貴方が開発されたいのはどこ?アナル開発、乳首開発、チンポ開発等、M男の本音

M奴隷初心者向け情報

女王様にお願いしたいSMプレイの中でもM男性から絶大な人気を誇るのが、開発調教です。

「未知の快感を味わってみたい」
「性的敏感で淫乱な体に憧れる」
「自分の体の限界に挑戦してみたい」

今、これを読んでくれているM男性の中にもこんな思いから開発調教に憧れを抱いている人は多いのではないでしょうか。

開発調教にはアナル開発やチンポ開発など、その体の箇所によって方法は様々。それぞれに魅力があり、根強いマニアも存在します。

今回は、多くのM男性が興味を抱いている開発調教について、その種類や方法、魅力をお伝えすると共に、実際に開発経験のあるM男性の体験談も併せて紹介したいと思います。

今後、女王様に肉体開発されてみたいというM男性は是非、参考にしてみてくださいね。

▼ PR ▼
女王様と僕

前立腺開発

開発調教の中でも特にM男性に人気の高い前立腺開発。
アナルの中にある前立腺をマッサージして、射精とは違う未知なる性感を引き出すというアナル開発の一種です。

前立腺は男性のGスポットとも呼ばれており、開発すると女性が感じる性感に近い快感を味わう事が可能。
その理由は前立腺の中には前立腺小室という子宮があるからです。
実は子宮の元となる細胞は胎児のさらに前だった頃から誰にでも存在します。それが男性か女性かが決まる性分化の際、女性になると子宮として発達していきますが、男性になると発達はせず前立腺に取り込まれてしまうのです。

前立腺開発とはこの前立腺の中に取り込まれてしまった子宮を刺激して、子宮で感じる快感を呼び覚ます行為、と言えば分かりやすいかもしれませんね。

前立腺開発で女性のような快感やメスイキを、というのは経験した事のない人からすると都市伝説では?と思っている人もいるかもしれませんが、このような医学的根拠もあるだけに、男性なら必ず味わえる性感なのです。

『SM倶楽部に通う事半年、やっと念願のメスイキが出来るまでに開発していただきました。最初はただ単純に腸の中に異物があるくらいの感覚しかなかったのですが、開発を何度か行っていただくうちに、ムズムズする感覚というか疼くような感覚が生まれてきました。それでも絶頂にはほど遠くて、もどかしさのあまり自分から腰を振り、さらなる強い疼きを求めてしまうような感じです。でもある時、今までに感じていた疼きとは比べものにならない程の性感が溢れてきました。文字通り、前立腺と言われている部分から溢れてきたのです。甘く痺れるような疼きといえば想像してもらいやすいでしょうか。思わず女性のような喘ぎ声が漏れて、目の端からは自然と涙が零れてしまう程の快感です。これがメスイキなんだと分かった時にはもう、夢中になってその快感に縋っていました。事前の知識としてあったように射精の快感とは全く違います。射精のような突き抜ける快感ではなく、長くゆったりとした快感の中で、何度も絶頂がやってくる感じです。開発までに半年かかりましたが、一度きっかけを覚えると後は簡単にメスイキできるようになったので、今はセルフでもメスイキを楽しんでいます』

『最初は自分で前立腺開発をしていたのですが、上手く行かなかったので、SMの出会い系サイトでS女性を見つけてお願いしました。女性に開発してもらっているというシチュエーションも性的興奮に繋がったおかげか、彼女がテクニシャンだったのか、自分では全然イケなかったのにすぐアナルイキしてしまいました。自分で開発してもあまり成果が見られないという場合は、やっぱり女性に開発してもらうのが一番だと思います。ちなみにアナルイキを覚えてからは、男性としての性欲は衰えてしまったのか、チンコでオナニーする事は少なくなりました。その代わりアナルを犯されたい願望が強くなってペニスバンドでアナルを犯してもらっている日々です』

このように、前立腺開発にかかる期間は人それぞれのようです。けれど一度コツを掴めば後は簡単にアナルでイケるようになるみたいですね。
自己開発では上手くいかなかったけれど、S女性に開発してもらう事でスムーズに絶頂を感じられたという人もいるので、自己開発に励んでいる人はS女性の手を借りる事も視野に入れてもいいでしょう。

また、前立腺開発をされると、チンコの性欲が衰えるという事もあるようです。個人差はあるかもしれないですが、開発希望の男性は頭に入れておきましょう。
とはいえ、チンコの性欲が衰えてでも体感する価値のある快感だという根強いマニアは多いようです。

潮吹き開発

チンポ開発されたいという男性のほとんどは、この潮吹き開発をイメージしているのではないでしょうか。
潮吹きというと女性にしか出来ないものと思われていただけに、男性も可能となると、好奇心旺盛な男性なら興味津々ですよね。
また、男の潮吹きは限界までオシッコを我慢してから一気に放尿した時の開放感と射精とは違う未知の快感が同時に味わえると言われています。
と言われると、ますます体感してみたくなりますよね。

この潮吹き開発は射精直後に亀頭や竿をひたすら扱き続けるというシンプルなものなので自己開発もできそうですが、射精直後のチンポを容赦なく扱き続けるのは至難の業。想像しただけで股間がムズムズしてしまうという人も多いのではないでしょうか。
だからこそ、S女性の手を借りての開発が最も効率のいい開発方法なのです。

ちなみに潮吹きの潮の正体は何か、気になっている人も多いですよね。具体的にはまだ分かっていないようですが、オシッコの原液である原尿と呼ばれるものだと言われています。放尿時の開放感を得られるという点からも想像がついていたという人もいるかもしれませんね。
射精直後にチンポを扱かれる事によって、前立腺は収縮と膨張を繰り返します。その動きがポンプの役割となり、真空状態になった尿道が膀胱からオシッコを吸い上げ勢いよく噴射、となるわけです。

『元カノがドSで結果的に潮吹き開発されてしまいました。射精したすぐ後にチンポを弄って、僕が辛そうにする顔や様子を見るのが楽しかったようです。エッチの後はいつも亀頭を弄られて、そのくすぐったいようなビリビリと電流が走るような感覚に僕は悶絶していました。それでも僕が完全に拒否しなかったのは、そんな辛い刺激の中にも僅かな快感があったからです。それは辛い=気持ちいいという被虐的なものではなくて、このまま続けられたらもう一度イケるかも…という気持ちよさです。結局はイケそうなのにイケなくて不完全燃焼のまま終わるのですが、ある時チンポの根元のさらに奥がグッグッと締まるような、痙攣するような感覚に襲われたかと思うと、ビュッと勢いよく液体が噴き出てきました。精液とは違う透明な液体で、一瞬何か分からなかったのですが、元カノが“潮吹きだ!”と言ったので、それが男の潮吹きだと分かりました。こうして僕は元カノに潮吹き開発されてしまったのです。一度潮吹きを経験すると癖になるのか、射精後の亀頭弄りで簡単に潮吹きしてしまう体質になってしまいました。また、潮吹きした時の快感は射精の何倍も気持ちよくて、元カノと別れた後もその快感が忘れられず、M専科のお店や出会いアプリでSな女性にお願いして潮吹きさせてもらっています』

『手コキで連続射精させられるのが好きな僕。その日も定期的に通っていた風俗で手コキしてもらっていました。その日がいつもと違ったのはオナニーをガマンしすぎたせいか、風俗へ行く予定だった日の朝に夢精してしまった事です。いつも連続射精がしたくて、風俗へ行く予定にしている数日前からオナニーをガマンしているのですが、それが裏目に出てしまった形です。とはいえ、こんな事でキャンセルするのも申し訳なく思い予定通りお店へ行き、いつも通り手コキをしてもらいました。まず一度射精をしてその後も休む事なくチンコをしごいてもらいます。ちなみに僕はこの時の言葉にしがたい、強烈な刺激に歯を食いしばりながら耐えるのも好きで、いつもなら2,3回は立て続けに射精してしまうのですが、この時はなかなか射精ができませんでした。やっぱり朝夢精してしまったからだ…と、後悔しつつただひたすら強烈な刺激に耐えていた時です。下腹部の奥の方が疼くような快感が生まれました。その快感は徐々に強くなり、そのうちオシッコが出そうな感覚に襲われ、ガマンしなくてはと思う前に全部漏れてしまいました。これが初めて潮吹きをした瞬間です。一瞬射精したかと思ったけれど、射精の感覚はありません。ガマンしていたオシッコを出した時の爽快感と体の内からこみ上げてくる疼きが堪らなく快感でした。この日から僕は連続射精ではなく、潮吹きの虜になってしまいました。今は風俗へ行く時はオナニーをガマンせず、潮吹きできる態勢を整えて行くようにしています』

このように潮吹き開発は意図的にというよりチンポ責めの結果、偶然経験する人が多いようです。
また、射精とは違う快感、内からこみ上げてくるような快感と表現する人もいるのが特徴。
潮吹きは前立腺が収縮と膨張を繰り返す事で起こるだけに、もしかすると、前立腺開発で得られる快感と同種のものを感じている可能性がありますね。

性欲を溜めた状態で行うと、連続射精になってしまう可能性が高いので、効率的に潮吹き開発をされたい場合はある程度発散した状態で開発に臨むのがいいと言えるでしょう。

乳首開発

乳首開発は女性化願望のあるM男性に特に人気な開発調教です。
ひたすら乳首を刺激して感度を高めるというもので、乳首ローターなど、乳首開発専用の玩具もあります。

乳首というと、男性で感じやすい人は少ないものの女性にとっては性感帯の一つとして一般的に認知されている場所。
だからこそ、女体化願望のあるM男性としては乳首で感じられるように開発を行う事で、女性に一歩近づけるという喜びにも繋がると言えるでしょう。

また、女性化願望のない男性でも単純に乳首を弄られて疼くような気持ちよさに浸れるのが好き、という人もいます。
中には乳首を弄られるだけでイッてしまう程の感度を得た男性もいるようなので、夢や希望もありますね。

『最初は乳首で感じるタイプではなくて、むしろ乳首を触れるのはくすぐったくて苦手な方でした。ただ、自分は拘束されてチンコ責めされるのが好きで、嗜好の合う女王様をSMのマッチングアプリで探しては拘束&チンコ責めをお願いしていました。そんな中、一人の女王様と出会いました。そして、その女王様に乳首開発をされてしまいました。最初は希望通り、拘束されてチンコを指で弾かれたり寸止め手コキを受けたりしていたのですが、女王様の気まぐれだったのか唐突に乳首を弄られたのです。急に乳首に触れられ、自分はくすぐったさのあまり声を上げて身を捩ってしまいました。その様子が女王様の嗜虐心に火を付けたようで、ターゲットがチンコから乳首に変わってしまったのです。“くすぐったいって事は感じやすいって事よ”と、乳首にローションを塗られ、乳輪に沿って円を描くように周囲を愛撫され、かと思うと乳首をこね回されたり。最初はくすぐったくて不快だったはずなのに、執拗な乳首責めにくすぐったさは麻痺してしまいました。そして代わりに頭をもたげ始めたのが、チリチリと痺れるような疼きです。最初は拒絶、抵抗のこもったうめき声を発していたのに、段々と吐息混じりの喘ぎ声に変わるのを自分でも感じました。“まさかこんなにすぐ開花するとはね”と女王様は笑っていましたが、一番驚いたのは自分でした。今は乳首だけでイケるようにさらなる開発を受けている最中です』

『女装が好きな私はよく一人で女装プレイを嗜んでいるのですが、セルフプレイにも物足りなさを感じて行き着いたのがS女性を誘っての女装レズプレイでした。相手をしてくれたS女性は大きな鏡の前で私を後ろから抱き包んでくれました。そして“女の子なんだからおっぱいも感じるでしょ?”と私の胸を揉みながら、指先で乳首を摘まみ、クニクニと捏ね回します。最初はあまり感じなかった乳首ですが、“リラックスしてゆっくり呼吸するのよ”“体も心も女の子になった気分でおっぱいに意識を集中させて”とアドバイスを受けるうちに段々と乳首が感じるように。“気持ちよくなってきたら我慢せずに声を出しなさいね”と言われ、感じるがままに喘ぐと感度はさらに高まっていきました。最初こそ、乳首でイクなんて事はできませんでしたが、こんなレズプレイに何度か付き合ってもらううちに、乳首の快感が股間に直結するような感覚に陥り、乳首でイッてしまう体に開発されてしまいました。今では“おっぱい気持ちいいのぉ…!もっと弄ってイカせて…!”と自ら腰を振っておねだりする淫乱女装男子です』

乳首開発された男性の中にはむしろ乳首を触られるのは苦手だった、という人も。それだけに乳首に触られると何かしらの感覚を感じてしまう男性はそれだけで乳首開発し甲斐のある体と言えるかもしれないですね。
また、気持ちをリラックスさせたり、体も心も女性になりきる事で乳首開発の効果を得やすい体になれるようです。

アナル拡張開発

開発調教には自分の体の限界に挑戦する事を目的としたものもあります。アナル拡張開発がその最たるものと言えるでしょう。

アナル拡張開発は、アナルバイブやディルド、プラグを駆使して徐々にアナルの直径を拡げていきます。
マニアになるとアナルフィストは当然で、中には足をねじ込むアナルフットが出来る人まで存在する程なので奥深い開発調教ですね。

『アナルに興味をもったのは前立腺で感じてみたい、と思っての事だったのですが、いつの間にか拡張の方にハマってしまいました。というのも、アナル開発されたくて知り合ったはずのS女性が経験に乏しい方で、前立腺の場所が分からずただアナルパールをピストンするだけというアナル責めを受ける事になってしまったのです。ただ、これが僕には合っていたようで、パールが肛門に擦れる感覚が快感になってしまいました。やがて、小さいサイズのパールでは物足りなくなり、徐々に太めのバイブで責めてもらうように。S女性も拡張の方が簡単だと思ったのか、アナル拡張開発にシフトチェンジしました。今はまだ5cm程度の拡張段階ですが、これからさらにアナル拡張開発をしてもらい、いずれはアナルフィストが出来るまでにはなりたいです』

『僕が今お仕えしている女王様とはもう5年の関係になります。女王様はアナル拡張開発が好きで、当時未経験だった僕は一から開発をしていただきました。5年経った今は女王様の拳は楽々飲み込むまでに開発済みです。次の目標は両手の拳が入るまで開発するわよ、と言われているので、あとまだ何年かかるか分かりませんが、女王様に納得してもらえるアナルに開発されるまでついて行くつもりです』

アナルの快感というと前立腺だけを想像しがちですが、毛細血管が無数に存在するアナルの入り口もまた、敏感な場所とされています。ここへの刺激に快感を覚えた事で、アナル拡張開発にハマったという人も多いようです。

また、アナル拡張開発を行おうと思うと年単位での開発が必要不可欠です。それだけに、女王様ともより長く深い関係でお付き合いできるというのもM男性からすると嬉しいポイントと言えるかもしれないですね。

尿道拡張開発

穴があったら拡げたい、というのはM男性、あるいはS女性の習性なのでしょうか。拡張開発はアナルだけでなく尿道にも及びます。
穴を拡張する、という行為は自分の体の限界に挑戦するというだけでなく、まともな人間とはかけ離れた無様な肉体にして惨めさを味わわせるという側面もあります。

特に男性の象徴であるチンポを尿道拡張開発によって無様な状態にされる事はM男性にとって被虐心を大いにくすぐられる行為と言えるでしょう。

そんな尿道拡張開発は一般的にブジーという専用の器具を用いて行われます。徐々に太いブジーを挿入していく事で拡張が可能、中には人差し指が入るまでに拡張開発されているM男性もいる程です。

『チンポを嬲られる事に悦びを感じるタイプのM男だという自覚はありました。それだけに、SM調教ではチンポを鞭で打たれたり、ライターや蝋燭で炙られたりした事もあります。そんな僕が最終的に行き着いたSM調教が、尿道拡張開発です。正直痛いです。怖いです。でもそんな苦痛や恐怖の中に興奮を覚える自分もいます。そして不安や恐怖を乗り越えるとそこに待っているのは快感です。今僕は、直径1センチの尿道ブジーが入るまでに拡張されていますが、このブジーをピストンさせながらの尿道オナニーで射精するまでになりました』

『女王様の命令や調教は絶対です。そんなポリシーを持ってM男として生きてきました。自分が今、主従関係を築いている女王様はとにかくペニスを虐げる事が大好きな方です。主従関係を約束して早々“尿道拡張するわよ”と言われるような方です。女王様の命令や調教は絶対というのがポリシーの自分が拒否する選択肢などありません。僕は素直に女王様の尿道拡張開発を受け入れました。女王様と主従関係を結んで2年になりますが、既に1.3cmまで拡張されています。自分のペニスはこれから一体どうなっていくのか、不安が全くないわけではないですが、今は楽しみの方が大きくなりつつあります』

このように、尿道拡張開発はチンポ責めが好きなM男性や絶対服従がポリシーのM男性に受け入れられやすい開発調教と言えそうですね。

理想の女王様を見つけて貴方に合った開発をお願いしてみよう!

開発調教の種類や方法、魅力。そして実際に経験した事のあるM男性の生の声をお届けしました。
興味深く感じた開発調教はあったでしょうか。

開発調教と一言で言ってもその内容は千差万別。貴方に合った開発方法を見つけたら、嗜好の合う女王様にお願いしてみてはいかがでしょうか。
新たな性感の扉が開くはずですよ!

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました