♪」
って、事前にスツールに持って来させた、家族の中で唯一優しいらしい祖母がくれた大学合格祝いのネクタイを取り出してあげたわ。

「さ、お孫さん想いのおばあちゃんのくれたネクタイよ♪これに射精してごらんなさい♪おばあちゃんに、生まれて来る価値のないゴミくずド淫乱チンポだって知って貰いなさい♪」って。
白目を剥いて泣きながら「おばあちゃん!ごめんなざい!ごめんなざぃ゛ぃ゛!!ぎもぢいっ!いぐっ!!!いっぢゃう!!!」ってしゃがれ声で何度も射精してたわよ~♪

その後チンポをゴム紐で縛り上げながらじっくり話を聞いてみたらね。
就活してるんだけど、どこも内定取れなくて…って事だったから、私の営んでいる会社の正社員として雇ってあげる事にしたの。
まぁ表向き正社員でも、仕事内容は24h忠犬になることなのだけどね。
スツールの両親と祖母へもきちんとスーツを着て挨拶しに行ったわよ。
お宅の息子さんは有能です、是非我が社に住み込みで…ってね。
勿論スツールには例のネクタイを着用させて&アナルにローターを忍び込ませて、精一杯きりっとした顔で同行させたわ。
とは言っても冷や汗が凄かったし、帰り道、快感のあまり道端でイっちゃったしね。
どうしようもないわよね~本当に。

というわけで、今はスツール犬として幸せそうに暮らしてるわよ。
たまに粗相をするから、その時は厳しくお仕置きをするの。
お仕置き大好きなスツールの顔を歪ませる程の激しいお仕置きをね…ふふふ。

②元人間名:尚也が人間便器に堕ちるまで

次は人間便器に堕ちた元エリート、尚也の話でもしましょう。

元々この便器は非常にプライドが高くてね、そのプライドの高さ故に理想の女性が見つからず童貞を守り通してしまったという残念な便器なのよ。

出会いは、これもスツール同様ネット掲示板。(便利よ)
興味本位で登録してたみたいで、私の書き込みを見て「こんな所に書き込みに来るなんてどうせブスなんだろw」なんて言うから写メ付きで軽くいなしてあげたら食いついて来たのよね~。
もうこの段階で、絶対徹底的に貶めてやろうって決めてたわ。
自己紹介に童貞である事と、その言い訳をつらつらと書き連ねていたしうっとおしさ抜群だったわよ?笑
出会った当初は反抗的な態度を見せていたけれど、やり取りを重ねていく内に弱い面も見せて来てね。いつしか私に恋愛感情のようなものを抱いていたみたい。
まぁ生意気な態度は相変わらずだったのだけど。
でも残念、私は便器の事を奴隷候補としてしか見れなかったのよね~。
会って、そんな甘い感情を粉砕して快楽漬けにしなきゃって思ったの。

「あの写真合成じゃないよな?」って言われたから、じゃあ会って確かめてみましょ~ついでに童貞卒業しちゃう?って事になって。
それでいざ実際会ってみると、顔を真っ赤にして照れていて。
照れを隠そうと強気な態度を見せていたわ。
(いくら強気な態度を見せていても股間が盛り上がってちゃ説得力無いわよねぇ)
そんな拗らせを可愛く思いつつ、一緒にホテルへ行ったの。

今回は思うところがあり、あえて壁の薄いホテルをチョイスしたわ。
まずは部屋に入ると同時に便器をベッドに押し倒して、ディープキスをして…
驚いてる内に、素早く手錠をかけたの。
「何するんだ!もっと優しくしろよ!」なんて減らず口を叩くから、強引に下半身を剥いて、チンポをしごいてあげて。
「うっ…」なんて急に静かになったけれどダメ。許さなかったわ。
便器の顔に、顔面騎乗してあげたの。
あえて2日間おまんこを洗って来なかったのだけれど、パンティ越しにも匂いが強烈だったらしくて鼻息が荒くなってるのがパンティ越しに伝わって来てた♪
ちょっと見てみたら目を閉じてハァハァ言ってたから、顔面騎乗したまま体を後ろに倒して、チンポをしごき続けてあげたの。

「まさかこの程度でイくような情けないチンポじゃないわよね?w」って言いながら、乳首を指の腹でくるくる撫でてたたら「くぅっ!」って感じちゃって。
凄くいきたがってるのが分かったから、ここで提案してあげたの。
「私のおしっこ飲めたらイッてもいいよ♪」って。
驚いて「何言ってるんだ!飲めるわけないだろ!」とか言ってたけど、有無を言わさずパンティをずらして、顔をガッと固定して放尿してやったわ。

「んぶぅ!!!んぶぅううう!!」って咽びながら、暴れてたけど幾分飲んだみたい。
涙目になりながら「くっ…」って脱力してて。どうやら女に放尿されたのがショックだったみたい。
でもチンポは物凄くギンギンになっちゃってて笑
体は正直ね~って思いながら引き続きシコシコしてあげたら、あっけなく秒でイッちゃったわ。

そこからプライドの壁が壊れちゃったらしくてすっかり良い子になっちゃって、
調教を重ねた今では食糞大好きな便器になっちゃったの。
私の尿や糞だけじゃなくて、友人女王の尿や糞も食べれるようになったのよ。
人間分からないものよね~あ、もう人間じゃないか♪

さて、他にも沢山奴隷が居るのだけれど、どれも皆元人間の元童貞。
やっぱり童貞は何だかんだで私色に染まってくれるから大好きよ♪
最近童貞漁ってないけど、そろそろまた漁り始めようかしらね。
こうして思い出してたらまた童貞を染めてあげたくなって来ちゃった。
どこかに良い童貞は居ないかしら?
これを読んでる貴方がもし童貞なら…そしてもしどこかで私を見かけたら、遠慮なく声を掛けてみて♪
丁寧に、心の底から、私色に染めてあげる。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました