【初心者でも楽しめる】女王様からの射精管理の魅力

M奴隷初心者向け情報

男なら射精の気持ち良さは筆舌に尽くせないものだというのは知ってのとおりでしょう。

中にはトラウマで射精に罪悪感や嫌悪感を持っている人もいるかと思いますが、M男ならそのトラウマさえも自らの性癖に昇華できるようになるので、マゾ男になることをオススメいたします。

普通は射精は自分がしたい時にするものです。

もしくはパートナーがいる場合はお互いにしたい時にするものです。

決して誰かに命令されてするものではありません。

ですが、S女とM男の間では自分の意志で当たり前のようにできていた射精が当たり前でなくなる事があります。

それが射精管理となります。

通常自分の意思でする射精なのに、他人にその権利を奪われ、自分の意思とは無関係に射精を我慢させられ続けたり、強制的に射精させられたりしてしまうのです。

普通の男にとっては屈辱とも言える行為ですが、M男はむしろ自分の意志で射精する事よりも射精管理されて自分の意志とは関係なく射精させられる事に悦びを感じます。

M男にとっては3大欲求の1つである性欲、射精する事で満たされる男としての欲求をS女に支配されていることが幸せだからです。

自分のようなM男が勝手なことをしてはいけない。

S女の言う事は絶対だ。

S女様から命令をもらえる幸せ。

奴隷として存在してていいんだと自己肯定感の高まり。

M男はS女に支配される事で、射精する事ですら自分の意志でする事を捨ててこれらのような思考になれます。

自分が幸せになれる思考はみんなにも教えたくなりますね。

ですが、これはM男でないとそうは思えないことなので、通常の性癖の人やS男の人はそのように思えないと思います。

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました