女王様にとって奴隷はどういうもの?女王様に聞いてみた

M奴隷初心者向け情報

女王様は奴隷の事をどんな存在だと捉えているのか、奴隷願望のあるM男性としては気になるところではないでしょうか。
けれど、女王様に直接聞こうものなら、

“奴隷なんて取るに足らない存在でしかないでしょ?特別な存在になりたいと思ったの?図々しいわね!”

と一蹴されるのが目に見えています。女王様の言われる事はもっともだけれども本音も知りたい、奴隷としては失格かもしれないけれど、単なる奴隷以外の感情も持っていてもらえたら嬉しい、といった複雑な感情を抱いてしまうのが、Mの性ですよね。

今回はSM歴10年、女王様にも男性の御主人様にも奴隷として仕えた経験のあるM女の筆者が、調教歴20年のベテランミストレス・瑠璃羽さんへインタビューをさせていただきました。

“女王様にとって奴隷とはどういうものなのか”をテーマに、語っていただいた女王様の本音や繊細な感情は必見。普段知る事のできない女王様の心の内を垣間見れるはずです!

▼ PR ▼
女王様と僕

女王様にとって奴隷の存在とは?

――はじめまして、よろしくお願いします。早速ですが、瑠璃羽女王様は調教歴20年という事で、これまで何人くらいのM男性を調教されて来られたのでしょうか?

『単純に調教のみも含めるなら3桁は超えるわね。一日に何人も調教する事もあるからちゃんと数えた事はないけれど、400~500人くらいは調教しているかも』

――さすが調教歴20年のベテラン女王様ですね!ちょっとした学校の全校生徒数くらいいそうです。その中でも専属的な奴隷にした事があるのは何人くらいですか?

『今まで調教したM男だけで奴隷学園なんて男子校を作れたら面白そうね。教師は全員女王様とか。調教したM男の中でも個人的に奴隷にしたのは20人くらいかな。複数人奴隷にしていたりするので結構多めだと思うわ』

――なるほど!20人ともなれば多種多様なM男性がいそうですね。それでは本題に入りますが、瑠璃羽女王様にとって奴隷とはどのような存在でしょうか?

『私にとって奴隷は奴隷でしかないわ、っていうとそれだとそこで話が終わっちゃうわね(笑)今まで突き詰めて考えた事はなかったけれどあえて言葉で表現するのなら、私がありのままの姿でいられる存在かしら』

――というと、奴隷以外のM男の前ではありのままでいられないという?

『ええ、そうね。M男って女王様に対するこだわりが強いタイプが多いでしょう?例えば“女王様ならボンデージを身に着けていてください”とか“女王様にはクールでいて欲しいので笑う時は微笑む程度にしてください”とか。仕事上、対価を貰っているからにはM男達が好むであろう女王様像を演じないといけない。でもこれって女王様って肩書きがあるだけで、本質はM男の要求に従う下女だと思うの』

――確かに。SMのSはサービスのSでMは満足のMって言葉もありますよね。

『そう、まさにそれ。私だって女性らしいワンピースも着るし、お笑い番組を見て爆笑だってするわ!って言いたいのだけど、仕事上でのSMってM男の理想とする女性像を演じてM男の望む形で調教や命令をするものなのよね。でも奴隷は違う。私のしたいファッションを似合うと言ってくれるし、テレビを見て手を叩きながら大声で笑ったって幻滅される事はない。M男の中でもありのままの私を受け入れてくれるのが奴隷なの』

――なるほど。だからこそ仕事を抜きにした関係性が築けるのですね。SMプレイに関してはどうでしょうか?奴隷にだからこそできるプレイというのはありますか?

『SMプレイにおいてもやっぱり仕事でしか繋がりのないM男相手には“鞭は使わないで”と言われたら使わないし“言葉責めだけお願いします”と言われたらその通りにプレイを行うけれど、奴隷相手には私のしたい事をするわね。基本的にノーは言わせない。そういう意味でもありのままの私を表現できると言えるかもしれないわね。とはいっても経験値的に難しそうな場合は私がしたい事を出来るようにする。それこそが調教の醍醐味でもあるからね』

――となると、本当の意味での調教は奴隷としかしない、という事になりますね。M男性とはあくまでSMプレイのみ、みたいな。

『言われてみればそうね。今までM男が“調教してください”って言う事に何だか違和感を感じていたのだけど、SMプレイでしかないものを調教と呼ぶ事に対する違和感だったのかもね。そう考えたらしっくり来たわ。ありがとう』

――いえいえ(笑)でも中にはどんなに調教しても応えられない奴隷もいるのではないでしょうか?実は私も折角奴隷にして貰ったのにどうしても期待に応えられない事があってそれが理由で捨てられた苦い過去があるので…瑠璃羽女王様の場合、そういった時にどのような対応をされるのでしょうか?

『まあ、私のしたい事に応えられないとなると奴隷である意味がないから主従関係は解消するわね。相手にとってもどう転んでも無理な事を強いられるのにいい思いはしないだろうし。でも一方的に関係を絶つというよりも、嗜好の合いそうな知人の女王様に譲ったりする事もあるし、SM嗜好以外に共通の趣味なんかが合う場合はSM抜きの関係を続ける事もあるし。これに関しては女王様によるんじゃないかしらね。私の知ってる女王様の中には“目障りだから消えて”って完全に関係を絶つ人もいるしね』

――瑠璃羽女王様は優しいのですね。私はどちらかというと完全に関係を絶つ捨てられ方だったので、しばらくは立ち直れませんでした…

『でも今はもう立ち直ったのでしょう?ならそれで良かったじゃない。少し誤解しているかもしれないけれど、私は優しいわけじゃないのよ。あくまで私がしたいように動いているだけ。見方を変えればまた奴隷にしてもらえるかもって期待を持たせるような付き合い方をしている私の方が残酷だと思われるかもしれないし。実際に主従関係を解消した相手からSM関係を期待されて、それが面倒で関係を絶った事だってあるから』

――なるほど…。あえてバッサリと関係を絶ってもらった方が余計な期待を抱かなくて済むという考えもあるのですね。角度を変えれば、それも一種の優しさだととる事も出来る。と考えると、女王様にも様々な価値観の方がいらっしゃるのですね。

『それはそうよ。M男だって女王様だって十人十色だから相性の善し悪しがあったりするんじゃない?だから、女王様から嫌われた、捨てられた、って思うよりもたまたま相性が合わなかっただけ、と考えた方が上手く切り替えられると思うわよ。まあ相性の悪い相手が続くようなら、自身の性格に問題ありって場合もあるかもしれないけれど』

――そう言っていただけると、たとえ一度や二度、女王様や御主人様と上手くいかなかったとしても前向きに考えられそうですね!

女王様が奴隷に対して抱く感情は?

――続いては女王様の奴隷に対する思いを聞いてみたいのですが、奴隷にはどんな感情を抱いていますか?

『あなたは地面を這う虫に何か感情を抱く事はある?というのが女王様らしい回答かしら。でも今回は私の本音が聞きたいのよね?』

――はい、もちろんです!

『そういう事であれば、一言で言うなら感謝かしらね。奴隷にはあまり口にして伝えた事はないけれど』

――それはちょっと意外でした。予想では優越感を得ているようなイメージでしたが…

『優越感はないわね。だって、優越感って対等な人間同士の間で自分がちょっと上だった時に感じるものでしょう?私と奴隷の間で対等なんてないもの。例えば、他の女王様と比べて私は奴隷をたくさん所有している事で優越感を覚えるというなら分かるけれど、奴隷に対して身分が自分の方が上だから、従わせる事が出来るしちやほやしてもらえるから優越感を覚えるっていうのはちょっと違うと思う。奴隷相手に優越感を抱くっていうのは、女王様っていうより自己顕示欲が強いだけの普通の女性ってイメージね。私の中では。まあもちろん、さっきも言ったけれど価値観なんて人それぞれだから、そういう女性を好むM男性がいても構わないのだけどね』

――なるほど、言われてみればそうですよね。奴隷に対して優越感を得るかどうかは本当の女王様や御主人様かどうかを見分けるポイントになるかもしれませんね!では先程、奴隷に対する感情は感謝と答えられた理由は何でしょうか?

『最初にも話したけれど私は基本、奴隷に対して色んな意味でやりたいようにやって、ありのままの自分でいられる事を重視しているの。そしてそれを受け入れてくれている存在が奴隷。普通に生活していてもそんな存在はなかなか見つからないわよね?もちろん同調くらいしてくれる相手はいるかもしれないけれど、そんな自分と付き合えるかと言ったらノーだと思う。だからこそやっぱり奴隷の存在は貴重だし、感謝の気持ちは強いわよ』

――瑠璃羽女王様と奴隷の方は何だかとても素敵な関係性
ですね。こんな話を聞くと、女王様の奴隷になりたいというM男性もますます増えそうです。それでは最後に奴隷願望を持つM男性に一言お願いします。

『いちM男になるのは簡単だけど、誰かの奴隷になるという事はそれなりに覚悟のいる事だと思う。相手の全てを受け入れてこその奴隷だから。だからこそ、奴隷願望のあるM男は心から慕える自分にとって魅力的な女王様を見つける事が大事だと思うわよ。簡単ではないかもしれないけれど、M気質があるなら不可能な事は決してないから頑張って!』

――ありがとうございました!

今回のインタビュー、いかがでしたか?普段うかがい知れない女王様の心情に少しでも触れる事が出来たかのではないでしょうか。
女王様にとって奴隷はありのままの自分でいられる存在。だからこそプライベートでも一緒に過ごせるのだと思います。
奴隷志願のM男性は女王様を探すにあたって、SM嗜好が合うかどうかだけでなく性格や価値観も受け入れられるかどうかもしっかり判断できるといいですね。
もちろんSM嗜好も何もかも受け入れたいと思えるほどに心底惚れ込めるような女王様と出会えるのも理想的。

いずれにしても女王様の全てを受け入れます、という気持ちが大切。女王様がありのままの自分でいられるような存在を目指してみてはいかがでしょうか。その心意気がきっと素敵な女王様を惹き付ける魅力となるはずです!

S女性と出会いにオススメコミュ

★オススメ★最新痴女との出会いサイト

SMバナー
痴女に金玉すっからかんになるまでザーメン搾りとられてみませんか?
SMの経験は一切必要無し!とにかくアナタの体一つで痴女との素敵な時間が過ごせます!
M奴隷初心者向け情報
be-my-slaveをフォローする
女王様とお呼び!

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました