M男性向け羞恥プレイの数々

M奴隷初心者向け情報

「恥ずかしいのに感じてしまう・・・」

SMの基本でもある羞恥プレイ。
マゾ奴隷を辱めるのはとても楽しいもの。そして、恥ずかしい姿を女王様に見ていただくのはM男性にとって至高の悦びですね。

羞恥プレイとは?

羞恥プレイとは、羞恥心=恥ずかしいと思う感情を煽り、性的興奮を高めること。

「恥ずかしい」という感情は、日常生活の中では失敗をした時や悪目立ちをした時、みっともない部分を見られたりした時に感じるマイナスなものです。

しかし、SMは痛みや苦しみなどマイナスの感情を快感に変える倒錯的な行為。

「こんなに恥ずかしい姿を見られてしまっている」
「自分はなんて恥ずかしい人間なんだろう」

そんな風に思うことでMはゾクゾクと快感を感じてしまうのですね。

そして、性的に恥ずかしい姿というのは誰にでも見せられるものではありません。好きな相手、信頼できるパートナーだからこそ可能なのが羞恥プレイです。

女王様の前でだけ自らの全てをさらけ出し、辱めていただく。
女王様の命令だからどんなに恥ずかしいことでも行う・・・
そうすることで、女王様に支配され服従している実感が沸き、奴隷としての忠誠心を確かめることもできるのです。

一口に羞恥プレイと言ってもそのバリエーションは様々。
M男性が喜ぶ羞恥プレイをいくつかご紹介しましょう。

言葉責め

これなしではSMプレイが成立しない『言葉責め』。言葉責めも羞恥プレイの一種です。
恥ずかしい言葉を言ったり、言わせたりして、M男の羞恥心を煽り興奮を高めます。

言葉責めにもいろいろな種類があり、女王様のタイプやM男の好みによって千差万別。
ハードな罵声系の言葉責めを好むM男性もいれば、優しい口調で辱められたい人、はたまたギャル系など明るいタイプの女性に笑われて恥ずかしい思いをしたい、という人もいるでしょう。

言葉責めは難しいものではありません。
コツはお互いに心を開いて素直になること。SMは精神のコミュニケーションが大切ですから、S側もM側も自分の願望をきちんとさらけ出し相手に応えることが重要です。
そして相手を興奮させる、自分も興奮する言葉を素直に口にすればよいのです。
無理して慣れない言葉を使う必要はなく、見たまま相手の様子を実況するだけでも十分に辱めることが出来ます。

「もうこんなに大きくしちゃって。乳首もビンビンじゃないの。イジメられて興奮するなんて本当に変態なオス犬ね」
「恥ずかしい恰好でアナルにバイブ突っ込まれてよろこんでるのね。おチンポの先からイヤらしいお汁が溢れちゃってるわよ」

自分の淫らな姿を見られ、こんな風に言葉にされると、M男性はゾクゾクと感じてしまいます。
また、
「おちんちんがどうなってるか言ってごらん?」
「どうして欲しいの?」
といったように相手に卑猥な言葉を言わせる責め方も。

「奴隷の変態チンポが固くなって、先っぽからガマン汁が出ています」
「醜い豚のアナルを太いディルドで犯していただきたいです、お願いします」・・・

いやらしい言葉で女王様に懇願するのはこの上なく快感を伴うものです。

野外露出プレイ

裸に亀甲縛りでコートを羽織り、首輪をつけてお散歩・・・
といったような、外で恥ずかしい恰好をしてドキドキを味わうのが野外露出プレイです。

全裸や、女性用のブラとショーツを着けて、
また縄で縛ったり、アナルにおもちゃを入れた状態で上着を羽織り、ぱっと見はわからないようにして外を歩いたり買い物をしたりしてスリルを楽しみます。

誰かにバレたら、見られたらどうしようという興奮はM男性にとってたまらないもの。
自分ひとりで行うことも出来ますし、実行の難易度は低く、直接会えない時もプレイが可能なため、女王様から命令されることも多いです。

夜中の公園や駐車場など人気の少ない場所で、裸になったりオナニーしたり。
部屋の窓際やベランダなど、ほぼ室内ではあるけれど見られてしまうかも知れない場所でプレイをするのもいいですね。

ただし野外露出は人に見られると犯罪となる可能性があり危険ですので、くれぐれも節度を持ち気を付けて行いましょう。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました