2021年SMをしたいなら知っておいて損はない!SMに目覚めるきっかけ(S女編)

M奴隷初心者向け情報

至高の存在、S女性…女王様。
時に厳しく、そして優しくM男性達を導いて下さる彼女達。
ですが、彼女達はいかにして女王様になったんでしょう?
どこからか降って湧いてきた訳ではないでしょうし。
やっぱり何かしらのきっかけはあったと思うんですよね。
というわけで、今回は女王様達にインタビューしてみました!
ミステリアスな彼女達の秘密が今、明らかに…?!

▼ PR ▼
女王様と僕

①スクールカーストと生贄

元々自分がS気質って自覚はあったんですけど、拍車が掛かったのは高校に入ってからですね。
うちの高校、女子校だったんですけど。
女子校って結構エグくて、家柄・見た目・学力とかそれらの要素でカーストが決まるっていうか。皆無意識の内に順位付けみたいなのしてたんです。
で、最下位は奴隷扱い。逆に最上位は女王様扱い。
私は家が会社やってたし、見た目も母譲りで整ってて学力もまぁまぁだったんで最上位の子達の所属するグループに居れたんですね。

学校は本当平和で、やる事やってれば問題ない感じだったので。毎日、最下位のグループの子達を皆で奴隷扱いして暇つぶししてたんです。
とは言っても、脚台の代わりにしたりとかその程度の可愛いモノだったんですけどね。
そういう感じだったから、皆のS気質がスクスク育まれてた感じはありましたよ。

状況が変わったのは、うちの学校に新米男性教師が来てから。
大学卒業したての、見るからに気の弱そうなナヨナヨした先生で。
これはもう、虐めるしかないじゃない?w

最上位グループが主導して、放課後、教室に先生をこっそり呼び出して。
皆で寄ってたかって抑え込んで、無理矢理〇しちゃいました♪
中には初めてって子も居て、これが生チンポ~wグロい~wって言いながらズンズン腰振ってたりして、凄い楽しかったです♪
先生ったら生意気な事に結婚してたみたいなんですけど、そんな事はお構いなしにずっと楽しんでました。
しかも先生ったら凄い遅漏で、勃ちはするけど一向にイかないみたいな体質だったんです。
なので遠慮なく虐める事が出来ましたね。
「先生~奥さんと私たちのオマンコ、どっちの方が気持ち良い?
w」って聞いたら、歯食いしばってプルプルしてましたよ。
でもチンポはしっかり勃起してて、本当男ってどうしようもないなって思いました。
本当に奥さんの事が大事なら、体裁気にしないで叫んで助けを求めるなりして貞操守れば良かったのに。
しないって事はその程度だったんでしょうねw

で、その時の写真もしっかり撮って。
以降、先生は私達の玩具…退屈しのぎの為の、生贄になったんです。
スクールカースト最下位の子に3日間位お風呂に入らないように命じておいて、その子の洗ってないオマンコを先生に舐めさせながらオナニーさせたり。
定期入れに入ってた奥さんの写真を千切って丸めて、アナルに挿入した状態でチンポしごいてあげたり。
あ、授業中に教壇の上に乗せて、大股開きでオナニーさせた事もありましたよ!
その際笑顔を強制して、上手く笑わなかったら乳首をマチ針でぷすぷす刺したりとかもしてました。
最終的に、教室に入っただけで即勃起するようになっててウケましたw

卒業式の日、教室で、クラス全員で集合写真撮ったんです。
真ん中は先生です、全裸で首輪つけて、チンチンの姿勢とってるところ。アナルも丸見えw
その後は、スクールカースト最下位の子達と先生の交尾を見ながら皆でお菓子食べたりしてワイワイしました。
まぁ、そんな楽しい体験したもんだからうちのクラスの子達は9割方S女になりましたね。
皆、彼氏とか旦那を虐めて楽しく過ごしてるみたいです。
最下位の子達は立派なM女になったみたいですけどw
風の噂によると、浮浪者の方々相手に夜な夜な体を提供してる子も居るとか。

あぁ、先生ですけど、卒業後解放してあげたにも関わらず私たちに連絡して来たんですよね。
もう貴女達なしでは生きていけない、これからも定期的に虐めて下さいって。
でも私達も暇ではないので、気が向いたら時間のある子が虐めに行く感じです。
ちなみに奥さんとはセックスレスになったようです。
あれだけ強烈に虐められてたら、普通のセックスでイケなくなるのも無理ないかな~って気はします。
でも、解放してあげたのにM奴隷として生きていく道を選んだのは先生ですから仕方ないですよね。

②両親の秘め事

私の両親は奴隷婚でした。
最初そうとは気付かなかったし、普通に育てられたんですが…。
6歳の誕生日に全て打ち明けられたんです。
M男のパパとS女のママの奴隷婚であるという事、また、M男であるパパは娘の私にも躾けられ、犯されたがっているという事…。
あれが、きっかけでした。

当時はまだ幼かったし良く理解出来てなくて、ともかく大好きなパパがしてほしいことをしよう!と、ママに言われるがままに、色々な躾をパパに行いました。
パパのアナルをバイブでえいっ、えいっ、と一生懸命犯したり、ママに「パパの乳首は悪者なのよ…こらしめてあげましょ。」と言われたので、退治するぞっ!と、思いっきりギュ~~~ッ、とひねったり。
そういう事をされている最中のパパは、いつもの厳しくも柔和な笑みを浮かべてるパパではなくて、白目を剥いて鼻の孔をおっぴろげ、股間のオチンチンをギンギンにしている…得体の知れない生物…というか家畜にしか見えませんでした。
いえ、家畜の方が可愛気がありますから、家畜という表現すら勿体ないですね。

パパの事は変わらず大好きでしたが…何でも出来る凄いパパっていう意味での、言うなれば敬愛という感情から、面白い顔や反応をしてくれるから好きっていう、玩具的な意味での愛情へとシフトして行ったんです。

そういう環境で育って、Sの目覚めが引き起こされない訳もなく。
成人する頃には、立派なS女性へと成長していました。
パパを調教しながら育ったものですから、同年代にありがちな男性に対する幻想なんて全くありませんでしたし、パパのつてで知り合ったM男性ばかりと付き合ってました。

そうこうしてる内に社会人になりまして。
何か親孝行したいな、と、ヒールでM男性のアナルを小突きながら考えてたんですが。
ママには新しい調教道具をプレゼントするとして、パパには何がいいかな~…と考えた末、友人のツテで紹介して貰ったゲイの屈強な黒人男性をパパにプレゼントする事にしました。
一週間ほど、期間限定での貸し切りですが。

パパに「パパの事ゆっくり調教したいから時間取って」とお願いして一週間くらい仕事をお休みして貰って、ホテルのスイートを取り…黒人男性と2人きりで缶詰させて、交尾させました。
黒人男性の存在は言ってなかったから、完全に騙し打ちなんですけどw
パパ、同性とのセックスは初めてだったみたいで、最初は本気で嫌がってたのに2日も持たずに快楽メス堕ちしててw
モニター越しに監視してたママと二人で「あ~ぁ、これだから淫乱は…」なんて笑いあってました。
一週間もする頃には、「チンポプリーズ!チンポプリーズ!」ってお尻をフリフリ、片言の英語で必死でチンポをねだる始末。
私達が部屋に入って来ても、気付かずお尻を両手でグイッと開き、必死でお尻を振り続けてて思わず吹き出してしまいました。

その後は、私達が見てる目の前で、黒人男性との濃厚な交尾を見せつけて貰いましたよ。
「見られながらイクぅ!外人デカチンポでイクのぉ!」って、メス声で叫びながらすっごいザーメンまき散らしてて、もうこの人戻れないんじゃないの?wなんて思ったものです。
その予想は当たってしまって、同性の生チンポに犯される悦びを知ってしまったので今ではママと男性、パパの3Pでプレイする事が多いそうです。

私は私でパパのそんな痴態を見てしまったものですから、もう少し仕事が落ち着いたら、私専用の奴隷を探して目の前でパパと交尾させたいな♪なんてワクワクしたりしてます。

③生まれつきかも。

物心ついた時から虫を虐めるのが好きで、蟻の巣を粉砂糖で埋めたり、虫をセロハンテープに貼り付けて身動き取れなくした状態で壁に貼り、呼吸出来なくなって死んでいく様を見つめるのとか。そういう事ばかりしてました。
だから本当にきっかけとかそういうの思いつかなくて、生まれつきSだったとしか言えないな…と悩みながら話してますよ、今w

あぁ、でも成長して行くにつれて、両親を磔にして火あぶりしたいな、とか、同級生の腹をかっさばいて腸で縄跳びしたいな、とか、そういう事を考えるようになったんです。
虐める対象が、虫から周りの人間になっていった感じ。
勿論、口に出した事はないですよ?実行もしません。
どういう目で見られるかなんて、流石に分かりますから。
思うだけなら自由だと思って我慢してました。
でも、我慢する必要がなくなる出会いがあったんです、それがきっかけかな?

大学に進学してからも、さっきお話したような想像ばかりしてたから普通のお付き合いなんて出来るわけもなく。
とは言っても欲求不満で頭がおかしくなりそうでしたから、ネットで探してみる事にしました。
何を探したかって?それは勿論、私の願望を受け止めてくれるようなイカれた男をですよ。
どんな暴力、嬲りにも耐え得る程のマゾヒスト。
そこまで期待してなかったんですけど、居ました。
実際会ってみて、体中に針を刺したり、舌に釘を貫通させたり、チンポを思いっきりへし折ろうとしてみたりしましたが、その全てを快楽に変換して射精してましたね。
「最初から手加減する気はないよ」と伝えていたんですが、
「手加減は無用です。貴女の手で命を終わらせて頂いても構わない。」なんて言うものですから、徹底的に痛めつけました。

すると彼ったら涙を流して…やっぱり耐えられなかったのかな?
まぁ止める気ないけど、と思ってたら、「今までここまで痛めつけてくれる女性は居なかった。やっと出会えた。貴女こそ私の理想であり女神です。」なんて感極まって泣いてたみたいで。
その時、あぁ、私と同じ種類の孤独を抱えてた人が居たんだな、と初めて同類に出会えた気がしましたね。

とは言ってもより良く鳴いてくれる人を探したかったので、その出会いの後もネットで漁りに漁りまくったんですけどね。
ちゃんと男性には言ってました。
「寂しいですが、貴女がそうしたいのであれば従います」って理解を示してくれました。
でも中々その男性以上に良い反応を示してくれる人が居なかったので、結局その男性ばかり虐めてましたね。
その男性と数年関係を続け、最終的にその男性の体が穴ボコだらけになり、服を脱げばケロイドやら穴やら欠損やらでふた目と見れない見た目になり。
いつの間にか愛着が湧いてきたので、飼う事にしました。

良く、奴隷に自分の排泄物を食べさせる方がいるじゃないですか。
うちの場合は生ゴミで済ませてます。
排泄物も食べてみたい…なんて期待に満ちた目で言われたりする事はあるんですけど、面倒なのでしません。
痛めつける事に関しては手間を惜しまないんですけどね、奴隷のお願いの為に手間を掛けるとなれば、こちらの気乗りがしないとどうにも…って感じです。

で、そういうワガママは聞かない代わりに、痛めつける時はここには書けないような事をするようになりました。
学生時代に痛めつけた内容なんて比にならない位の。
もう彼、外に出れるような見た目じゃないので一生飼ってあげるつもりです。
お互いに必要としてる感じ、良いな~って最近感じてます。
まぁ、要らなくなったら代わりを探しますけど。

④バイト先で…。

バイト先に親友が居たんです。
可愛い女の子で、超絶人見知りの私にも気さくに話しかけてくれて…彼女と出会ってから毎日楽しかったんです。
暗くて友達らしい友達がいたこと無かった私に人生で初めて訪れた光そのもの。
正直、彼女に恋してたかもしれません。
そんな彼女と付き合って、ヤリ捨てして彼女の心をズタボロにした男が居たんです。
新入りのバイトの男だったんですけど、見るからにチャラそうで。
私は警戒してたんですけど、彼女はタイプだったみたいで二人の関係が深まるのを阻止出来なかったんですよね。

なので、彼女が病んで入院してしまった時は本当に男を恨みました。
それで、男に復讐する事にしたんです。それがきっかけ。
性格を根本から作り変えて、風俗をしてお金を貯めた後、人脈を作って、仕事人を借りて、男を「拝借」。
モゴモゴうるさかったので、アナルに缶コーヒーの缶をブチ込んであげたら黙りました。
その時の男の顔が、こう…全てに絶望したような顔で、ゾクゾクっとしたんですよね。
得も言われぬ気持ち良さが背筋を走り抜けたんです。

そこからはもう、してみたい事を全部しました。
乳首にフックを通して釣りあげてみたり。爪を全て剥がしてみたり。
丸刈りにして、顔中ピアスだらけにしてみたり…。
本当に楽しくて!
犬のフンとかも食べさせたんですけど、物足りなかったので男自身のフンを食べさせたりしました。
最初はえづいてましたけど、最終的には笑顔で食べるようになりました。
あ、これらは勿論全て同意の上でですよ?一連のあれこれが行われる前に、同意書、ちゃんと書いて貰いましたからね。緊張のあまり震えながら書いてて面白かったです。

それでもまだ物足りなかったので、皮膚を剥がして「淫獣」って文字を焼き付けてみたり、片玉潰したりしてみましたがまだまだ足りない、もっと気持ち良くなりたかったんですけど…。
歯を全て引っこ抜いたあたりで、どう虐めても満足しないって事を悟ったので、そこで男を解放しました。
解放といっても、それなりのところへ、ですけど。

そんな事があったんですけど、それ以来全ての男性を虐め倒したいっていう感情が湧いてくるようになって。
今でも時間を見つけては男性を虐め倒してますけど、当時みたいなほの暗い動機で虐めてるんじゃなくて、ちゃんと心から純粋に虐めたいと思って虐めてます。

何を求めてるのか察して、あえて焦らして虐めないと自分からお願いして来るんですけど、その様子を見てカワイイって思うようになりました。
彼女が戻ってこない事による心の穴は大きいですけど、いつまでも悲しんでても仕方ないですから。
ですので、今は心から楽しめるM男虐めに没頭してます。

⑤まとめ

皆さん様々なバックグラウンドをお持ちでしたね!
インタビューしてて思わず「えっ、それ漫画じゃないよね?!」って突っ込みたくなるようなエピソードもありましたが、世界は広し、何があっても不思議じゃないですもんね。うんうん。

今回は見るからにミステリアスで妖艶な雰囲気の、THE女王様!という感じの方々に聞いてみたんですけど、
ミステリアスな雰囲気を出してる方々ってやっぱりそれだけの特殊なバックグラウンドがあるのだな~…ってしみじみしちゃいました。
全員に共通してたのは、皆さん心の底からSMを楽しんでらっしゃるという事。
勿論皆さん自分のやりたい事は通しますが、M側の様子を見て、どんな責めがより効果的か見極めて実行してらっしゃる印象が強かったです(ワガママを聞くという意味ではなくて)

やっぱり女王様で居るのも簡単ではない上に、素質が問われるっていう事ですね。
やはり女王様は偉大だった…!

S女性と出会いにオススメコミュ

★オススメ★最新痴女との出会いサイト

SMバナー
痴女に金玉すっからかんになるまでザーメン搾りとられてみませんか?
SMの経験は一切必要無し!とにかくアナタの体一つで痴女との素敵な時間が過ごせます!
M奴隷初心者向け情報
be-my-slaveをフォローする
女王様とお呼び!

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました