女王様が好むM男の仕草と行動

M奴隷初心者向け情報

理想の女王様と深い関係になりたい。女王様のお気に入りのM男や専属奴隷になりたい。というのはM男共通の願望ではないでしょうか。

では、どうすれば女王様のお気に入りになれるかというと、それはとてもシンプル。女王様を喜ばせる事です。

とはいえ、言うのは簡単。具体的に女王様に喜んでもらおうと思うとどうすればいいのか分からない、という人も多いですよね。

今回はそんな男性のために、女王様が好むM男の仕草や行動について、現役の女王様達の声を聞いてみました!
そこには女王様達の本音も見えてきたので、実際の女王様の意見と共に紹介したいと思います!

▼ PR ▼
女王様と僕

長時間の奉仕にも弱音を吐かず施しに徹する

『私は奉仕させるのが好き。奉仕が好きだ、得意だというM男は多いので相手はすぐに見つかりますが長く可愛がってあげたいと思えるM男は滅多にいません。奉仕をさせても大体2,30分でギブアップしてしまうM男がほとんどなので。奉仕が好き、得意だというなら最低でも1時間は舐め奉仕に徹してほしいですね。もっと言えば辛そうに奉仕するのではなく、最高の歓びだと言わんばかりに恍惚の表情で舐め続けられるM男が理想。それが本当の意味で奉仕が好き、得意だと言えるのでないかなって思います。こんなM男がいたら私は即、専属の舐め奉仕奴隷にしたいのですけどね』

舐め奉仕が好き、というM男はたくさんいますよね。でもその中で、どれだけの時間、連続して奉仕が出来るかというと、あまり意識した事がない人もまた多いのではないでしょうか。

女王様は舐め奉仕に関して、出来るかどうかは重要視していません。それは出来る事が大前提だからです。その上でどれだけ長い間奉仕し続けられるか、何か特別なテクニックはあるか、という事に重きを置いています。

テクニックはどうしても人間相手に実践を積まなければ磨けませんが、長時間の奉仕に耐えられる持久力はセルフトレーニングで鍛えられるもの。
オナホールなどを女王様の性器に見立てながら特訓し、女王様にお気に召してもらえるような持久力を備えましょう。

女王様が不快にならない身だしなみを心がける

『私はSMクラブで女王様をしていますが、過去に2人だけお客さんからプライベート奴隷にした事のあるM男性がいました。その共通点は私に会いにお店へやってくる時、必ず身だしなみを整えてきたという事。服装や髪型など、見た目はもちろんの事、来店前には必ずシャワーやお風呂に入ってくるようで、常に石けんの香りを纏っているという徹底ぶりでした。別にお店に来てからでもプレイの前にシャワーを浴びられるのにどうして?と聞くと、女王様に少しでも不快な思いはさせたくないので、という答えが私としてはとても嬉しかったです。この2人とは、いちお客さんとして対応するのは物足りないと、個人的な付き合いに発展しました』

女王様が不快にならない身だしなみを心がけるのも、女王様に好かれるためにすべき大事な行動です。

髪はボサボサ、爪も伸び放題で襟がすり切れたTシャツ姿といった身だしなみで女王様と接するというのは論外。
高級ブランドで身を固める必要はありませんが、シワやヨレのない清潔感のある服装に、髪はワックスで整える。爪は綺麗に切りそろえるというのは基本です。
その上で、女王様と会う前にはシャワーを浴びるなど、身だしなみを徹底する事でさらに好感度はアップ。

これはただ単に身なりを整えるというだけでなく、女王様に気持ちいい気分でいてもらえるような心遣いができるかどうか、の指標でもあります。
身だしなみだけでなく、いかに女王様に気分良く過ごしてもらえるかを意識しながら行動する事で、自然と女王様好みのM男となれる身の振る舞い方が身につくでしょう。

マッサージや料理などご奉仕方法の幅を広げる

『奉仕をさせてくださいと奴隷志願してくるM男性は多いけれど、どんな奉仕が出来るのか聞いてみると大抵は“舐め奉仕をさせてください”と言う。それって単純に女性器を拝ませてほしいという自分の欲求を満たしたいのが一番で、女王様に満足してもらうという目的は二の次になってはいないかと甚だ疑問に思う。そんな中、少数ではあるけれど、マッサージで日頃の疲れを癒やして差し上げたい、料理が得意なので振る舞わせていただきたいなど、性的な事以外のご奉仕を提案してくれるM男性もいて好感が持てる。こういったタイプのM男性こそ、特別な存在のM男性として可愛がってあげたいと思う』

女王様へのご奉仕というとどうしても舐め奉仕を思い浮かべる人は多いと思います。
しかし、その一方で女王様が求めるご奉仕は舐め奉仕とは限りません。
実際の意見にもあったように、マッサージや料理など身の回りのお世話もご奉仕の一環と考える女王様も少なくないのです。

その根底にあるのは、M男の性欲を満たす行為と女王様への奉公を混同してはいけないという事。
本当に女王様に仕えて女王様のお役に立ちたいという気持ちがあれば、性的な事からかけ離れた事でも喜んで出来る、やってみようと努力が出来るはず。
女王様はこういった部分でM男の本気度を見ているともいえるでしょう。

それだけに、女王様に好かれるM男を目指すなら、性的奉仕以外にも様々なご奉仕方法を習得して幅を広げていくといいでしょう。

女王様の手を煩わせる事なくすぐ使えるようアナルの手入れをしておく

『私はアナル責めが好きだけど、アナルへの異物挿入や逆レイプを楽しみたいだけで、浣腸プレイや失便ショーみたいなのは好きじゃない。と伝えるんだけど、プレイの当日、何の手入れもせずにやってくるM男は結構多い。それだけに、プレイの前日からアナル周りの毛の処理をして、会う直前に自分で腸洗浄とある程度アナルをほぐしてから私の元へ万全の状態を整えてやってきたM男には私が求めていたM男はコレ!とばかりに即、アナル専用奴隷に採用した』

女王様により楽しんでプレイをいていただくために、体のコンディションを整えたりメンテナンスをする、というのも、女王様に喜んでもらえる行動の一つです。

今回の意見のように、アナル異物挿入のみを楽しみたい女王様にとって、それ以前の下準備はただただ面倒なもの。
そうした面倒な準備を事前に済ませておいて、女王様には好きなプレイだけに徹していただきたいという気遣いのできるM男はやはり好かれます。

もちろん、浣腸プレイや排泄ショーが好きな女王様もいるので、どういった気遣いが好まれるかはその女王様の嗜好によって違います。
その嗜好をしっかりと読み取る事が、好まれるM男になれる近道とも言えるでしょう。

自主的に禁欲して調教に備える

『私から特に何も言わなくても調教前には自主的に禁欲して、私からの調教を最大限に楽しみたいという気持ちで臨んでくれるM男は好きですね。何日も前からオナニーを我慢して、私と会った瞬間から股間を膨らませているようなM男は調教し甲斐がありますし、そんなM男の頑張りに応えたくなるような調教をしようとモチベーションが上がります』

調教前は楽しみ過ぎて性欲が抑えられず思わずオナニーを…といったM男もいるのではないでしょうか。
この行為が女王様にバレるかどうかは別にして、女王様としてはやっぱり万全の態勢で調教に臨んでもらいたいもの。
自主的に禁欲をして最大限の興奮度で調教を受けてくれるM男の方が喜んでもらえるのは明らかです。

調教日の数日前からオナニーを我慢するだけと簡単に出来る努力なので、これで女王様に喜んで貰えるなら実践する価値はあるはずです。

女王様もプライベート調教可能なM男を求めている!

女王様はM男のどんな仕草や行動に心を惹かれるのか、どうすれば喜んでもらえるのかについて、女王様のナマの意見と共に紹介させていただきました。
今からでも実践してみようと思えるものはあったでしょうか。

今回、女王様の意見を聞いてみた上で一つ分かったのは、女王様もプライベート調教可能なM男を求めているという事。心惹かれるM男がいればいつだってプライベート調教に発展させたいと思っている女王様は非常に多いという事です。

今回紹介した仕草や行動を意識しながら、SMクラブやバー、コミュニティサイトなどで知り合った女王様と接してみてはいかがでしょうか。
女王様のプライベート奴隷として見初めてもらえるチャンスは大いにあります!!

前後の記事

コメント

TOP
タイトルとURLをコピーしました