外と知らない、SM世界では当たり前のマニアックプレイ

M奴隷初心者向け情報

SMプレイというと、女王様に鞭で叩かれたり蝋燭を垂らされたりといったイメージがありますよね。その他にも淫語責めや手コキ責めといった性感プレイを思い浮かべる人も多いと思います。

しかし、SMプレイは痛かったり熱かったりエロ気持ちよかったりするものだけではありません。さらに複雑な性癖やフェチシズムにも応えてくれるのがSMなのです。

今回は意外と知られていないマニアックなプレイについて、どんなものがあるのか、そしてその方法や経験者の声など、詳しくお届けしたいと思います!

▼ PR ▼
女王様と僕

ウェット&メッシー

ウェット&メッシーとは「濡れる(wet)」「汚い(messy)」行為を目的としたプレイです。
と言っても、聞き馴染みのない言葉な上にいまいちピンとこない人も多いですよね。

具体的な例を挙げると、服を着たまま水を浴びたりかけたりする行為やオイルやローション、絵の具塗れになる行為の事。
バラエティ番組などで、バケツの水を浴びせられたり、水中に落とされたり、あるいは放水されて全身ビショビショになるシーンはよくありますよね。また、罰ゲームで泥の中にダイブさせられたり、パイ投げでクリーム塗れにといったシーンもお馴染みですが、これらがまさにウェット&メッシーというプレイなのです。

もちろん芸人さんやタレントさんはプレイではなく人を笑わせるために仕事として行っていますが、M男性の中にはこういった行為をSMプレイに取り入れて、性的興奮を得たいと考える人も少なくないのです。

もし、バラエティ番組などでびしょ濡れになったり、泥塗れ、クリーム塗れになるコーナーを見て少なからず興奮を覚える人は間違いなくウェット&メッシープレイを楽しめる素質があると言ってもいいでしょう。

ウェット&メッシーは特に難しい作法やテクニックも必要ないので、初心者でも簡単に行えるのが嬉しいポイント。
注意する点といえば、着替えを用意しておく事や汚れてもすぐに洗い流せる浴室で行う、あるいは床にビニールシートを敷いて行う事、そして滑りやすい物を扱う時は転倒に注意するという事くらいです。
メッシーに関しては使える素材が様々あるので、色々試しながら最も自分好みな物を見つけられるといいですね。

『私はYシャツ姿で水に濡れた男性をイジメる事に悦びを覚えます。これまで付き合ってきたM男にもプレイの時にはまずYシャツとパンツのみの格好にさせて風呂場へ連れていき、頭からシャワーをぶっかけます。髪から水が滴る様子や、肌にYシャツが張り付いて素肌が透けて見える様にゾクゾクすると私のSのスイッチが入ります。Yシャツ越しに透ける乳首を執拗に弄り、M男をその気にさせます。濡れた下着を突き破らんばかりに勃起させるM男の股間も焦らすように撫で回しながら、さらに興奮させていきます。全身びしょ濡れで興奮するM男の表情はますます私の嗜虐心をくすぐるのです。私は風呂場の床にM男を正座させて、私自身は浴槽の縁に腰掛け、舐め奉仕を命じます。私を満足させるまではイカせません。びしょ濡れになって私に見下されながら舐め奉仕をするM男の姿は本当にいやらしくてイジメ甲斐があります。私を満足させられたらご褒美にイカせてあげます。方法は下着の上からの足コキです。足コキだとなかなかイケないのか、もどかしそうに正座状態で腰を揺らすM男が可愛いとさえ感じるほどに惨めで、私の嗜虐心は最高潮に。足コキで射精できるかどうかはM男次第ですが、M男とのプレイの中ではこうした風呂場でのプレイが一番好きです』

『僕はクリームや泥のような粘着力のある液体でドロドロになる女性の姿に異様に興奮します。よく見るAVもウェット&メッシーものがほとんどです。僕の場合、女性にだけそういう姿にさせたいというのではなく、僕自身も女装をして同じように汚れたい。そしてドロドロのグチョグチョに絡みたいという願望がありました。けれどSM倶楽部なんかではウェット&メッシーコースはあるものの、M男性だけがメッシープレイを受けるものばかりで一緒に汚れてくれるようなサービスはなく、悶々とした日々を送っていました。でもある時、気まぐれで利用してみたSMサイトに自分の性癖を書き込んだところ、興味をもってくれた女性が現れて、実際プレイを行う事に。女装姿でメッシープレイに付き合ってくれる女性なんてきっといないだろう、と諦めていただけにこの出会いは最高の出会いでした。相手の女性もメッシープレイが出来る男性が少ないと残念に思っていたところに僕を見つけたとの事で、プレイの頻度は二ヶ月に一度程度と決して高くはありませんが、今でも定期的に女装メッシーを楽しんでいます』

S女性からは水に濡れたM男の姿に惨めさを感じられるという声が多く見受けられました。
また、メッシープレイを好む男女は少ないものの、一度出会いのきっかけがあれば思いがけない最高の出会いとなりやすいようですね。

咀嚼プレイ

咀嚼プレイは女性が口に含み噛み砕いた食べ物を食べさせていただくというプレイです。

食材と唾液がミックスされ半液状となったその食べ物は唾液フェチなM男性にとっては最高のご馳走。特別唾液フェチというわけでなくても、大好きな女王様の体液が混じった食事をいただけるのは、光栄な事であり興奮を覚えないわけがありません。

食べさせられ方は人それぞれで、口移しという人もいれば仰向け状態で大きく開けた口の中に吐き出される人や、床に吐き捨てられた物を舐め掃除するように食べる人もいます。
こればかりは相手の女性の趣向もあるので一応希望は伝えつつも、女性に合わせるのが得策と言えるでしょう。

また、咀嚼プレイに使われる食材に関してもバラエティに富んでいます。食べられる物であれば何だって対象になるので当然と言えば当然ですね。
とはいえ、咀嚼プレイに向き不向きな食材はあります。例えば刺身といった生物は不向き。咀嚼すると生臭みが出てきたり、生ぬるい状態で食べる事になるので単純にマズいです。
逆に咀嚼プレイに向いているのは、おにぎりやパンといった主食になるものやフルーツ、ケーキなどのスイーツ。甘みがあるので、咀嚼しても食べやすく初心者向けとも言える食材です。

『食事をしながら気まぐれに自分の食べているものを咀嚼してから床に吐き捨て丸裸の変態野郎に這いつくばって食べさせる。まるで家畜以下の生き物に餌をやっている気分になるのが楽しい。当然残すなんて事は許さないので、食が進まない時は早く食え、と足で頭を踏みつけてやって無理矢理にでも食べさせるのがまた快感』

『女王様からいただける咀嚼物が僕にとって最高のご馳走です。コーヒーや紅茶、お酒など、その時その時に飲んでらっしゃる飲み物で女王様の唾液の味が若干変わるのが、ああ今僕は女王様味の食べ物を頂いているのだなと感じられるのが嬉しいです。女王様は基本的に手の上に咀嚼物を乗せて食べさせてくださいますが、時々口移しで食べさせてくださる事もあるので、そんな時は僕は本当に愛されている幸せ者の奴隷だと実感します』

S女性からは餌をやっている気分という声も多くありましたが、M男性からは愛情を感じられるという意見が最も多く、まさにS女性とM男性の立場の違いを感じさせられるようなプレイですね。

赤ちゃんプレイ

女性にママとなってもらい、自身は赤ちゃんになりきってお世話などをしてもらう赤ちゃんプレイは、マニアックなプレイの中でも比較的よく耳にするプレイかもしれませんね。

全ての責任を放棄しママに委ね、オシッコやウンチはオムツの中に垂れ流し、寝たい時に寝て、お腹が空いたら泣いておねだりする赤ちゃんとなりきる事で、日常的に抱いている重圧感を解放できると、社会的立場の高い男性に特に人気があるプレイだと言われています。
またそれとは逆に、大人としての尊厳や権利を剥奪され屈辱感を味わいたいと考えるM男性が赤ちゃんプレイを求める場合もあります。

このように開放感と屈辱感、どちらを味わいたいかでプレイの内容も若干変わってきますが、前者の場合は優しいママにお世話をしてもらう事が主な目的に、後者の場合は厳しいママにお仕置きを伴う躾を受けるのが主な目的になる事が多いでしょう。
具体的な例で言えば、オムツに排泄をした場合、前者であれば“上手に出来たわね”と褒められてオムツを換えてもらう、後者であれば“まだオムツが外せないなんて悪い子ね!”とお尻叩きのお仕置きを受ける。このような違いがあると考えれば分かりやすいかもしれませんね。

『オムツを穿かされて可愛い絵が描かれたお手製のおむつカバーを装着させられる。この瞬間から僕は赤ちゃんになります。女性の前でオムツ姿になったり、排泄をしたりと赤ちゃんになりきるのは恥ずかしい気持ちは最初こそありましたが、女性はそれを許して受け止めてくれます。その安心感で僕は無防備でいられますし、赤ちゃんでいる間は何をしても許されるという開放感が僕にとっては快感です。どうしても最初は羞恥心もありますが、相手の女性を信頼してママだと思い込み全てをさらけ出す事こそが、赤ちゃんプレイを最大限に楽しむコツだと思います』

『赤ちゃんのようにおむつを穿かされるのは屈辱以外の何物でもありません。しかも、自分の場合ママ友の集いというものに連れて行かれ、他の赤ちゃんと比べられたりもします。当然、その集いの最中にイタズラをしたら、他の赤ちゃんの前でお仕置きもされてしまいます。これほど惨めな事はありませんが、Mの僕にとってはそれがある意味興奮で、わざとイタズラをしてしまうような時もあるのです』

赤ちゃんプレイに興味はあるけれど恥ずかしいという男性は少なくないと思いますが、女性を信じて恥ずかしい面をさらけ出す事に楽しむコツがあるというのは、経験者ならではの意見ですね。

また、ママによっては他の赤ちゃんと引き合わされる事もあるようです。変態M赤ちゃんにとっては興奮の材料となりそうですね。

クラッシュプレイ

クラッシュプレイとは「crush(押し潰す)」行為を楽しむものであり、女性が足などであらゆる物を踏み潰したり押し潰す様に興奮を覚えるM男性のためのプレイと言ってもいいでしょう。

このクラッシュプレイにはいくつか種類がありますが、最もポピュラーなのが、フードクラッシュ。咀嚼プレイの足バージョンとも言えるプレイで、食べ物を足でグチャグチャに踏み潰し、食べさせてもらうというものです。
足フェチの男性からすれば、女性の足のエキスがたっぷりと染みこんだ物を食べさせてもらえるなんて嬉しい事この上ありませんよね。
それだけに、ただただ女性の足にフェチシズムを感じるという男性に特に好まれるプレイでもあります。

また、M男性の中には小さい体になって、あるいは取るに足らない生き物となって女性に踏み潰され、グチャグチャにされたいという願望を持つ人もいます。
そんなM男性達に好まれるのがプラモデルや人形を用いてのクラッシュプレイ。自分をプラモデルや人形に見立ててグチャグチャに潰されていく切なさや悲壮感を楽しむのです。

そして、このクラッシュプレイの極みと言えるのが生き物を使ってのプレイです。
ハムスターや虫などといった命あるものを用いて行う事で、プラモデルや人形を用いるよりもはるかに生々しく、なおかつ残虐性を得られるので、一部のマニアには根強い人気があります。
特に虫を使ったクラッシュプレイは「insect crush」を略して「インクラ」とも呼ばれています。

『四つん這いで女王様の足下にひれ伏した僕の目の前で、女王様はケーキやパスタを踏みつぶし、グチャグチャになったそれを足で掬って食べさせてくださいます。僕はひとかけらも残さないように食べ、最後は女王様の足を舐めて綺麗にします。それが僕の食事の作法です。少し酸っぱいような女王様の足の香りが加味されて、食事をしながら僕は勃起してしまって…その後、僕のチンコを可愛がってくださるかどうかは女王様の気分次第ですが、足フェチの僕にとっては女王様の足で踏みつぶしていただいた食事を足でいただけるだけで充分に幸せです』

『僕の部屋にはガラスのテーブルがあります。いつもS女性に部屋へ来ていただき、クラッシュプレイをお願いしています。本当はゴキブリとか、ネズミとかもう少しグロテスクで生々しい生き物を潰してほしいのですが、用意や掃除が大変なので、ペットショップでメダカのような小さな魚を買ってきて、ガラステーブルの上でクラッシュしてもらっています。基本的には足ですが、股やお尻で踏み潰してくださる方もいます。僕はそのテーブルの下からメダカが踏み潰されるのを見ているのですが、まるで自分が潰されているような感覚になり、ものすごく興奮します』

このプレイはやはり足フェチのM男性には堪らないプレイのようですね。

しかし、自分が踏み潰される事に興奮を覚えるタイプのM男性は、足に限らず股やお尻でクラッシュされる事を望む人もいるようです。
さらにガラステーブルの下に潜り込み、その上で踏み潰して欲しいというこだわりをもつ人も見受けられました。

バキュームプレイ

バキュームとは真空という意味。自分の身を真空、もしくはそれに近い状態に置かれる事を楽しむプレイがバキュームプレイです。
真空状態とは呼吸が出来ない状態の事を言うので、息をさせ辛い状態にする事を目的とした顔面騎乗も一種のバキュームプレイと言えるでしょう。

そしてこのプレイの究極の形とも言えるのが、バキュームベッドやバキュームラックを用いたプレイです。
ラバーで出来た袋状の生地の中に入り、掃除機などで空気を抜く事で真空状態にするというSMグッズの一つで、全身をラバーで密着される事になるので、ラバーフェチなM男性にも人気があります。

ただし呼吸を制限されるため命の危険にも直結するのがこのプレイの注意すべきポイント。バキュームベッドやラックの場合、呼吸するための穴は開いていますが、位置がずれると呼吸困難に陥る事も。
また、これらの器具は入手が困難なので、布団圧縮袋などを代用する人もいますが、当然人体用に作られているわけではないのでオススメは出来ません。
それだけにこのバキュームプレイを行う場合は、必ず経験豊富なパートナーにお願いするのが唯一の安全策と言えるでしょう。

『顔面騎乗をされて酸素が薄くなって意識がもうろうとし始める瞬間が最高に気持ちイイです。顔面騎乗というと、椅子になりたい、またはオマンコの匂いを嗅ぎたい、という人が多いと思いますが、僕はお尻の肉で口と鼻を塞がれて呼吸が出来ず酸素が薄れていくのが好きです』

『“バキュームベッドを手に入れたので試用出来る人探してます”というマッチングの投稿を見て応募したのがきっかけです。元々僕はゴムフェチでラバースーツなどを着るのが好きだったのですが、バキュームベッドは初めて。実際に使っていただくと、ラバーとラバーにサンドされて口にはチューブを咥え、ラバーの僅かな穴からチューブを出して空気を確保できる状態で、ラバー内の空気を掃除機で吸い取られ一気に真空にされました。あっという間に素肌にぴったりとラバーが張り付き、ラバースーツを着た時以上の密着感がものすごく快感でした。また、呼吸の頼りはチューブのみ。もしチューブを抜き取られたり、入り口を塞がれたりすると呼吸困難に陥ります。それだけに僕の命は相手の女性に委ねられている、という精神的な被支配感が僕にとっては歓びでもありました』

バキュームプレイにハマるM男性に最も多い意見としては酸素が薄くなっていく事に快感を覚えるというものでした。
実は、医学的にも低酸素状態になると多幸感を感じる人が一定数存在するという事が分かっています。バキュームプレイの魅力はこの低酸素状態を楽しむところにありそうですね。

また、このプレイは命の危険と隣り合わせという一面も備えているだけに自分の命は相手に委ねられている、命が支配されているという感覚を得る人もいるようです。M男性にとって女性に支配される事は被虐心を満たされる行為となるだけに歓びに繋がるのだと言えそうですね。

スカトロプレイ

聞いた事はあるけれど、実際にやってみるとなると勇気が必要なプレイ、ナンバーワンとも言えるプレイがスカトロプレイです。
言わずもがな女性のウンコを食べさせてもらうプレイで、絶対出来ないと拒否反応を示す人も多い一方で、ウンコを食べさせていただけるなら何でもします、というコアなマニアも少なくありません。

スカトロプレイに魅せられる理由はいくつかありますが、最も多いのが憧れの女性の体から出た排泄物を体内に取り込む事で一体になれた気分を味わえる、というもの。
自分のような卑しいM男身分の生き物が、女性とキスやセックスをするなんておこがましいと考えるM男性は少なくありません。それでも女性を感じたい、一つになりたいと願った結果、女性のウンコを食べる事でその願望を満たすというわけです。

好きな女性の体から出るものを口にしてみたいという願望はM男性なら少なからず抱いてしまう感情ではないでしょうか。スカトロプレイはその感情の究極の形と言えるかもしれません。
それだけに、実際にウンコを食べるのはさすがに抵抗があるけれど気持ちは何となく分かる、という人は女性のオシッコを飲む聖水プレイから挑戦してみるのもアリだと思います。

『昔から女性のウンコには半端ない好奇心がありました。最初は女性がウンコをするところを見てみたい、というところから始まり脱糞系のAVを好んで見るように。そのうち、実際に見てみたいという気持ちが強くなってテレクラや出会い系でウンコするところを見せてくれる女性を探すようになりました。しばらくはそれで満足していたのですが、ある時出会った女性が“せっかくだから食べてみたら?”と言ったのです。その日はホテルの床にビニール袋とティッシュを敷き、その上で脱糞してもらっていたのですが、僕は恐る恐る口を近づけ、それを舐めてみました。強烈な臭いはもちろんの事、少し舌が触れただけで口の中に苦みが走ります。鼻から息をすると、口や鼻全体に苦みと臭いが広がります。その瞬間、吐き気を催したのですが、僕が普通ではなかったところが、吐きそうになったにもかかわらずもう一度口にしてみたい、という思いに駆られたところです。最初は舐めるだけだったのが、歯の先で少し囓ってみるように口に含みました。やはり、臭いも味も強烈です。けれど、次はもう吐き気は感じませんでした。それよりも苦みの奥にある風味まで味わってみたいと思うようになりました。それからの僕はもう、女性のウンコを食べる事に夢中です。人それぞれ個性があるのはもちろんの事、同じ人でも事前に食べたものや体調によって味が違い、最近ではウンコを食べただけで事前に何を食べたか当てられるようにまでなりました。今はスカトロ趣味の人が集まるマッチングアプリもあるので月に一度はそういった場で知り合って食べさせてもらっています』

『皆さんは一万円あったら何を食べますか?大抵、高級焼き肉とか寿司とか答えるのではないかと思います。でも僕は黄金をいただきます。つまり女王様のウンコです。僕が通っているSM倶楽部では黄金のオプションがあり、通常のコースに一万円上乗せで支払って女王様の黄金を食べさせて頂いています。一万円も出してウンコを食べるなんて気が狂っている、自分なら逆に十万もらっても嫌だ、と思われる人がほとんどだと思いますが、僕にとってはそれがご馳走なのです。何故か、と言われると自分でもよく分かりませんが、黄金をいただいた瞬間、僕と女王様が繋がるような、僕の中に女王様がいらっしゃるような、一体化するような、そんな感覚に包まれるのです。そしてそれがとても幸福な想いなのです。僕は、女王様が僕のために出してくださった黄金をタッパーに入れて持ち帰り、冷蔵庫で保管しながら何日かに分けていただきます。女王様の事を想いながら、酒のつまみにするのです』

スカトロプレイが好きなM男性の中には女性のウンコそのものへの好奇心が強い、という人も多いようです。

それにしても一万円出してウンコを食べるというのは常識では考えられないですが、スカトロマニアな男性にとって女性のウンコは高級肉やお寿司と同等、もしくはそれ以上の価値があるというのがよく分かる意見でもありますね。

マニアックな性癖すらも満たしてくれるのがSMの世界

SMプレイの中でも、少数派だけが理解できるマニアックプレイについて詳しく紹介させていただきました。
思わず興味を抱いてしまったプレイはあったでしょうか。

自分はただイジメられたりエロ気持ちいい事をされて歓ぶ普通のM男性ではないかもしれないと感じている人でも、自分の性癖に合う女性を見つけられさえすれば、必ず満たされるプレイを楽しめるのがSMの世界。

自分の変態欲求を理解してくれる女性なんてきっといないだろう、と誰にも言わずにひた隠しにしている人は今すぐ自身の性癖を発信してみましょう。
思いの外あっさり、理解者となってくれる女性が見つかるかもしれません!

S女性と出会いにオススメコミュ

★オススメ★最新痴女との出会いサイト

SMバナー
痴女に金玉すっからかんになるまでザーメン搾りとられてみませんか?
SMの経験は一切必要無し!とにかくアナタの体一つで痴女との素敵な時間が過ごせます!
M奴隷初心者向け情報
be-my-slaveをフォローする
女王様とお呼び!

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました